エアコンの電気代節約になる温度!料金の高い温度と安い温度を比較!

女性が調べてる様子コラム
この記事は約6分で読めます。

エアコンの電気代って設定温度が何度だと節約になるんだろう?って疑問に思ったことありませんか?今回はそんな疑問についてと料金の高い温度と安い温度を比較していきたいと思います。

人気のエアコンクリーニング業者
イオンのカジタク人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

夏と冬での消費電力の違い

花畑

エアコンを使っているとエアコンを使用しない時期に比べて電気代が高くなりますし、近年は真夏の異常な暑さでエアコンを使う時間が長くなっていますから少しでも節約して電気代を安くしたいですよね。

夏と冬での消費電力の違いは、夏の冷房時の温度設定を1度高くすると約13%の消費電力の削減になり、冬の暖房時の温度設定を1度低くすると約10%の消費電力の削減になると言われています。

つまり、エアコンは適温で使う事によって電気代の節約ができるのです。

夏は部屋を寒くし過ぎたり、冬は暖め過ぎてる事はありませんか?

エアコンを適温で使う事で電気代節約にもなりますし、体調不良の原因も改善できます。

他にも電力自由化で電力会社を選べるようになりましたし、もっと効率よく電気代を節約したい方には生活スタイルに見合った電力会社を選んでもっと電気代を節約する事だって可能です。

夏のエアコンお手入れ方法を一挙大公開!簡単に出来ます!
暑い夏はエアコンは欠かせない訳ですが、利用を続けていると「カビ臭いニオイがする」「汚れが目立ってきた」と感じることが出てきます。そこで今回は、簡単に出来るエアコンのお手入れ方法を一挙大公開したいと思います。

エアコンの設定温度の目安

エアコンのリモコン

夏の場合

夏場でのエアコンの設定温度の目安は28度と言われています。

28度だと暑いんじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、夏場の28度は適温だと言われています。

真夏の外気は28度を超えてる事がほとんどですし、近年では35度なんて当たり前にいく地域もあります。

エアコンと外気の差は5~6度違うといいと言われていますので、最高気温が30度を超えてる日はそこから5~6度低い28度はまさに適温と言えます。

28度が暑いと感じたらエアコンの温度を下げるのが気軽ですが、扇風機を併用して使った方が電気代の節約にもなりますし、寒すぎずに良い気温で過ごせます。

冬の場合

冬場のエアコンの設定温度の目安は20度と言われています。

20度では寒いと感じたら温度を上げるのが気軽ですが、それ以外にも何か改善点があれば以下の対策を取られてみて下さい。

断熱

冬場の暖房対策で気をつける事は家の断熱をしっかりとする事です。

断熱対策をしっかりとする事で、暖房をしっかりと使えて暖かい空気が逃げずに家に冷たい空気が入り込まないというメリットがあり、更には省エネ効果にもなって電気代の節約にもなります。

部屋を加湿する

部屋を加湿することで寒さを和らげる効果があります。

他にも乾燥によるウイルスの活性化を抑えたり、肌荒れ防止、体感温度アップによるエアコンの消費電力削減などのメリットがあります。

暖房を使う時には必ず加湿器も同時に使う事をオススメします。

エアコンの電気代が高くなる時はどんな時?

はてなマーク

室温を設定温度まで調節する間

エアコンを使用してる際、最も電気を消費するのは、暑い部屋を涼しくしようと設定温度まで温度を下げてる時なんです。

部屋が暑いのにエアコンの設定が【弱】や【微風】ですと、エアコンの設定温度まで到達しないのでエアコンはフル稼働で動く時間が長くなってしまう為、電気代が高くなってしまうのです。

暑い部屋が涼しくなるまでは強風にして、部屋が涼しくなったら【弱】や【微風】で涼しい状態をキープするなどすると電気の消費が少なくなります。

又、冬場の場合も同様で最も電気を消費するのは、寒い部屋を暖かくしようと設定温度を上げてる時なんです。

寒い冬でも風量は自動にして部屋が暖かい状態をキープする事で電気代の節約になります。但し、夏場と違って早く部屋を暖めようとして風量を【強】にするとモーターが常にフル回転の状態になり、無駄な電力を消費するだけになるのでその辺は注意されて下さい。

エアコンが自動になっていれば、これらの流れを自動で行ってくれますのでエアコンの方で自動に自然に省エネ、電気代の節約をしてくれます。

夏よりも冬の方が電気代が高くなる

エアコンの電気代が夏よりも冬の方が高い事はよく知られている事だと思います。

その理由としては、エアコンの設定温度と外の気温差が夏よりも冬の方が大きくなる為、必然的に冬の暖房費の方が高くなってしまいます。

冬場の電気代節約につきましては上記でお話した通りですので、冬になったら上手く活用してみて下さいね。

エアコンが効かない・部屋が冷えない原因!5分でわかる解決方法!
エアコンをつけたとき、「何だか効きが悪い」「全然冷えない」と感じたことはないでしょうか?もし夏場の暑い時期にエアコンの効きが悪いと、不快な気持ちになったり体調不良に繋がります。そこで今回はエアコンが効かない5つの原因と、解決法を紹介します。

設定温度以外での電気代節約方法

お金

エアコンクリーニングをする

設定温度以外での節約は当たり前ですが、エアコンクリーニングをする事によって電気代が節約されます。

エアコンクリーニングは常に清潔な状態を保てるというメリットもあり、クリーニングをする事によって節電効果もあります。

エアコンクリーニング業者比較!利用者が語るおすすめランキング!
2019年「最もおすすめなエアコンクリーニング業者」はどこなのか?みんなに選ばれる人気のエアコン掃除の会社を比較してランキング!最安値の料金比較だけではなく、おすすめポイントも説明します。

エアコンを一度つけたらできるだけつけっぱなしがいい

エアコンは一度つけたらそのままつけっぱなしの状態がいいと言われています。

エアコンをつけて涼しくなったら一旦オフにして再び暑くなったらエアコンをオンにしてなど繰り返すと、エアコンがその度にフル稼働しないといけなくなってしまう為、返って電気代が高くなってしまいます。

家にいる時間が長い日は、一度つけたエアコンはつけっぱなしで運転した方が省エネになります。

長く外出する際はエアコンを消して出かける方がいいですが、30分や一時間程度の外出でしたらエアコンを消して出かけるよりつけっぱなしで出かけた方が節電にもなりますし、帰ってきた時も涼しい状態が維持できてて快適に過ごせます。

自動運転が節約になる

エアコンは自動運転で稼働する事がオススメです。

運転モードを自動にしておくと、室内の温度に応じて最適な運転に切り替わるようになり、少ない電力で効率よく冷房を稼働するようになります。

設定温度まで調達してもそのまま自動運転を使われた方が省エネにも繋がります。

自動運転は一番電気代を抑えられて効率の良い運転を行ってくれる機能ですので、効率的な運転方法と認識するといいでしょう。

温度より風量を上げる

風が発生する事によって、体感温度が下がります。

エアコンの風量は実は【弱】より【強】の方が省エネ効果があるんです。

風量が弱い方が電気を使わなくて電気代も安いイメージがあるかもしれませんが、実際はその真逆なんです。

強い風量で室内の空気を循環させた方が空調の効率が上がって設定温度への調達が早くなって消費電力の少ない状態への移行も早くなります。

エアコンが動いてるのに暑いと感じたら、温度を下げるよりも風量を調整してみるといいでしょう。

【超お得】エアコンを省エネ利用する3つの方法とは?
エアコンを出来るだけ省エネ利用したいという要望をよく聞きます。ちょっとしたひと手間で省エネにつながるものもたくさんあります。そこで今回は「リモコン」「ひと工夫」「キレイ」という3つのキーワードを元に、エアコンの省エネ対策を紹介します。

5.推奨温度で利用しつつ工夫しながら電気代節約

エアコンは適温で使って夏と冬ごとに身の回りで対策を行う事によってエアコンの効き目や電気代の節約に繋がる事が今回のお話でわかってもらえたかと思います。

エアコンの設定温度以外でも節電方法はありますので、そちらも気にかけながらエアコンを使う事で更なる節約になるでしょう。

自動運転で空気の循環を早くして、家に在宅する時間が長ければエアコンは一度つけたら状態を維持するようにするだけでも節電効果は期待できるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました