エアコン掃除を自分で行う方法!エアコンクリーナー(Ag消臭プラスなど)はどう使えばいい?

エアコン掃除を自分で!コラム
この記事は約8分で読めます。

エアコンの汚れが気になり、キレイに掃除したいと思うことはないでしょうか。

ただ、どんなものを準備して、どういった方法で掃除したらいいか分からない場合もあることでしょう。

そこで今回はエアコン掃除を自分で行う方法を紹介したいと思います。

人気のエアコンクリーニング業者
おそうじ革命人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

エアコン掃除の頻度について

はてなマーク

カジパパ
カジパパ
エアコン掃除ってどれくらいのペースでしたらいいんだろう?イマイチよくわからないんだよね…。
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
フィルター掃除は2週間に1回のペース、エアコンの内部は1年に1回が理想的って言われてるわ!室外機は1~2年に1回汚れていたら掃除するって感覚でいいみたいよ。

エアコン掃除の頻度について

まずは、エアコン掃除を自分で行うにあたり、どのくらいの頻度で掃除を行うのがいいか?を把握しておきましょう。

 

 ▼エアコン掃除の頻度
フィルター2週間に1回
エアコン内部1年に1回
室外機1~2年に1回

エアコン掃除の頻度の目安は上記の通りです。

フィルターに関しては2週間に1回くらいは行った方がよくて、エアコン内部は最低でも1年に1回は行いたいところです。

また室外機に関しては1~2年に1回、汚れていたら行いたいところです。

吹き出し口に黒の斑点が見えたらすぐに掃除を

上記の頻度はあくまでも目安で、もしもエアコンの吹き出し口に黒の斑点が見えた場合はすぐに掃除を行うようにしましょう。

放置してしまうとカビを吸い続けてしまうことになるので注意です。

お掃除機能付きエアコンも掃除が必要

「お掃除機能付きエアコンは掃除が必要ない」と思われている方もいますが、それは間違いです。

お掃除機能付きエアコンはあくまでフィルター掃除を自動でしてくれるものなので、エアコン内部の掃除は行う必要があります。

▼地域別でエアコン掃除業者を探すなら▼

【都道府県別】対応エリアで探すエアコンクリーニング業者
全国各都道府県でエアコンクリーニング業者を探す際に、「どこがおすすめなのか」「対応しているエアコンクリーニング業者はどこか」などがわかりやすいように都道府県別で対応しているエアコンクリーニング業者を一覧にしました。

エアコン掃除を自分で行う際に使用するもの

カジパパ
カジパパ
結構まめに掃除が必要なんだね。エアコン掃除を自分でするなら道具はどんなものを用意したらいいのかな?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
用意するものはたくさんあるわ!けど、エアコンクリーナー以外は家の中にあるもので用意できるからこれから紹介していくわね。作業を始める前にエアコンの下にビニールを敷いてコンセントは絶対に抜いて窓は開けるようにしてね!

それではエアコン掃除を自分で行うにあたって、使用するものを紹介します。

エアコンクリーナー(Ag消臭プラスなど)があると便利

エアコンクリーナー

エアコン掃除を行うときには、エアコンクリーナーはぜひ利用したいところです。

エアコンクリーナーを使うと、水だけで掃除するよりもエアコン内部のカビを落としやすくなります。

ちなみに防カビや防臭効果のついているものもありますので用途に合わせて選ぶといいと思います。(Ag消臭プラスが有名です)

エアコンクリーナー以外に準備しておきたいもの

クリーニング

歯ブラシ

ガンコな汚れを落とすにあたり、歯ブラシがあると便利です。ゴシゴシ磨いて、キレイになります。

バケツ

汚れた水が出るので、バケツがあると便利です。タオルも絞れます。

タオル

濡れ拭き用と乾拭き用の2枚あると、便利です。

ビニール

エアコン掃除をしているときに汚水が下に落ちることがあります。汚れるのを防ぐために、エアコンの下にビニールをひきます。

おそうじ棒

割りばしの先端にティッシュをつけて、輪ゴムでしばれば完成です。

中性洗剤

中性洗剤

エアコン掃除に使う洗剤は中性洗剤を利用します。手荒れしづらいので安心です。

掃除機

エアコン内のほこりを吸い取るときに役立ちます。細かい部分まで吸い取れる掃除機だと便利です。

新聞紙

新聞紙はフィルターを洗って干すときに下にひくのに利用します。なければ無理に準備しなくても大丈夫です。

脚立

エアコン掃除は脚立があると便利です。椅子でも大丈夫ですが、バランスを取りづらいので、脚立の方がおすすめです。

便利そうだけど準備する必要がないもの

バツマーク

カビキラー

エアコンのカビにはカビキラーを利用したくなるのですが、故障の原因になるので利用しないようにしましょう。

カビキラーはアルカリ性なのですが、エアコンのアルミ部分に触れると腐敗してしまうので注意が必要です。

高圧洗浄機

高圧洗浄機でエアコン内部の汚れを落としたい気持ちもあるかと思います。

ただ高温でやりすぎるとプラスチックが変形してしまうなど、素人が行うのは難しい部分もあるため、高圧洗浄機を利用することはおすすめしません。

自分でエアコン掃除をするための事前準備

エイエイオー

コンセントを抜く

エアコン掃除を自分で行うときは、感電や故障を防ぐためにコンセントはかならず抜いてから行うようにしましょう。

窓をあける

カビやホコリが舞うことがあるので、しっかりと部屋の換気をしながら掃除を行うようにしましょう。

エアコンの下にビニールを引く

エアコンの掃除をしていると、汚水が下に落ちてしまうことがあります。床が汚れることがないように、下にビニールをひきましょう。

エアコン掃除を自分で行う方法

ステップ

カジパパ
カジパパ
いざ、エアコン掃除を自分でやるとなると緊張するな~。ママ、一連の流れを教えて!!
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
わかったわ!私がしっかりとサポートするから心配しないで!一連の流れを説明していくから一緒にやっていきましょう!

エアコン掃除を自分で行う流れ

それではいよいよエアコン掃除を自分で行う流れを紹介します。

カバーをあけてフィルターを取り出す

フィルター

まずはエアコンのカバーをあけて、フィルターを取り出します。

勢いよく取り出すとホコリが飛び散ることがあるので、そっと取り出します。

フィルターを水洗いする

取り出したフィルターを水洗いして、乾かします。

水洗いなど詳しいフィルター掃除の方法は以下にまとめてあるので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

▼フィルターの掃除方法▼

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説
エアコンのフィルター掃除は意外と簡単に自分でできるものです。ここではエアコンフィルターの掃除を自分でやる方法を分かりやすく解説していきます。フィルター掃除でエアコンの効きが驚くほど改善しますので、掃除が苦手という方も是非挑戦してみて下さい。

エアコン内部のホコリを掃除機で吸い取る

掃除機でホコリを吸い取る

次にエアコン内部のホコリを掃除機で吸い取ります。できるだけ隅の方までキレイに吸い取りましょう。

エアコン内部を歯ブラシで磨く

歯ブラシで磨く

掃除機で取り切れなかったホコリやカビを、歯ブラシでゴシゴシ磨いて汚れを落とすようにします。この作業を行うことで、かなりキレイにすることが出来ます。

エアコンクリーナーを吹きかける

AG消臭クリーナー

次にAg消臭プラスなどのエアコンクリーナーをエアコン内部に勢いよく噴射します。

勢いにのって、どんどん汚れを落とすことが出来ます。ちなみに汚れた水はドレンホースをつたって、外に流れだします。

なお、エアコンの下に水が垂れてくることがあるので、かならず下にビニールをひいておくようにしましょう。

※エアコンクリーナーの種類によっては、最後に霧吹きで水をかける必要があるものもあり

エアコンのボディと吹き出し口を掃除する

磨く

続いてエアコンのボディと吹き出し口もキレイにしてしまいましょう。

中性洗剤を使って、磨き上げるようにして汚れを落としていきます。

詳しい方法は以下の記事の後半で解説しています。

▼エアコンの掃除方法▼

エアコン掃除の洗剤は何を使えばいい?掃除方法も大公開!
エアコンを利用し続けていると「何だかカビ臭い」「汚れが目立つようになってきた」などと感じることがあると思います。今回はエアコン掃除に使える洗剤はなにか?を紹介するとともに、その洗剤を使ってエアコンの汚れを取り除く方法を紹介します。

組み立てて3時間ほど送風する

エアコン内部の掃除が終わったら、干してあったフィルターを元の通りに組み立てます。

そして3時間ほど送風運転して内部を乾かして、エアコン本体の掃除は完了です。

室外機掃除を行う

エアコン本体の掃除が終わったら、次に室外機の掃除も行ってしまいましょう。

なお、室外機の掃除方法は以下にまとめてありますので参考にしていただけたらと思います。

▼室外機の掃除方法▼

エアコンの室外機は掃除すべき?どんな時に掃除が必要なのか
エアコン本体のお掃除は一般的になっていますが、室外機となると掃除したことがない方も多いのではないでしょうか。 そもそもエアコンの室外機は本当に掃除すべきなのか。 また、エアコンクリーニング業者に室外機の掃除を頼むとしたらどんな時が適切な...

エアコン掃除は自分で行うよりプロがいい理由

エアコン業者

カジパパ
カジパパ
ママのお陰でエアコン掃除は無事終わってピカピカだよ!けど、手間や大変さを考えるとプロにお願いした方が効率よくて確実な気がするな…。
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
パパの言う通りよ!自分でエアコン掃除をやると故障やトラブルの原因にもなるし、分解洗浄してないから汚れが残ってしまうの。その点、プロは分解洗浄してくれてあっという間にピカピカにしてくれるわ!

ここまでエアコン掃除を自分で行う方法を紹介しました。

ただし、エアコン掃除を自分で行う場合はデメリットもあります。

自分でエアコン掃除を行うデメリット

分解してないのでどうしても汚れが残ってしまう

自分でエアコン掃除を行う場合は、故障の原因になることなどから分解することが出来ません。

分解しないで掃除となると、どうしてもカビやホコリの汚れが残ってしまうことになります。

火災や漏電に繋がる危険性がある

万が一、触れてはいけない線に触れたりした場合、火災や漏電に繋がってしまうことがあります。

準備や作業に手間がかかる

上記で解説したとおり、自分でエアコン掃除をしようとした場合、準備や作業に手間がかかります。

デメリットをすべて解決してくれるのはプロに依頼すること

解決法

上記のようなデメリットをすべて解決してくれるのはプロに依頼することです。

エアコン掃除業者であれば、分解洗浄してくれるので汚れを隅々まで落としてくれて、また漏電や火災などの心配もほとんどありません。

さらに面倒な手間もかからないので、手っ取り早くエアコンをキレイにしたい場合はエアコン掃除業者に依頼した方が断然いいです。

ちなみに業者は、業界店舗数NO.1のおそうじ本舗(多くの実績があり安心して頼めます)が一番のオススメです!

業界店舗数NO.1のおそうじ本舗では、2019年11月1日(金)~2020年1月5日(日)までの期間、先着30,000名限定で以下4点のおそうじ本舗公式掃除ツールがもれなく全員にプレゼントされる「年末大掃除キャンペーン」が実施されています。

  • 強力電解水クリーナー150ml
  • 除菌消臭スプレー150ml
  • キッチン万能スポンジ
  • 万能ヘラ

※ハウスクリーニングご注文合計10,000円以上の場合に限る

業者に依頼するなら業界NO.1のおそうじ本舗が一番おすすめ!

おそうじ本舗公式掃除ツール4点のプレゼントを受け取りたい場合は、以下の専用キャンペーンページへアクセスする必要があります。(キャンペーン適用に特別なクーポンコードや手続きは一切必要なし)

▼年末大掃除キャンペーン専用ページ▼

2019年1月5日まで限定

約1分で簡単申し込み

▼おそうじ本舗のキャンペーン情報▼

おそうじ本舗のお得な割引クーポンやキャンペーン情報
【2019年12月更新】おそうじ本舗では2019年11月1日(金)~2020年1月5日(日)までの期間、先着30,000名限定で年末大掃除キャンペーンが実施されています。おそうじ本舗公式掃除ツール特別4点がもれなく全員にプレゼントされます!

おわりに

家族笑顔

いかがでしたか。エアコン掃除を自分で行う方法を紹介しました。

もしもエアコンに汚れが目立ってきた場合は、今回紹介した方法でエアコン掃除をぜひ行ってみて下さい。

また自分で掃除をするのはあくまでも応急処置的な位置づけにし、その流れでエアコン掃除のプロフェッショナルに依頼して、エアコンの隅々までキレイにしてもらうのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました