【危険】エアコン洗浄スプレーを使ってはいけない3つの理由

エアコン洗浄スプレーを使ってはいけない理由知っておきたい基礎知識

エアコンの吹き出し口にカビが生えていたり、エアコンがカビ臭い場合、エアコン洗浄スプレーを使って自分で掃除をしようと思うことはないでしょうか。

エアコンの掃除を業者に依頼するのも手間やお金がかかるし、それならホームセンターやドラッグストアでエアコン洗浄スプレーを手に入れてサクっと自分で掃除してしまおうという作戦ですね。ただ、

市販のエアコン洗浄スプレーは絶対に使ってはいけません。なぜ使ってはいけないのか、詳しく解説していきます。

人気のエアコンクリーニング業者
カジタク人気No.1おまかせマイスターおそうじ本舗
\ キャンペーン中 /
※お知らせ※

エアコンクリーニング取材協力画像

【カジメモ】では全国のエアコンクリーニング業者を独自に徹底調査し、実際に様々な業者でサービスを申込んで、クリーニングを体験したり、運営会社に取材を行い、プロの意見を聞いた上で記事を作成しました。

\ 【2022年10月7日更新】 /

危険だらけ!エアコン洗浄スプレーを使ってはいけない3つの理由

検討中の悩み
エアコンがカビ臭くて長年掃除していないので、ホームセンターで売ってるエアコン洗浄スプレーを使って自分で掃除しようと思ってます。
カジメモ編集部
ちょっと待ってください!市販のエアコン洗浄スプレーは危険が一杯なので、絶対に辞めておいた方がいいです。

エアコン掃除用の缶スプレーは、ホームセンターやドラッグストアで売られています。 エアコン洗浄スプレー

値段も手ごろなので、ひょっとすると使用を考えているかもしれませんが、エアコン洗浄スプレーは絶対に使わない方がいいです。

ここからは市販のエアコン洗浄スプレーを使ってはいけない理由を解説します。

カビが大増殖して臭いが酷くなる

まずエアコン洗浄スプレーを使ってはいけない理由の1つ目は、いま以上にカビが増殖して臭いが酷くなるからです。

エアコン洗浄スプレーは、ほこりが詰まっていたりカビがギッシリ生えた熱交換器の部分に直接スプレーを噴射して、汚れを落とす仕組みです。

ダスキン体験談:熱交換器の汚れ

ただエアコン洗浄スプレーは威力が弱いため、ほとんどの場合、カビを隅々までキレイに落とすことは出来ません。とくに熱交換器は細かく金属が詰まっているので、いくら丁寧にクリーニングしようと思ってもカビが残ってしまうのです。

また洗浄スプレーを熱交換器に噴射すると、後ろの部分には水分が残ってしまいます。その残った水分とクリーナーやスプレーの成分、さらに残ったカビが交わることで、逆にカビが増殖してしまうのです。

カビを落とすつもりが、さらにカビが増殖してしまうのであれば、市販のエアコン洗浄スプレーを使う意味が全くありませんね。

ドレンパンが詰まり水漏れの原因になる

市販のエアコン洗浄スプレーを使ってはいけない理由の2つ目は、水漏れを起こしてしまう可能性があるためです。

エアコンを運転していると、冷房によって温かい空気が冷やされることで結露が生じ、その結露の水を受け止める部分をドレンパンと言います。

エアコンのドレンパン

そして通常利用していれば、結露の水はドレンパンからドレンホースを伝って室外に流れていきます。

ただ市販のスプレーで洗浄すると、ドレンパンが容量オーバーになってしまったり、また市販の洗浄スプレーの液体によってドレンホースの中がスライム状になって詰まってしまうことがあります。

これらが原因となり水漏れが生じて、部屋の中が水浸しになる場合があるのです。

カビを含んだ黒い液体が部屋の中にまき散らされるなんて考えただけで本当に嫌ですよね。

なお、水漏れの詳しい内容については「エアコンの水漏れ原因と対処法!ほぼ自分で直せる!?」の記事でも詳しく解説しています。

エアコンの水漏れ原因と対処法!ほぼ自分で直せる!?
エアコンからポタポタと水滴が落ちてくる水漏れ。「これって故障?」「業者に頼んで修理してもらわなきゃ!」と思うかもしれませんが、実はエアコンの水漏れは自分で対処できる場合もあるんです。本記事では、エアコンの水漏れの原因や対処法を紹介します。

故障や火災に繋がる

そしてエアコン洗浄スプレーを使ってはいけない理由の3つ目は、故障や火災に繋がる危険性があるためです。

エアコンは電化製品のため、水に非常に弱いです。そのためエアコン洗浄スプレーを、エアコンの電気基盤に誤って吹きかけてしまうと、故障して動かなくなることがあります。

エアコンの基盤

実際に故障してしまうと、本当に高い修理代がかかってしまいますので、もったいないの一言です。

さらに故障して修理だけで終わればいいのですが、最悪の場合、火災に繋がってしまうこともあります。過去にはなんと、エアコン洗浄スプレーを使ってしまったために、建物が半焼してしまった事故もあります。

エアコン 発火

その事故は、エアコン洗浄スプレーを使って自分で掃除をしようとしたところ、基盤部分にスプレーの液体がかかってしまったそうです。それにより電気が通っている部分がむき出しの状態となってしまい、トラッキングと呼ばれる異常発熱が起こってしまい、発火に繋がりました。

エアコン 火災

そして火はどんどん燃え広がり、建物の半焼に繋がってしまったそうです。

このようにエアコン洗浄スプレーを使うと、エアコンが故障したり火災に繋がってしまうこともあるため、市販のエアコン洗浄スプレーを使うことは絶対におすすめしません。

ここまで解説した通りエアコン洗浄スプレーを利用して自分でエアコン掃除をすると、カビが大増殖して臭いが酷くなる・ドレンパンが詰まり水漏れの原因になる・故障や火災に繋がるなど、デメリットだらけです。

そのためもしもエアコン洗浄スプレーを利用してエアコン掃除を考えていた場合、別の方法を考える必要があります。

検討中の悩み
ホームセンターで売ってるエアコン洗浄スプレーって危険が一杯なんだね。自分でやろうと思ってたけど、違う方法を考えなくちゃ。

市販のエアコン洗浄スプレーがヤバイなら、どうやって掃除すればいい?

ここまで市販のエアコン洗浄スプレーを使ってはいけない理由を解説してきました。

ただカビが生えたエアコンをそのまま放置するのは、それはそれでよくありません。市販の洗浄スプレーが使えないのであれば、どのようにしてエアコンを掃除すればいいのでしょうか。

エアコンの吹き出し口のカビを綿棒で掃除する

まずエアコンの吹き出し口のカビは、おそうじ棒を使って掃除するようにしましょう。

おそうじ棒

おそうじ棒の作り方は、割りばしにティッシュやガーゼを巻き付けて、輪ゴムで縛れば完成します。作ったおそうじ棒に食器洗いで使う中性洗剤をつけて、カビが生えている部分をゴシゴシ拭いていきます。

なお、エアコン掃除で利用する洗剤は「エアコン掃除の洗剤は何を使えばいい?掃除方法も大公開!」でも解説しています。

エアコン掃除の洗剤は何を使えばいい?掃除方法も大公開!
エアコンを利用し続けていると「何だかカビ臭い」「汚れが目立つようになってきた」などと感じることがあると思います。今回はエアコン掃除に使える洗剤はなにか?を紹介するとともに、その洗剤を使ってエアコンの汚れを取り除く方法を紹介します。

ちなみにもしもカビが落ちづらいときは、水ではなくお湯をつけることで落ちやすくなります。

そしてカビが落ちて綺麗になったら、おそうじ棒をゴミ箱に捨てます。手作りのおそうじ棒はポイ捨て出来るのもメリットです。

フィルター掃除を自分で行う

エアコンの吹き出し口に続いて、フィルター掃除も自分で行いましょう。まずはエアコンのカバーをあけてフィルターを取り出します。

エアコン完全分解洗浄体験:フィルターがホコリで目詰まり

そして取り出したフィルターにシャワーをかけて汚れを落としていきます。ちなみにガンコなカビや汚れの場合は、洗剤をつけてブラシを使ってゴシゴシ磨きます。

おそうじ革命体験談:フィルター汚れをブラシで磨く

そして乾燥させたのちに、元通りにハメて完了です。

おそうじ革命体験談:組み立て完成間近

なお、さらに詳しいエアコンのフィルター掃除方法は「エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説」で解説しています。

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説
エアコンのフィルター掃除は意外と簡単に自分でできるものです。ここではエアコンフィルターの掃除を自分でやる方法を分かりやすく解説していきます。フィルター掃除でエアコンの効きが驚くほど改善しますので、掃除が苦手という方も是非挑戦してみて下さい。

プロのエアコンクリーニング業者に依頼する

ちなみに肝心の熱交換器の部分ですが、プロのエアコンクリーニング業者に依頼するようにしましょう。

プロの業者が利用する高圧洗浄機は、エアコン洗浄スプレーとは威力が違い、しっかりとカビを落とすことが可能です。

エアコンクリーニングの高圧洗浄

またプロが利用する洗剤は一級品で、市販のクリーナーの成分とは訳が違います。

おそうじ本舗の技術力やスタッフ教育がすごい!研修センター取材談」の記事でも紹介しているのですが、業界最大手であるおそうじ本舗の研修センターを取材したときも、100種類以上ある洗剤の多さに驚きを隠せませんでした。

おそうじ本舗の技術力やスタッフ教育がすごい!研修センター取材談
おそうじ本舗の技術力をスタッフに教育する研修センターに取材を行い、おそうじ本舗の技術力へのこだわり、洗剤や機材やスタッフ教育について教えてもらいました。信頼できるハウスクリーニング業者なのか徹底取材しましたので是非参考にしてください。

おそうじ本舗研修センター取材:洗剤

またスタッフはしっかりと技術研修を受けて技術習得しているので、火災に繋がるようなこともありません

おそうじ本舗研修センター取材:エアコンクリーニング研修

プロが行うエアコンクリーニングは素人が行うエアコン掃除とは全然違いますので、その圧倒的なプロの技術に驚かれることと思います。なお、カジメモ編集部のエアコンクリーニング体験談は「エアコンクリーニングの体験談」でまとめて紹介しています。

エアコンクリーニングの体験談
エアコンクリーニングを業者に実際に頼んでみた体験談や取材でわかったレビューをまとめています。
利用者
エアコン洗浄スプレーを使うんじゃなくて、エアコンクリーニング業者に依頼すれば安心してキレイにしてもらうことができそうだね!

エアコン掃除でスプレーはダメ!洗浄スプレーは使わないようにしよう

本記事では、エアコン洗浄スプレーを使ってはいけない3つの理由を解説しました。

エアコン洗浄スプレーを使ってはいけない理由
  • カビが大増殖して臭いが酷くなる
  • ドレンパンが詰まり水漏れの原因になる
  • 故障や火災に繋がる

もしも自宅のエアコンがカビ臭かったり、長年掃除していなかったとしても、市販のエアコン洗浄スプレーを利用してエアコン掃除を行うのは辞めておきましょう。カビが増えたり水漏れに繋がったり、最悪の場合は火災に繋がってしまう可能性すらあります。

そのためエアコン洗浄スプレーを使うのではなく、プロの業者に依頼してエアコンクリーニングを行ってもらうのがベストです。

なお、30社以上の全国の有名エアコンクリーニング業者を徹底比較した上でのおすすめランキングを「エアコンクリーニング業者比較!おすすめランキング&割引情報」で紹介しているので、業者選びの参考にしていただけたらと思います。

【2022年10月】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報
今、エアコンクリーニング業者で最もおすすめなのはどこなのかランキング!全国30社以上のエアコン掃除業者を料金の安さ・評判や口コミ・技術力の信頼度・予約の取りやすさ・割引キャンペーンやクーポン情報を比較しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました