エアコンの買い替え時はいつ?故障を疑う前に知っておきたいこと

女性が調べてる様子コラム
この記事は約8分で読めます。

エアコンの買い替え時っていつなのか知っていますか?見逃しがちで意外に知らない方も多いのではないかなと思います。

安いものではないですし、一度購入したら出来るだけ長く使用したいですよね。

今回は、エアコンを少しでも長く使う為にするべきことやエアコンの故障を疑う前に知っておきたいことやエアコンを買い替えた方がいい時の前兆などについてお話していこうと思います。

人気のエアコンクリーニング業者
イオンのカジタク人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

エアコンの買い替えは10年が目安

壁掛け通常エアコン

一般的に言われてるエアコンの買い替えは10年が目安と言われています。

又、エアコンの平均使用年数は13.6年だそうで、エアコンの66%以上が故障による買い替えであるという結果も出ています。

エアコンの故障を疑う前に

10年以上使用してるエアコンは新型のエアコンに比べ故障の発生率が2倍以上と言われています。

エアコンが動かなくなったら故障だと判断する前に以下の事を確認してみて下さい。

エアコンの暖房が効かない!故障した?修理の前にここを確認!
寒い冬に欠かせないエアコンですが、それだけにトラブルが起こると一大事です。 なんだか最近暖房の効きが悪い… 部屋が中々温まらない、何故か冷風が出る、果てにはエアコン自体が動かないなんて場合も。 故障を疑うかもしれませんが、修理や買い替...

コンセントの差し抜きでエアコンの動き確認する

一番最初に確認するべき所はコンセントに電源コードがしっかり差さっているかの確認して下さい。

これが原因でエアコンが動かなかったってケースが意外に多いのでまずは一番にコンセント部分を確認するべきです。

又、エアコン内部にはマイコンと呼ばれる制御装置が組み込まれています。

この制御装置はコンセントを一度抜いて、しばらく時間を置いたのちに差し直すことで直ることもあるので、エアコンが動いたり止まったりしている時には、一度試してみてください。この方法で症状が改善されることもよくあります。

コンセントを抜いても症状が改選されない場合は、マイコンを修理しなければなりません。スイッチを入れてから数秒で運転が止まるようなら、マイコンに異常をきたしている可能性が高いといえます。

リモコンの電池残量やブレーカーの確認

次にリモコンの電池の残量やボタンの接触不良の確認です。ボタンの接触不良は誤作動を起こすこともありますから、故障を疑う前に確認が必要です。

又、エアコン部分のブレーカーが落ちているという可能性もあります。ブレーカー自体に問題があるかもしれないのでこちらも一度確認してみてください。

エアコン本体や室外機が原因の可能性

エアコン本体を正常な状態に保てていないと、スイッチを入れても動かなかったり、動いてもすぐに停止したりします。スイッチを入れてもすぐ止まる場合には、エアコン内部の基板に支障が出ている可能性が考えられます。その場合は修理が必要です。

又、ファンモーターが回っていないと正常に動作しません。自分で直すこともできますが、これも業者に依頼した方がいいでしょう。

エアコンは室外機にトラブルがあると正常に動きません。

まずは室外機の周辺が整然と保たれているか確認してみましょう。物が障害になっていると、室内に風を送り込むのが困難になったり、放熱ができなかったりして、動作不良の原因を引き起こします。特に放熱ができないのは深刻な故障に繋がるので障害物がある場合は速やかに片付けて下さい。

エアコンを少しでも長く使うには?

エアコンを汚れやすい環境で使ったり、汚れが溜まった状態で使っているとエアコンに負担がかかってしまいます。

そんな環境の中、エアコンを使うことが止む終えないこともあるので、汚れや埃はそのまま放置せずなるべくきちんとお掃除するようにしましょう。

エアコンは自分でメンテナンスすることもありますが、それが原因となって動作不良を起こすこともありますので、メンテナンスの際は慎重に取り扱って下さい。

自分で出来るエアコン掃除のメンテナンス方法は、最も簡単に出来るのはフィルター掃除です。

フィルターは、ホコリやゴミで汚れてしまと機械に過剰な負担がかかることがあります。なのでこまめに掃除をしてあげる事が大切です。

フィルター掃除は2週間に1回を目安にやることを心がけましょう。

又、エアコン内部は自分で掃除する事が難しく、知識のない状態で内部クリーニングする事はオススメできません。

なので、内部クリーニングをする場合は必ずクリーニング業者にやってもらうようにしましょう。

内部クリーニングをする事でエアコンの中が清潔になり、エアコンの寿命も長く保つ事が出来ます。

エアコンの内部クリーニングは、最低でも年に1度やるのが理想的です。

エアコンクリーニング業者比較!利用者が語るおすすめランキング!
2019年「最もおすすめなエアコンクリーニング業者」はどこなのか?みんなに選ばれる人気のエアコン掃除の会社を比較してランキング!最安値の料金比較だけではなく、おすすめポイントも説明します。

修理と買い替えはどちらがいい?

エアコン修理と買い替えはどっちが良くてお得なのかなと疑問もあると思います。

結論から言わせてもらいますと、保証期間内か保証期間外かによるでしょう。

故障したエアコンが保証期間内であれば、修理した方が費用も安く抑えられますが、保証期限が切れている場合は要注意です。場合によっては修理よりもエアコン自体を買い替えた方が安く納まる場合もあります。

上記でもお話したように、エアコンの買い替えは10年が目安となっていて、10年程度使用する事を目安に作られています。なので、10年以降も使用していると単に寿命が延びている状態で使用してるだけになってしまうのです。

エアコンの機種が古いと修理の部品も取り扱ってない事もありますので、古い機種ですと修理ができない可能性も十分にありますから修理か買い替えかを検討してる際は保証書を一度確認するようにしましょう。

エアコンを買い換えた方がいいかもしれないサイン

故障したエアコン

エアコンを買い替えた方がいいサインとしては以下のような症状がありましたら買い替えを考えてみて下さい。

  • 異音
  • 送風が臭う
  • 室外機から水が漏れる
  • 室内機から水が漏れる
  • 操作ができない
  • 漏電ブレーカーが落ちる

以上の症状が購入してから7年以上経った時に見られたらエアコンの買い替えを検討して下さい。

又、エアコンの買い替えは計画的に検討した方が良いでしょう。

家電製品は故障をしてから買い替える人が多いですが、エアコンは夏や冬によく売れてお店の在庫が切れがちで、必要な時に手に入らないことも多いです。エアコンを使う季節になる前に、一度電源を入れて正常に動くかどうか点検して確認しましょう。

エアコン故障で買い替える前に気をつけること

エアコンを買い替える前に気を付けるべきことは、使う部屋の畳数やエアコンのサイズが部屋に合うものか確認するのはもちろんですが、他にもエアコンのコンセントの形状やエアコンのワット数なども確認しておきましょう。

エアコン本体以外の事ですと、室外機の確認などもしておいた方が賢明です。

室外機のサイズや室外機を置く場所の地盤などの確認を予めしておいた方が設置の工事もスムーズに進むでしょう。

エアコンをどう回収してもらうか

エアコンの処分方法は家電リサイクル法という法律で定められてます。

家電リサイクル法に沿って、エアコンを処分する方法は以下の4つとなってます。

家電量販店に引き取り処分を依頼

エアコンの買い替え時に家電量販店に引き取り処分を依頼するのが一番手っ取り早くてスムーズに引き取りを行ってもらえます。

取り外しから搬出、運搬までをすべて家電量販店で請け負ってくれます。エアコンの取り外しは自分で行うと本当に大変ですからこの辺は大変便利です。

但し、料金面などは負担しなければなりません。

ですが、取り外しやリサイクル券などの記入など、他の回収方法ですと全て自分で行わなければいけない手間を家電量販店に回収を依頼すると、全て行ってもらえるので手間を考えたら一番便利だと言えます。

自治体に引取りを依頼

各自治体によっては家電リサイクル収集のサービスを行っている事があります。

職員が、自宅までエアコンの回収しに来てくれるので自分で運搬をする必要がありませんが、エアコンの取り外しなどを自分でする手間があります。

料金の支払いに必要なリサイクル券も、自治体のサービスは自ら家電リサイクル券を発行できるので、記入をする必要がありません。引き渡しの際に料金を支払って処分が完了します。

指定の処分場所に自分で持参

自治体などから許可を受けた指定取引所へ直接持ち込みエアコンを処分する方法もあります。

指定取引場所に持ち込む場合は、エアコンの運搬を自分で行うので、運搬料金はかかりません。取り外しも自分で行えば、リサイクル料金のみで済みますので一番割安に処分が可能です。

不用品回収業者に処分を依頼

不用品回収業者に引き取りを依頼して手間なくエアコンを処分する方法があります。お住まいの地域の不用品回収業者を探して依頼するのがいいでしょう。

エアコン故障で買い替える際に重視すること

新しいエアコン

エアコンの買い替えで重視するべき事は、部屋の広さと使い方に見合ったものを選ぶがいいでしょう。

部屋の広さに比べて能力の低いエアコンを買うと、冷暖房が効きにくくなってしまい、常にフルパワー運転をしなくてはならないので電気代も余計にかかってしまいますし、故障の原因になり兼ねません。又、寿命が短くなってしまうので、余計な出費を招く原因にもなります。

自分の部屋に合うエアコンを見つけた上で、能力を重点的に見ていくのが良いと思います。

お掃除機能付きエアコンは本当に掃除不要?本当の真実を大公開!
お掃除機能付きエアコンは「お掃除機能がついてるから全部掃除してくれるし、自分でしなくてもいいんでしょ?」と思われているかもしれません。ただそこには大きな落とし穴があります。今回は本当にお掃除機能付きエアコンは掃除が不要なのか?を解説します。

エアコンを定期的にメンテナンスしてそれでもダメなら買い替え検討を

エアコンは定期的なクリーニングやメンテナンスを行う事で清潔でエアコンが長持ちするように保てますが、エアコンも消耗品ですのでいつかは寿命が来てしまいます。

故障を疑う前に確認するべきことを行ってそれでもダメな場合はエアコンを買い替えましょう。

10年程度を目途にしてエアコンの買い替えを検討して快適に過ごせる環境を整えるのがベストかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました