エアコンから出る黒い塊はなに!?原因、掃除方法など徹底追及!!

女性が調べてる様子知っておきたい基礎知識

エアコンをつけていると、急にエアコンから埃のような黒い塊が出てきてびっくりした経験ありませんか?

エアコンを使用していて黒いカスがエアコンから出てくるといい気持ちでエアコンを使えないですよね。

実はこの黒い塊の正体は、黒カビなど他にもいくつか原因が考えられることがあります。

今回はエアコンから出る黒いすすのような塊の正体や原因、掃除方法などをお話していきたいと思います。

人気のエアコンクリーニング業者
くらしのマーケット人気No.1おそうじ本舗ベアーズ
家事代行のベアーズ【エアコンクリーニング】
\ キャンペーン中 /

エアコンから出る黒い塊の正体は大半が黒カビ

カビ

カジ子
カジ子
わー、エアコンから黒い塊が出て大変だよ~!!
カジパパ
カジパパ
ママ、エアコンから黒い塊が出てきてるけど…この正体は一体何なんだ!?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
エアコンから出る黒い塊の正体は乾燥した黒カビゴキブリのフンの可能性があるわね。

ゴキブリのフンの場合は丸っぽくて大きさが揃ってる事が多く、大半の場合は乾燥した黒カビが正体と言えます。

なおもしもゴキブリを目撃したときは、「エアコンからゴキブリが出てきた!簡単に駆除する3つのステップ」を参考にしてゴキブリを駆除しましょう。

また黒い塊が発生する原因はご想像はできるかと思いますが、掃除をしてない事や掃除が行き届いていない事が主な原因となってます。

エアコンからゴキブリが出てきた!簡単に駆除する3つのステップ
エアコンからゴキブリが出てきて嫌な思いをしたことはありませんか?対処法としては、「エアコンからゴキブリを追い出す」→「侵入ルートの封鎖」→「ゴキブリが嫌がる部屋づくり」の3ステップで完了です。ゴキブリを駆除するための流れを詳しく紹介します。

どうして黒い塊が発生するのか

ファンカビ

カジパパ
カジパパ
そもそもだけどエアコンにはどうして黒い塊が発生するの?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
それは簡単!カビが発生しやすい環境になっているからよ。

一般的にカビは5℃以上でも発生しますが、20℃~30℃になると発生率がグンとアップすると言われてます。

夏場のエアコンで冷房や除湿機能を使った後は、湿気でエアコンの内部が濡れてしまいます。

エアコン内部が濡れたままエアコンを停止してしまうと室温も湿度も上がり、高温多湿、暗所とカビが好む場所の好条件が揃ってしまっている事になるのです。

これを繰り返している事によって掃除を劣っているとエアコンから黒い塊が発生してしまう原因になってしまうのです。

そして「エアコン掃除を長年していない主婦が絶対必要と感じた体験談」で紹介されているサボり癖のある主婦のように一切の手入れをしないと、黒い塊はどんどん増えていきます。

冬場も暖房と一緒に加湿器を使う事によって、エアコン内に結露が発生してしまうので注意が必要です。

又、カビゴミや埃を栄養源にしていますので、これらもエアコンに黒い塊が発生する原因の一つにもなってしまいます。

エアコン汚れを放置するデメリットは?こんな時はすぐエアコン掃除を」の記事でも紹介していますが、汚れは極力放置したくないところです。

エアコン掃除を長年していない主婦が「絶対必要」と感じた体験談
エアコン掃除を長年していなかった主婦がプロの業者によるエアコンクリーニングが絶対に必要だと感じた自身の体験談です。「2年以上業者による掃除をしていない方」「そもそも掃除の必要ないんじゃないか」「自分で掃除すれば良いのでは」と感じている方必見!
エアコン汚れを放置するデメリットは?こんな時はすぐエアコン掃除を
エアコンクリーニングをせずに汚れを放置するデメリットを解説しています。特に大きなデメリットは、カビ菌を放置すると人体に影響を与えてしまうことです。ですので1年に1回は業者に頼んでエアコンクリーニングを行いたいところです。

黒い塊がエアコンから発生しない為にはどうするべきか

耳を塞ぐ女性

カジパパ
カジパパ
黒い塊が発生しないようにするには?どうすればいいのかな?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
それは簡単!エアコン掃除を定期的に掃除するのが一番よ!

黒い塊を防ぐにはエアコン掃除

黒い塊の発生を防ぐには掃除が一番効果的です。

やはり黒い塊が発生する最大の原因はエアコンの汚れです。

エアコンを使用するにあたって、汚れは避けられない事ですからこまめに掃除をしてエアコンを清潔に保つ事が一番でしょう。

黒い塊が発生する前事前に防ぎたいという事であれば、「エアコンの送風って?使い道や上手な使い方を紹介します!!」にもあるように、エアコンの送風機能を使うとカビの発生を遅らせる事ができます。

しかし、中には送風機能がついていないエアコンもあります。

送風機能がないエアコンにつきましては、自動運転ではなく、冷房にして設定温度を室温より上げてエアコンを運転させて下さい。

温度調整ができる機種でしたら冷房にした状態で設定温度を一番高い温度に設定して下さい。

設定温度が室温より高い状態になる事で、送風運転に近い状態でエアコンが稼働します。

乾燥という面だけを考えてるのでしたら、暖房でエアコン内部を乾かすこともできますが、夏の暑い時期に暖房はエアコンに負担がかかるのでオススメできません。

エアコンの送風って?使い道や上手な使い方を紹介します!!
エアコンの送風機能についてはご存知かと思いますが、使い道については知らない方は多いのではないでしょうか?今回は送風の使い道や上手な使い方を紹介します。

クーラーの埃はどこから発生する?

ホコリ

エアコンは部屋の空気を取り込み、この空気を冷風や温風に変えて部屋に戻していきます。

その為、空気中の埃やゴミをエアコン内部に侵入しないように取り除かないとエアコンの不具合の原因となってしまうのです。

そういったトラブルを防ぐ為にエアコンにはフィルターが設置されてあり、埃やゴミなどの不純物の侵入を防いでいます。

カジパパ
カジパパ
フィルターは塞がれないよう、ちゃんとキレイにしとく必要があるってことだな~
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
そうね。ちなみにフィルターが埃などのゴミに塞がれてしまうと多くのデメリットが発生してしまうことにもなるの。

フィルターが汚いデメリットの例としては、空気の入れ替えの効率が悪くなる事です。その為、消費電力が上がって電気代が高くなってしまいます。

又、部品の劣化の原因になって本体の寿命を縮める原因になる事や、エアコンの騒音が発生する原因になったり、埃によって健康にも影響が出てくる可能性もあります。

ですので「エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説」を参考にして、フィルターの清掃は定期的に行う必要があります。

エアコン内の埃を放置すると黒カビが発生する原因となり、黒い塊を作る原因にも繋がります。

黒カビと埃が一緒にエアコンから飛んでくる事も考えられますので、エアコンは定期的に掃除をして清潔に保つようにしましょう。

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説
エアコンのフィルター掃除は意外と簡単に自分でできるものです。ここではエアコンフィルターの掃除を自分でやる方法を分かりやすく解説していきます。フィルター掃除でエアコンの効きが驚くほど改善しますので、掃除が苦手という方も是非挑戦してみて下さい。

クーラーを清潔に保つ心がけ

エアコン掃除中

先程、紹介した黒い塊を防ぐエアコンを乾かす方法の他にもカビを防ぐ掃除方法はあります。

  • こまめなフィルター掃除とアルコール消毒をする
  • エアコンクリーナーを使って本格的な掃除をする

日常的に自分で簡単なメンテナンスをやりながら定期的にしっかりとしたクリーニングを行う事カビゴキブリを防ぐ事で大切になっています。

手間にはなるかもしれませんが、長い目でみると、健康や「エアコン掃除で電気代が安くなる?驚異の節約術!」で紹介されているように電気代節約などのメリットに繋がりますので実践して損はありません。

エアコンに発生した黒カビの掃除方法

AG消臭クリーナー

エアコン掃除をするにあたって、既にカビが発生してしまったエアコンに関しましては、オーバーホールの完全分解洗浄が必要になるため素人では無理な作業となってます。

例え1年ほどしか使用してなくても、エアコンがカビ臭いなど臭いが気になった場合は一旦使用を止めて専門業者に見てもらうことをオススメします。

ですが、どうしてもお金をかけずに掃除を行いたい場合もあると思います。

そういう場合に必要な道具をご紹介します。

  • 歯ブラシ
  • バケツ
  • タオル
  • ビニール
  • おそうじ棒
  • 中性洗剤
  • 掃除機
  • 新聞紙
  • 脚立

以上の道具を用意して下さい。

エアコンの掃除の方法に関しては「エアコン掃除を自分で行う方法!危険性やデメリットも紹介」を参考にして、行いましょう。

自分で掃除を行う事によって臭いなどの一時的な改善には繋がるかと思いますが、エアコン洗浄スプレーは使い方を間違えると故障の原因にもなる可能性もありますし、根本的な解決には繋がりません。

エアコン内部の汚れはどうしてもプロの業者による清掃が必要となってきます。

又、自分で内部まで掃除するとなると、細かい分解などが必要になり、隅々までの掃除に細かい作業を行わなければなりません。

そうなると故障などの原因漏電などのリスクも伴いますので自分での掃除はあまりオススメは出来ません。

自分での掃除はあくまで一時的な応急措置だと思ってた方がよさそうですね。

エアコン掃除を自分で行う方法!危険性やデメリットも紹介
久しぶりにエアコンをつけたときカビ臭かったり、効きが悪いことありますよね。とはいえ「自分でエアコン掃除ってどうしたらいいの?」「道具はどんなのが必要?」など疑問があると思います。そこで今回は自分でエアコン掃除をする方法を詳しく紹介します。

エアコン掃除後、黒いカスが発生しないよう清潔に保つには

はてなマーク

カジパパ
カジパパ
エアコンを清潔に保つためには、どうすればいいんだろう…
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
それは簡単、汚くなる流れを断ち切ればいいのよ!

黒い塊が発生するメカニズムを作らない

エアコン掃除後に黒い塊が発生しないようにするには、やはり黒い塊が発生するメカニズムを作らないことに尽きます。

黒い塊はお話したように黒カビが乾燥したもので、カビが発生しない環境を作る事を徹底する事で黒い塊の発生も抑える事ができます。

エアコンを清潔に保つ方法は先ほどお話したエアコン使用後の送風とこまめな掃除です。

エアコンを使用するにあたって、どうしてもカビの発生は避ける事は出来ません。

エアコン掃除後、綺麗になった状態を維持したいという意識があれば、このメカニズムを作らないように徹底しましょう。

室外機との関係性は?

外の埃を室外機が吸収して流れ込んでいる可能性は?と想像してしまうかもしれませんが、その可能性はありません。

エアコンと室外機は熱の交換をしているだけで空気の循環はしていないからです。

なので、外と室内の埃がエアコンを通して出入りする事は構造上起こりません。

黒い塊を取り除くには業者にエアコンクリーニングを依頼する

ポイント

自分でエアコン掃除をすると安上がりで時間もお金もかかりませんが、完全に取り切れない黒カビもエアコン内には発生していますし、何より自分でエアコン掃除をすると故障の原因になる可能性もあります。

カジパパ
カジパパ
故障しちゃうのはさすがに嫌だな・・・
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
結局のところ黒い塊を綺麗に取り除くには業者に依頼してエアコンクリーニングをやってもらうのが一番よ!

エアコンクリーニングをする事でエアコンの効きがよくなったり、節電効果、病気のリスクの軽減など様々なメリットがあります。

なお自宅近くのエアコン掃除業者を選ぶときは、「エアコンクリーニングで最寄りの人気店舗」を使うと簡単に見つけられるので、ぜひご活用下さい。

たくさんあるクリーニング業者の中でもおすすめの業者はおそうじ本舗です。

おそうじ本舗は他の業者では対応出来ない場合もある、おそうじ機能付エアコンもクリーニング対応可能で、作業員の性別指定も可能となっています。

おそうじ本舗が気になったら、「おそうじ本舗のキャンペーン情報」も参考にしながら申し込みを行いましょう。

初回サービスご利用は公式サイトお申込みから

エアコンクリーニングをするタイミングは春か秋がベスト

景色

黒カビが発生して汚れたエアコンでは部屋の空気が汚くなってしまうので、きちんとリセットしてから使いましょう。

カジパパ
カジパパ
ママ、エアコンクリーニングっていつの季節にするのがベストなの?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
エアコンクリーニングを依頼するタイミングは、春か秋がベストよ!

春は4~5月頃のエアコンを使い始める前がベストです。

この時期は比較的、依頼する人が少ないので予約が取りやすいというメリットがあります。

秋はクーラーを使い終えてから暖房を使い始めるまでの9~10月がベストです。

秋は意外と湿度が高くカビが発生しやすい為、暖房を使う始める前に向けて一度汚れをリセットする意味でもこの時期がおすすめです。

エアコンクリーニングの依頼は「エアコンクリーニングの頻度はどのくらい?即掃除が必要なサインも!」にもあるとおり、1年~2年に1回程度がおすすめですので参考にして下さい。

エアコンクリーニングの頻度はどのくらい?即掃除が必要なサインも!
もしエアコンがカビ臭かったり汚れが目立ってきた時、エアコン掃除を業者に依頼しようと考える事ありますよね。でも「エアコンクリーニングってどれ位の頻度で行うといいか?」も気になりますよね。そこで今回はエアコン掃除を行う頻度について解説します。

エアコンから出る黒い塊を追求した結果

チェックシート

エアコンから出る黒い塊は乾燥した黒カビが主な原因との事でしたが、黒い塊はエアコンを清潔にしていれば発生は防ぐ事はできます。

ただ、エアコンを使用しているとカビはどうしても発生してしまうもので、完全に防げるものではないですからいかに予防する事が大事かです。

自分で出来る範囲の掃除は行って大がかりな掃除は業者に行ってもらった方が良さそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました