お掃除機能付きエアコンは本当に掃除不要?本当の真実を大公開!

お掃除機能付きエアコンは掃除不要?コラム
この記事は約6分で読めます。

お掃除機能付きエアコンは掃除不要だと言われることがありますが、本当に不要なのでしょうか?

「お掃除機能がついてるから全部掃除してくれるし、自分でしなくてもいいんでしょ?」と思われているかもしれません。

ただそこには大きな落とし穴があります。

今回は本当にお掃除機能付きエアコンは掃除が不要なのか?を解説したいと思います。

人気のエアコンクリーニング業者
イオンのカジタク人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

お掃除機能付きエアコンの世間のイメージ

お掃除機能付きエアコン

まずは世間の多くの人が抱いている、お掃除機能付きエアコンのイメージを紹介します。

掃除は一切不要な超万能エアコン

お掃除機能付エアコンはエアコン内のあらゆるところを全自動で掃除してくれる、超ハイテクなエアコンだと認識されています。

そういったことから自分でお手入れする必要は一切なく、すべてお掃除機能に任せておけば大丈夫!と思われていることが多いです。

強烈なキャッチコピー

お掃除機能付きエアコンは「全自動で完結」「掃除不要」など、強烈なキャッチコピーで売られています。

人は基本的に楽したい生き物なので、「何もしなくていい」といわれると飛びついてしまうことも多いです。

また店員さんのセールストークも加わって、結果としてお掃除機能付きエアコンを手にする人がたくさんいます。

ただ大きな落とし穴が…

ただお掃除付きエアコンには、大きな落とし穴があります。

お掃除機能付きエアコンとは、上部についたブラシがエアコンフィルターに溜まったほこりをかき集め、外やダストボックスに排出してくれる機能をもったエアコンなのですが、ここで何か疑問を感じないでしょうか?

そう、お掃除機能付きエアコンが掃除を行ってくれるのは「フィルター部分のみ」なのです。

残念ながらエアコン内部はお掃除機能が未対応(自動で掃除を行ってくれない)になります・・・

それではこのことを踏まえて次の章では、「本当にお掃除機能付きエアコンは掃除が不要なのか?」を徹底的に見ていくことにしましょう。

お掃除機能付きエアコンは本当に掃除不要なのか?

お掃除機能付きエアコン

掃除が不要だと思われることが多いお掃除機能付きエアコンですが、本当に掃除不要なのでしょうか?

この章では、掃除が必要なのか不要なのか、明らかにしたいと思います。

お掃除機能付きエアコンは掃除が必要

結論からいうと、お掃除機能付きエアコンであっても「掃除は必要」です。

お掃除機能付きエアコンであっても、掃除は必要!

なぜかというとお掃除機能付きエアコンが自動で掃除を行ってくれるのはエアコンのフィルター部分だけだからです。

残念ながら、フィルター以外の部分に関しては、自分で掃除を行う必要があるのです。

掃除をしないとカビが繁殖する

もしもお掃除機能付きエアコンの掃除を行わなかったとすると、どうなるのでしょうか?

まず通常エアコンと同様に熱交換器の部分にカビが繁殖します。

そして風に乗って部屋中にカビ菌が充満し、場合によっては思わぬ体調不良を招いてしまいます。

ちなみにこのカビは毒性が強く、放置してしまうとくしゃみや咳などのアレルギー症状が出るだけでなく発がん性もあるので注意しなければいけません。

お掃除機能付きエアコンの掃除頻度

お掃除機能付きエアコンの掃除頻度は、通常エアコンと同じで【1年に1回】を目安にしたいところです。

もしもそれ以上間があくと、カビの影響を大きく受けてしまう可能性が出てくるので、早めに掃除を行うようにしましょう。

どうやって掃除を行えばいいのか?

お掃除機能付きエアコンの作りは複雑で、通常エアコン以上に分解が難しいエアコンです。

もしも思わぬ線に触れてしまうと故障に繋がってしまうこともあります。

そこでお掃除機能付きエアコンの内部を掃除するときは、エアコンクリーニング業者に依頼するようにします。

お掃除機能付きエアコンの掃除は、業者に依頼するようにする!

ちなみにお掃除機能付きエアコンの掃除を業者に依頼するなら、業界NO.1のおそうじ本舗が一番のおすすめです。

以下の公式サイトから申し込み可能なので、もしも最近掃除をしてなかった場合はすぐに申し込みを行いましょう!

おそうじ本舗公式サイト:
https://www.osoujihonpo.com/

お掃除機能付きエアコン=掃除不要、と勘違いしてしまう理由

なぜ?理由

お掃除機能付きエアコンに掃除が必要と言われても、いまいち納得できない部分もあるかもしれません。

そこでこの章では、「お掃除機能付きエアコン=掃除不要」と勘違いしてしまう理由について解説したいと思います。

キャッチコピーに惑わされている

お掃除機能付きエアコンは「全自動で完結」「掃除不要」などといったキャッチコピーが使われることがあります。

ただこれらのキャッチコピーには裏があり、あくまでもフィルター部分のことを言っているのです。

確かにフィルター部分の掃除は全自動で完結ですし掃除不要なのですが、熱交換器に関しては掃除が必要なので、その点は見落としがちな箇所になります。

店員さんの説明が不親切

場合によっては店員さんの説明が不親切な場合もあります。

実際にお掃除機能付きエアコンは通常エアコンに比べて値段も高くお店の売り上げに繋がるため、店員さんがメリットだけ説明してしまうことはよくあることです。

店員さんによっては質問しないとデメリットを教えてくれない場合もありますので、その場合は思い違いをしてしまうことがあります。

お掃除機能付きエアコンは掃除不要と思っている人が多い

もしも家族や友人がお掃除機能付きエアコンは掃除不要と思っていた場合も、勘違いを引き起こしやすくなります。

家族や友人が「お掃除機能付きエアコンは掃除不要みたいだよ」と間違った情報を口にすることで、嘘の情報が広まってしまうのです。

自宅のエアコンは本当にお掃除機能付きエアコン?

チェックシート

ここまでの話で、「お掃除機能付きエアコンであっても掃除が必要」ということは理解していただけたかと思います。

ただ自宅のエアコンは本当にお掃除機能付きエアコンなのでしょうか?

この章ではお掃除機能付きエアコンの見分け方を簡単に紹介したいと思います。

リモコンをチェックする

お掃除機能付きエアコンの見分け方(リモコン)

簡単に見分けられるのは、エアコンのリモコンをチェックすることです。

お掃除機能付きエアコンの場合、「フィルターおそうじ」「手動掃除」などの文言があります。

ただここで注意しないといけないのは「内部クリーン」という文言です。

内部クリーンというのは「乾燥」の意味合いで使われるものなので、お掃除機能付きという意味ではありません。

エアコンの奥行をチェックする

奥行チェック

エアコンの奥行をチェックするのも見分けるのに使えます。

通常エアコンに比べてお掃除機能付きエアコンは奥行が深くなっています。

フィルター部分を掃除するブラシをとりつけるにはある程度スペースが必要になるので、お掃除機能付きエアコンは奥行があるのです。

ボディカバーをあけてみる

お掃除機能付きエアコン

エアコンのボディカバーをあけてみるのもいい方法です。

通常エアコンであればフィルターがむき出し状態ですが、お掃除機能付きエアコンの場合は上記の写真のとおりフィルターが機械で覆われた形になっていることが多いです。

おわりに

家族笑顔

いかがでしたか。

お掃除機能付きエアコンであっても、エアコンクリーニングが必要だということを理解していただけたかと思います。

「お掃除機能がついているから安心」と思いがちですが、自動で掃除をしてくれるのはフィルター部分だけなので、決して安心はできないということですね。

もしもこれまで掃除不要だと思ってまったくエアコンクリーニングを行っていなかった場合は、ぜひこの機会にエアコンクリーニングの申し込みを行ってしまいましょう。

申し込むなら業界NO.1であり料金もお手軽なおそうじ本舗がおすすめです!

おそうじ本舗公式サイト:
https://www.osoujihonpo.com/

掃除後にはとても快適に過ごせるようになるので、おすすめですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました