エアコンクリーニングは秋がおすすめ!?春にはない利点とは!

秋の風景コラム
この記事は約7分で読めます。

エアコンを快適に使う為には無視できないエアコンクリーニング。

年に何度も掃除する訳ではないですから、出来れば最適な時期を選びたいですよね。

おすすめの季節として春が良く推されていますが、9月から10月にかけた秋の季節も非常におすすめです。

今回は秋のエアコンクリーニングにどういった利点があるのか、おすすめする理由・根拠を詳しく解説していきます。

人気のエアコンクリーニング業者
イオンのカジタク人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

秋限定のエアコンクリーニングおすすめポイント

エアコンクリーニングは1~2年に1回がおすすめですが、そこで悩みどころなのがどのタイミングでエアコンクリーニングをするのかという所です。

季節で言えば春が一番おすすめされる事が多いですが、秋もエアコンクリーニングに非常に適した季節です。

まずは春にはない、秋ならではの利点から紹介していきたいと思います。

カビが増えている時期だからタイミングがいい

エアコン内部のカビ

9月から10月の秋口にエアコンクリーニングするのがおすすめな一番の理由がこれです。

梅雨から夏にかけてはエアコン内部にカビが生えやすく、放置していると吹き出し口からカビの胞子をばら撒くようになってしまいます。

これは冷房や除湿を使っていたらどうしても起こってしまう仕方のない事ですが、冷房を使う機会が減ってくる秋はエアコン内部で増殖したカビを一掃するちょうどいいタイミングなんです。

エアコンからカビの胞子が出るようになると単純にカビ臭いですし、アレルギーや喘息、肺炎などの原因にもなりかねません。

特に抵抗力の弱い小さいお子さんや年配の方がいる家庭ではエアコンのカビに気を付けたいですね。

冷房や除湿を使うとどうしてカビが生えるの?

疑問を浮かべる女性

カビの大好物が湿気であることはご存知の方が多いと思います。

エアコンの冷房や除湿を使うと、この湿気が内部に溜まりやすくなってしまうんです。

夏に冷たい飲み物を飲んでいるとグラスが水滴でびちょびちょになりますが、これと同じ仕組みで冷房を使うとエアコンの中は結露でびちょびちょ状態になってしまいます。

運転している間はまだいいですが、外出時は当然エアコンを切る訳ですから、びちょびちょのまま夏場の室温に戻り、内部は湿気が凄い事になってしまいます。

そんなことが1ヵ月以上も繰り返されるんですから、そりゃあカビも生えてくる訳ですよね。

なるべくカビを増殖させない為には

なるべくカビを増殖させない為に

後でエアコンクリーニングをするからと言って、夏の間カビの増殖にただ手をこまねいているのも悔しいですよね。

実は、冷房や除湿を使う際ちょっとしたことでカビの増殖を予防できる方法があります。

それは、運転を止める前に1時間前後送風運転をすることです。

こうすることで、びちょびちょのエアコン内部をある程度乾かしてから運転を止めることができるわけですね。

最近のエアコンは内部クリーン機能といって、冷房を止めたら自動でしばらく送風運転を行うものもありますし、エアコンに送風機能が付いてない場合は設定温度を限界まで上げた冷房でも送風になります。

ただし、これで完全にカビの増殖を阻止できる訳ではなく、設定温度を上げた冷房で送風する場合は室温が設定温度を超えると通常通り冷房運転に切り替わる為、真夏には機能しない場合もありますので注意してください。

▼エアコンのカビについて、更に詳しく

梅雨の時期、エアコンにカビが生える原因と対処法とは?
梅雨の時期に冷房をつけると「なんだかカビ臭い」と感じたことはないでしょうか?人体へ影響もあるので、放置は絶対に避けるべきです。今回は梅雨の時期にエアコンにカビが生えたらどう対処すればいいのか?カビが生える原因とともに見ていきたいと思います。

冷房や除湿の使い納めがベスト

ガッツポーズの女性

そういう訳で、冷房や除湿を使うとエアコンの中はカビが生えやすくなってしまいます。

そうなってくると、エアコンクリーニングをしてもまた冷房を使っているとせっかく掃除したのにまたカビが生えてきそうで勿体ない気もしてきますよね。

その為、秋でも特に「もう来年まで冷房は使わないだろう」となった頃が一番おすすめです。

秋でも入りたての時期はまだ暑くて冷房を使うという方もいると思いますので、そういう方はもうしばらく様子を見て、冷房の使い納めにエアコンクリーニングするのがベストです。

そうすることで、冬暖房を付けた時「クリーニングしたはずなのに、なんだかカビ臭い…」といった事態も防げるでしょう。

▼エアコンクリーニング業者選びはこちらから▼

エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報【2019年10月最新】
エアコン掃除業者比較サイト【カジメモ】は、あえて”エアコンクリーニングに特化”したからこそわかった、本当におすすめな業者ランキング・最新の割引情報などエアコンに関する総合情報をお届けするサイトです。 エアコン掃除を業者に依...

秋以外にも当てはまるおすすめポイント

引き続き秋にエアコンクリーニングをおすすめする理由を紹介していきますが、ここからは最もおすすめされる事が多い春の5月頃にも当てはまります。

秋にエアコンクリーニングをやり逃した方や、予定が埋まっていて難しいという方は春のエアコンクリーニングも検討してみましょう。

エアコンクリーニングの予約が取りやすい

カレンダーを開く女性

エアコンクリーニングのピークは梅雨から夏の終わりごろまでです。

その為、真夏にエアコンクリーニングの予約を入れようとしたら、空いている日は全部予約が埋まっていてこっちが合わせる事になった、なんて経験をした人もいるのではないでしょうか。

秋に入るとエアコンクリーニングの予約は減ってきますので、予定が空いている日に予約を取りやすくなります。

他にも、年末年始の大掃除シーズンや、3月から4月にかけた引っ越しシーズンなどはエアコンクリーニングの需要が多いです。

忙しい人は夏を含めたこれらの時期のエアコンクリーニングは避けた方が無難です。

クリーニング料金を値引きする業者が多い

電卓

夏を過ぎるとエアコンクリーニングを頼む人が減ってきますので、お客さんを呼び込む為に値引きする業者が多くなります。

その為、秋は夏に頼むよりもお得に依頼できるチャンスでもあります。

当サイトではエアコン掃除業者のキャンペーン情報を定期的に更新しておりますので、是非参考にして下さい。

▼エアコン掃除業者のキャンペーン情報▼

エアコンクリーニングのお得な割引クーポンやキャンペーン情報
エアコンクリーニング業者は不定期で期間限定の割引キャンペーンを行っている場合があります。お得にエアコン掃除をする為にも予約する前に是非ご利用ください。

エアコンを付けなくても過ごしやすい

リビングでくつろぐ女性

エアコンクリーニングの最中は、当然エアコンを動かすことはできません。

その為、例えば真夏にエアコンクリーニングを頼むと、暑い思いをしながら掃除の終わりを待つことになってしまいます。

作業員さんはお仕事で毎日同じ思いをしている訳ですし仕方のない事ではありますが、お金を払ってお掃除しに来てもらうのですから、過ごしやすい環境で待てるに越したことはありませんよね。

こういった点も秋や春にエアコンクリーニングがおすすめされる理由のひとつです。

春や夏にエアコンクリーニングしたばかりだけど秋にもした方がいい?

考え事をする男性

春や夏、既にエアコンクリーニングを済ませたという方は秋にもするのは勿体ないです。

エアコンクリーニングを他の時期にしているけどカビが気になってきたという方は、秋の冷房や除湿の使い納めに半日ほど送風運転をして、エアコン内部を完全に乾かしておきましょう。

エアコンの中にはドレンパンという結露の受け皿があります。

ドレンパンに落ちた水は基本的にドレンホースによって外に排水されますが、その全てが排水される訳ではなく一定量の水がドレンパンに残ってしまう事が多いです。

毎日冷房を使っている時はまだいいですが、冷房を使わなくなってくるとここからカビが増殖しやすくなってしまいます。

その為冷房の使い納めだけでなく、夏の帰省や旅行などでしばらく家を空ける際にも送風タイマーを入れてから出るのがおすすめです。

冬に入っちゃったけどカビが気になるならすぐ掃除すべき?

PCで調べものをする女性

ちょうど秋にこの記事を見て下さっている方で

「1年以上エアコン掃除をしていない」

「エアコンのカビが気になってきた」

という方は秋のうちにエアコンクリーニングをするのがおすすめですが、もう冬に入ってしまっている場合はどうすればいいのでしょうか。

そういった場合は、エアコンの暖房を使い始めているかどうかで変わります。

  • まだ暖房を使っていない場合

    まだ暖房を使い始めていないのであれば、使い始める前にエアコンクリーニングしておくのがおすすめです。

    何故なら、暖房の使い始めにカビの胞子がばら撒かれてしまう恐れがあるからです。

    折角なら暖房も使い始めから気持ちよく使いたいですし、カビが気になるなら早めにエアコンクリーニングしておきましょう。

  • 既に暖房を使い始めている場合

    既にエアコンの暖房を使っている場合は、カビが気になるからといって急いでクリーニングする必要はありません。

    何故かというと、暖房の熱で既にエアコン内部のカビが死滅している可能性が高いからです。

    ただし、エアコンが汚れていると効きが悪くなったり電気代が上がってしまうので、何年も掃除していないなら早めにするにこした事はありません。

    また、除湿や冷房を使い始めるとまたカビが復活しますので、翌年の梅雨までにはエアコンクリーニングしておくことがおすすめです。

エアコンクリーニングは秋がおすすめな理由まとめ

エアコンクリーニングは秋がおすすめな理由
  • 梅雨から夏にかけて生えたカビを一掃する良いタイミング
  • エアコンクリーニングの予約がしやすい
  • 料金を値引きする業者が増える
  • 掃除中エアコンを付けられなくても過ごしやすい

コメント

タイトルとURLをコピーしました