エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説

エアコンのフィルターの汚れコラム
この記事は約8分で読めます。

最近エアコンの効きが悪くなってきたと感じている方、それはフィルターが汚れているせいかもしれません。

フィルターが汚れてくると、エアコンの効き以外にも様々な影響が出てきます。

ここではそんなエアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を分かりやすく解説していきます。

掃除がそんなに得意でない方でも簡単にできますので、是非挑戦してみましょう。

人気のエアコンクリーニング業者
おそうじ革命人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法

それでは早速エアコンフィルター掃除の方法を紹介していきます。

まずは、エアコンフィルターをお掃除する際に用意しておきたいものを確認しておきましょう。

用意するもの
  • 掃除機
  • タオル
  • 脚立
  • 新聞紙
  • やわらかいブラシ
  • 中性洗剤

中性洗剤は洗濯用や台所用など元々家にあるものを使えるので、新しく用意しなくても問題ありません。

ブラシは使い終わった歯ブラシで十分です。

脚立は乗っても安定する他の物で代用でき、無くてもエアコン全体に手が届く場合は必要ありません。

また、頻繁にフィルターを掃除している方はブラシや洗剤も毎回は必要ないでしょう。

それでは続いて、本題となるフィルターの掃除方法です。

エアコンフィルターの掃除方法
  1. エアコンのカバーを開けフィルターを取り外す
  2. フィルターの外側から掃除機でほこりを吸い取る
  3. 内側からシャワーなどで水洗いをする
  4. 水気を拭き取り陰干しする
  5. 完全に乾いてからエアコンに取り付ける

以上がエアコンフィルター掃除の流れとなります。

こうしてみると結構簡単そうじゃありませんか?

引き続きそれぞれの具体的な手順や注意点などを解説していきます。

エアコンクリーニングの頻度の目安!このサインが掃除のタイミング
エアコンクリーニングの適切な頻度や必要性、こうなったらすぐにでもお掃除した方がいいタイミングなどをまとめました。また、ご家庭でも簡単に可能なエアコンフィルターの掃除方法などをご紹介します。

準備~エアコンのカバーを開けフィルターを取り外す

エアコンのカバーを開けフィルターを取り外す

準備として、取り外したフィルターを置く場所に新聞紙を敷いておきましょう。

こうすることで部屋をほこりで汚しにくくします。

エアコンに手が届かない場合は脚立などを設置し、乗った時にグラグラしないことを確認しておきます。

カバーを開ける

まずは、エアコンのカバーを開けてみましょう。

カバーは下から上に持ち上げる形でひらきますが、ある程度ひらいた所で引っかかり、それ以上持ち上がらなくなります。

無理に持ち上げようとすると破損してしまいますので、力を入れ過ぎないようにして下さい。

フィルターを外す

エアコン本体のカバーを開けたらすぐに目に入る網がフィルターです。

全然フィルター掃除していなかった人はあまりのほこりの多さに驚くことでしょう。

基本的にフィルターにはつまみが付いており、そこから外せるようになっているものが多いです。

外す前に軽く掃除機をかけておくとほこりの舞いが少なくなります。

フィルターの外側から掃除機でほこりを吸い取る

フィルターを外したら外側から優しく掃除機をかけましょう。

フィルターの外側とは、エアコン本体に付いていた時にこっちを向いていた面ですね。要するにほこりが溜まっている面のことです。

頻繁にフィルターのお掃除をしている方ならここまでで済ませてもいいでしょう。

間違えて内側から掃除機をかけると

間違えて内側から掃除機をかけてしまうと、ほこりがフィルターの目に詰まってしまいますので気を付けましょう。

とはいえ、フィルター掃除を全然していなかった人はむしろひと目でどちらから吸えばいいか分かると思います。

フィルタ―の内側からシャワーなどで水洗いをする

掃除機で取り切れなかったほこりはシャワーなどを使い水洗いしましょう。

水を当てる面は、掃除機で吸った時の反対でフィルターの内側からにして下さい。これも目詰まりを防ぐ為です。

古い歯ブラシなどでフィルターの網目を広げないように優しくこすりながらほこりを洗い流します。

汚れがひどい場合は洗剤に漬け込もう

長く放置していてカビがこびりついていたり、タバコのヤニやキッチンからの油汚れなどがある場合、水洗いする前に中性洗剤を溶かした水にしばらく漬け込んでから水洗いするのがおすすめです。

水気を拭き取り陰干しする

フィルターの水洗いが終わったら、タオルで水気を拭き取りましょう。

綺麗なタオルでフィルターの両面からはさみ、ポンポンと優しく拭き取ってください。

水気が拭き取れたら、日の当たらない場所で陰干しします。

干す際も下に新聞紙を敷いておくのがおすすめです。

完全に乾いてからエアコンに取り付ける

フィルターは完全に乾いてからエアコンに取り付けましょう。

もし濡れたまま取り付けると故障してしまったり、折角綺麗に洗ったのにエアコン内部でカビが発生する原因となってしまいます。

以上がエアコンフィルターの掃除方法となります。

適切な頻度は月に2回となっていますので、綺麗好きの方はこれを目安にフィルターをお掃除していきましょう。

エアコンフィルターを掃除しないとどうなる?

エアコンフィルターを掃除しないとどうなるの?

エアコンフィルターの掃除方法は以上の通りですが、本当にフィルター掃除が必要なのか疑問な方もいるのではないでしょうか。

やっぱり掃除をせずに済むのであればしないでいる方が楽ですもんね。

定期的にエアコンクリーニングを頼んでいるから別にいいという方も居るかもしれません。

もしフィルター掃除をしなかったらどうなるのかを見てみましょう。

エアコンフィルターを掃除しないでいると?
  • エアコンの効きが悪くなる
  • エアコン内部が汚れやすくなる
  • エアコンの電気代が上がる

エアコンの効きが悪くなる

エアコンの効きが悪くなる

エアコンの働きは部屋の空気を吸い込み、吸い込んだ空気を暖めたり冷やしたりしてから部屋に戻す仕組みです。

この空気を吸い込む段階でフィルターを通りますので、フィルターにほこりが溜まると当然空気を吸い込む量が減ってしまいます。

吸い込む空気が減ると、当然元に戻す空気も減りますので、フィルターが汚れてくるとエアコンの風量が弱くなって効きが悪くなります。

その為エアコンフィルターを定期的に掃除することで、エアコンの効きがいい状態を保つことができます。

エアコン内部が汚れやすくなる

エアコンのカビ

フィルターに溜まったほこりはカビの大好物です。

エアコン内部はそもそもカビが繁殖しやすい環境ですのでカビの発生は避けられませんが、ほこりの多い状態が続くとそれだけカビが増えやすくなってしまいます。

フィルターのお掃除を定期的にするとエアコン内部が汚れにくくなりますので、普段エアコンクリーニングを依頼している方も依頼の頻度を下げることができます。

具体的には、エアコンクリーニングの適切な頻度はフィルター掃除を全くしない場合で年に1回、月2回のフィルター掃除をしている場合は2年に1回が目安とされています。

エアコンの電気代が上がる

エアコンの電気代が上がる

先に説明した通り、エアコンのフィルターが汚れると空気の吸い込みが悪くなります。

これはエアコンの効きだけにとどまらず、電気代にも影響を与えます。

十分な空気の量が得られない中で、なるべく多くの空気を吸い込もうと頑張る為余計な電力を消費してしまうからです。

定期的にフィルター掃除をすることでこれを防ぎ、電気代を節約することができます。

エアコンのフィルターは掃除すべき!

エアコンのフィルターを掃除しないと上記のような問題が発生します。

特に、エアコンの効きに関してはかなり実感しやすい部分なのではないでしょうか。

普段エアコン掃除をしていないという方は、一度騙されたと思ってフィルターをお掃除してみて下さい。

掃除前と掃除後のエアコンの効きの違いにきっと驚くことでしょう。

エアコンクリーニングのメリットは?実はこんなに多かった!
エアコンクリーニングは本当にやる意味があるのか?そう思っている人も居るかもしれませんが、実はエアコンクリーニングには非常に多くのメリットがあるんです。今回はエアコンクリーニングのメリットについて分かりやすく解説していきます。

エアコン内部の掃除はエアコンクリーニング業者に

エアコン内部の掃除はエアコンクリーニング業者に

エアコンのフィルターを自分で掃除し始めると、エアコン本体の掃除にも興味が出てくるかもしれません。

フィルターを外して内部もさっと掃除機で吸うくらいの事は簡単ですし、手軽なエアコン内部専用のお掃除スプレーも販売されていますよね。

しかし本格的にエアコン内部を綺麗にしようと思うと、分解洗浄するしかありません。

エアコンの奥の汚れには分解しないとどうしても届かないからです。

エアコンの分解洗浄は素人には危険

エアコンの分解洗浄は素人には危険

素人がエアコンの分解洗浄をやろうとして、分解したエアコンを元に戻せなくなってしまうことはよくあるようです。

それだけなら可愛いものですが、水濡れ厳禁の部分を濡らしてエアコンを壊したり、最悪漏電による火災を発生させてしまう恐れもあります。

だからこそ専門家がそれなりに高いお金をとってお仕事にしているんですね。

エアコンの分解洗浄は無理に自分でやろうとせずに、エアコンクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

定期的にフィルター掃除をしていれば業者に依頼するのは2年に1回で十分ですので、金銭的にもそこまで大きな負担にはならないかと思います。

初心者必見!エアコンクリーニング業者の選び方
エアコン掃除を業者に依頼したいけど、「どうやって選んでいいかわからない」初心者が自分に最適なエアコンクリーニング業者の選び方のコツやどこに頼むのがおすすめか、業者を比較しながらわかりやすく徹底解説します。

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法まとめ

用意するもの
  • 掃除機
  • タオル
  • 脚立
  • 新聞紙
  • やわらかいブラシ
  • 中性洗剤
エアコンフィルターの掃除方法
  1. エアコンのカバーを開けフィルターを取り外す
  2. フィルターの外側から掃除機でほこりを吸い取る
  3. 内側からシャワーなどで水洗いをする
  4. 水気を拭き取り陰干しする
  5. 完全に乾いてからエアコンに取り付ける
エアコンのフィルターを掃除しないでいると?
  • エアコンの効きが悪くなる
  • エアコン内部が汚れやすくなる
  • エアコンの電気代が上がる

コメント

タイトルとURLをコピーしました