冷房と除湿の違い。より湿度を下げるのは、実は冷房だった!?

冷房と除湿の違いコラム

蒸し暑い日が続く季節に大きな頼りとなるエアコン。

暑い夏に冷房を使っている方もいれば、湿気を減らすことを優先して除湿(ドライ)機能を使う人もいるかもしれませんが、実は冷房の方が除湿効果が高いんです。

そうなると除湿は一体どんな時に使えばいいのか気になるのではないでしょうか?

今回は冷房と除湿の違いや使い分け方、除湿機能の種類について解説していきます。

人気のエアコンクリーニング業者
くらしのマーケット人気No.1おそうじ本舗おまかせマイスター
\ キャンペーン中 /

冷房と除湿(ドライ)は何が違う?

先にお話した通り、エアコンは一般的に除湿(ドライ)機能よりも冷房機能の方が除湿効果が高いです。

ここでは、冷房と除湿機能は他に一体どのような違いがあるのか、それぞれの仕組みや違いについてお話します。

冷房と除湿(ドライ)の仕組みはほぼ同じ

冷房と除湿(ドライ)の仕組みはほぼ同じ

まず、冷房はどのような仕組みで部屋を涼しくしているのか、そして除湿(ドライ)機能はどのような仕組みによって湿度を下げているのかそれぞれの流れを簡単に見ていきましょう。

冷房で部屋が冷える仕組み
  1. 部屋の空気を取り入れて熱を奪う
  2. 奪った熱を室外機によって外に排出する
  3. 冷えた空気を室内に戻す
除湿(ドライ)機能で湿度が下がる仕組み
  1. 部屋の空気を取り入れて熱を奪う
  2. 生じた結露をドレンホースから排水する
  3. 湿度が下がった空気を室内に戻す

簡単に説明すると上記のような仕組みになっていますが、エアコンがやっているのはどちらも同じ「部屋の空気を取り入れて熱を奪う」という構造です。

そのため、冷房で部屋の温度を下げると湿度も一緒に下がりますし、除湿機能で湿度を下げようとすれば部屋の温度も下がります。

冷房と除湿(ドライ)はここが違う

冷房と除湿(ドライ)はここが違う

同じ仕組みなのにほとんどのエアコンは冷房と除湿機能が分けられていますが、どうしてなのかお話していきます。

冷房と除湿(ドライ)機能の仕組みは同じですが、エアコンに両方の機能が付いているのにはもちろん理由があり、用途によって使い分けできるようになっています。

その違いは、冷房は室内の空気の温度を下げることを優先した機能であるのに対し、除湿(ドライ)機能は室内の空気の温度をなるべく下げないように湿度を下げるための機能ということです。

エアコンの一般的な除湿機能は弱冷房除湿と言われており、除湿機能とは弱めの冷房という機能になります。

通りで同じ仕組みな上に、除湿機能よりも冷房の方が除湿効果が高いわけですね。

また、冷房と除湿の電気代の違いについては「エアコンの冷房と除湿の電気代はどっちが安い?ドライが高い場合も!」で解説していますので参考に使い分けてみて下さい。

エアコンの冷房と除湿の電気代はどっちが安い?ドライが高い場合も!
エアコンの温度を下げる「冷房」と湿度を下げる除湿(ドライ)はどっちが電気代が安いのか?実は除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」があり、それぞれ電気代が違います。今回は除湿(ドライ)機能の電気代について分かりやすく解説していきます。

冷房と除湿(ドライ)機能の使い分け方

冷房と除湿の違いや、除湿機能より冷房の方が除湿効果が高い理由は上記でお話した通りです。

でも、それなら除湿機能はどんな時に使えばいいの?と疑問に感じるかもしれません。

ここでは、冷房と除湿をどのように使い分ければいいかを紹介しますので参考にして下さい。

真夏の蒸し暑さには冷房が適切

蒸し暑い夏にはやっぱり冷房を使うのがおすすめです。

とにかく湿度を下げたい場合でも、先にご紹介した通り除湿機能よりも冷房の方が除湿効果が高いです。

もちろん、夏でも除湿機能で快適に過ごせている方は除湿のままで何の問題もないですが、除湿を使って効果がいまいちだと感じている方は冷房に切り替えてみましょう。

梅雨の時期などは除湿がおすすめ

雨の日窓につく水滴

梅雨の季節など暑くはないけど、ジメジメした湿気がわずらわしい時、そんな時期こそ除湿機能の出番です。

除湿効果の高い冷房の方がいいんじゃないかと思われるかもしれませんが、さほど気温が高くない梅雨の時期に冷房を使うと身体を冷やしすぎてしまい体調を崩す原因にもなります。

特に雨の外出帰りに身体が濡れた状態で冷房を使うと、風邪を引きやすいので気を付けましょう。

他にも冷房の寒さに弱い方や夜、湿気で寝苦しい時などは夏でも弱冷房除湿がおすすめです。

除湿機能じゃあまり除湿されている気がしないと感じている場合、最後にいつエアコンクリーニングしたのか振り返ってみて下さい。

もし、何年もエアコンクリーニングしていないようであれば、エアコンの汚れで効きが悪くなっている可能性が高いです。

数年エアコン掃除をしていないなら、エアコンクリーニングをすれば確実にエアコンの効きが改善するので業者に依頼してエアコンを徹底的に綺麗にしてもらいましょう!

エアコンの湿度設定はどうすればいい?

エアコンの機種によっては、湿度を設定できるものがあります。

人が快適に感じる湿度は50から60%と言われていますので、これを目安に湿度を設定して自分に合った環境を探してしてみましょう。

ただ、暖かい空気は上に集まり冷たい空気は下に集まりやすく、湿度は空気の温度に左右されます。

部屋の上部に設置されているエアコンの湿度表示と実際に人が過ごす空間の湿度は異なる場合も少なくありません。

そのため、扇風機やサーキュレーターで部屋の空気を循環させたり、部屋に湿度計を付けて実際の湿度を見ながら微調整するとより確実です。

なお、除湿を快適に使う方法については「エアコンの除湿(ドライ)が寒い!快適に除湿する方法とは!?」で紹介しています。

エアコンの除湿(ドライ)が寒い!快適に除湿する方法とは!?
梅雨の季節にエアコンの除湿(ドライ)機能を使うとカラダが冷えすぎて困ってませんか?エアコンの除湿を使うと冷えすぎ、冷房より寒いと感じる場合もあります。そこで除湿機能で寒くなる原因や、なるべく部屋を冷やさず快適に除湿する方法などを紹介します。
\ 迷ったらココがおすすめ! /

2021年 人気No.1「おそうじ本舗」

おそうじ本舗は他社と比較してもサービスの質・料金・安心感で最もコストパフォーマンスが高いエアコン掃除業者です。

口コミの評価も高く、良いサービスを安く受けたい人にピッタリな業者。

各都道府県に必ず店舗があり、190万人もの人に利用されています。

エアコン洗浄後、菌に効果がありカビを発生しにくくする効果のある他店で数千円することもある「オリジナル防カビ剤仕上げ」が無料で他社よりもかなりお得!

9月は冷房の使用も後半で「エアコンのアフターケア」には絶好のタイミング!夏に溜まった汚れやカビを一気にキレイにするチャンスなので、今の時期を見逃さずに申し込んで、お得にエアコン掃除しましょう!

おそうじ本舗公式サイト:
https://www.osoujihonpo.com/

おそうじ本舗
割引キャンペーン情報
  • 浴室・キッチン・トイレ・洗面台の水まわりクリーニングが1か所あたり1,100円OFFになる割引キャンペーン開催中!※10月31日まで※
  • キャンペーン終了まで、あと39日!お見逃しなく!
  • エアコンクリーニング:約1年間汚れにくくなる「オリジナル防カビ剤仕上げ」無料サービス!

下記でキャンペーン詳細やクーポンの使い方について詳しくまとめています。

【2021年9月】おそうじ本舗のお得な割引クーポンやキャンペーン情報
【2021年9月更新】おそうじ本舗では、2021年9月1日~10月31日まで浴室・キッチン・トイレ・洗面台の水まわりクリーニングが1か所1,100円OFFになるキャンペーン開催中!今使えるお得なクーポンコードや店舗チラシの情報を随時更新!

↑【人気No.1】エアコン掃除業者↑

除湿(ドライ)機能の種類

エアコンの除湿機能は弱冷房除湿というものが一般的ですが、実は他にも種類があります。

弱冷房除湿の次に普及している除湿機能は再熱除湿と言いますが、簡単に再熱除湿についてお話します。

  • 弱冷房除湿
    弱冷房除湿は一般的なエアコンの除湿機能で、多くのエアコンの除湿(ドライ)機能はこれにあたります。
    室内から取り入れた空気を冷やして水分を奪い、乾いた空気を部屋に戻します。

  • 再熱除湿
    室内の空気を冷やして水分を奪う点は弱冷房除湿と同じですが、再熱除湿では乾いた空気を再度暖めてから部屋に戻します。

再熱除湿のメリット

再熱除湿のメリット
  • 弱冷房除湿は部屋を冷やすが、再熱除湿は室温を維持できる
  • 弱冷房除湿よりも除湿効果が高い

弱冷房除湿では、部屋の温度をなるべく下げないよう空気を控え目に冷やすので除湿効果も低めになっています。

しかし、再熱除湿の場合は再度空気を暖めますので、冷やす段階でさほど遠慮する必要がありません。

そのため、再熱除湿は弱冷房除湿と比べて、部屋の温度を冷やさないのに除湿効果が高いというメリットがあります。

肌寒いけど湿気の多い梅雨の時期、冷房ではなく除湿機能を使っても身体が冷えすぎるという場合には有難い機能と言えます。

再熱除湿のデメリット

再熱除湿のデメリット
  • エアコン本体の値段が高い
  • 電気代が高い

再熱除湿のデメリットは、まずこの機能の付いたエアコン自体が高額だということです。

エアコン本体の価格の目安としては、大体10万円以上の価格帯でなければ現状再熱除湿は付いていません。

また、冷房や弱冷房除湿と異なり最後に空気を暖めますので、その分電気代が高くなります。

真夏に節電のつもりで除湿機能を使っていたら再熱除湿だったため、余計に電気代がかかってしまったというケースもあるようですから気を付けましょう。

電気代の安さは、弱冷房除湿⋛冷房>再熱除湿となります。(弱冷房除湿と冷房との電気代の差は、機種や運転環境により異なります。)

再熱除湿機能のエアコンが少ない理由
再熱除湿機能が付いたエアコンが少ないのは、単にコストが高いだけの理由ではありません。
東日本大震災以降に節電が呼びかけられたことで、再熱除湿付きエアコンの新機種があまり作られないようになりました。
近年ではダイキンのさらら除湿のように、従来の再熱除湿よりもよりエコで、弱冷房除湿よりも室温を冷やさない除湿機能の開発が進められています。

冷房と除湿の違いや除湿の種類まとめ

冷房と除湿の違いや除湿の種類まとめ
  • エアコンの除湿機能は弱めの冷房みたいなもので、除湿効果自体は冷房の方が高い
  • 夏は基本冷房を使い、あまり暑くないけど湿気が気になる時に除湿を使うのがおすすめ
  • 再熱除湿は普通の除湿より除湿効果が高く室温を保ちやすいが、電気代がかかる

エアコンの冷房と除湿の違いについてお話しましたが、冷房と除湿は気候によって使い分けるのがベストと言えます。

暑い夏は冷房を使って暑さと湿度を解消し、梅雨などの時期には除湿を使うなどすれば快適な環境の中過ごすことができますので、賢く使い分けましょう。

また、エアコンの効き目が悪いと感じればエアコンクリーニングをしてカビや汚れをピカピカにしましょう!

カジメモ編集部がおすすめするエアコンクリーニング業者については「エアコンクリーニング業者比較!おすすめランキング&割引情報」で厳選して紹介していますので業者選びの役に立てて下さい。

【2021年9月】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報
エアコン掃除業者比較サイト【カジメモ】は、あえて“エアコンクリーニングに特化”したからこそわかった、本当におすすめな業者ランキング・最新の割引情報など、エアコンに関する総合情報をお届けするサイトです。 エアコン掃除を業...

コメント

タイトルとURLをコピーしました