梅雨時期のエアコンの上手な使い方と困った時の対処法を紹介

梅雨時期のエアコンの上手な使い方コラム

梅雨の時期になるとエアコンを使いだす機会も多くなるのではないでしょうか?

梅雨は湿度が上がり、部屋の中もジメジメしてしまいますが、実はエアコンの中も高湿状態になり、カビなど雑菌が好む絶好の環境になっています。

エアコンの中に発生したカビや雑菌を吸い込んでしまうと体に色々な不調をもたらしますので、きちんとした対処が必要になってきます。

そこで今回は、梅雨の時期にエアコンを使うにあたっての上手な使い方と困った時の対処法を紹介していきたいと思います。

人気のエアコンクリーニング業者
くらしのマーケット人気No.1おそうじ本舗ベアーズ
家事代行のベアーズ【エアコンクリーニング】
\ キャンペーン中 /

梅雨の時期にカビや雑菌が発生する原因はなに?

なぜ?理由

カジパパ
カジパパ
梅雨の時期はカビが生えやすいよね…。カビが発生する原因って何なんだろう?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
梅雨の時期にカビや菌が生えやすい原因としては、湿度が高いからよ!エアコンは仕組み上、どうしても湿度が高くなってカビにとっては好環境なのよ。

そもそも梅雨の時期にエアコンにカビや菌が発生する原因はなんでしょうか?見ていくことにしましょう。

梅雨の時期に菌やカビが発生してしまう理由

梅雨の時期は湿度が高いから

まず梅雨の時期にエアコンにカビや菌が発生してしまう原因として、そもそも梅雨の時期は湿度が高いというのがあります。

カビは湿度65~75%まではゆっくりと、湿度75~90%になるとスピードが上がり、湿度90%以上になると数日でカビが発生してしまいます。

エアコンは仕組み上、どうしても湿度が高くなってしまうため

エアコンの冷房は、部屋の中の空気をフィルター部分から吸い込み、内部の熱交換器を経由して、噴き出し口の部分から冷たい風が出ます。

このときエアコン内部は仕組み上、結露水が付くくらい湿度が高くなり、カビが生えやすい状態となってしまいます。

ホコリもカビが生える原因に

カビはホコリも大好きです。梅雨の時期に限らず、エアコン内部は1年を通してホコリが溜まりやすいので、どうしてもカビが生えてしまいます。

又、エアコンにカビが生える原因については「なぜエアコンにカビが生えるのか?原因とカビ対策を明らかにします!」で詳しく解説していますのでチェックして下さい。

なぜエアコンにカビが生える?カビの原因や対策、予防法を明らかに!
「湿度、ホコリや汚れ、温度」という三拍子が揃ったときに、カビは一気に増殖します。ただこれはエアコンの仕組み上、仕方ないことでもあります。エアコンは生活に根付いているので、もしカビ臭さを感じたらすぐに業者に依頼してキレイにしてもらいましょう。

梅雨の時期はエアコンのドライ機能を上手く活用する

エアコン

梅雨の時期は冷房をつけると寒いくらいになるって事もありますよね?

梅雨だと冷房とドライ機能を上手く使い分ける事で快適な室内環境を作る事ができます。

ドライを上手く活用して梅雨を快適に過ごそう

ドライは部屋の湿度を下げる為の機能です。

冷房と同じく湿度を下げる過程で温度も下がるため、冷房との違いがわかりにくいかもしれませんが、ドライは部屋の湿度を下げることに特化した機能です。

冷房を付けると部屋が冷えすぎて寒いって時もありますが、ドライを使えば冷房の時のように冷えすぎる事なくちょうどいい適温に調節してくれます。

部屋の湿度が高いのは気になるけど、温度は下げたくない時などにドライは有効的に使えます。

ドライは冷房よりも電気代が安い為、梅雨の時期のような気温の時には正におすすめの機能と言えます。

設定温度は何度にすればいいの?

ドライ機能を使ってる時の設定温度は、外気温との差が7度になるように設定すると快適に過ごせる気温になります。

外気温との差なんてわからないよって時は、大体の目安になってしまいますが、設定温度は28度にするのが一番体に負担がかからなく部屋の中が寒くなり過ぎないのでおすすめです。

梅雨の間にエアコン内が汚れた時の対処法

カジパパ
カジパパ
エアコンは構造上、カビが生えやすいんだね。梅雨の時期に生えたカビはどう対処すればいいんだろう?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
カビが生えたらきちんと掃除したら解決よ!掃除方法は紹介するわね。エアコンの内部は業者に依頼して高圧洗浄をしてもらえばピカピカになるわよ!

それでは、もしも梅雨の時期、エアコンにカビやほこりなどで汚れたらどう対処すればいいのでしょうか?

噴き出し口の部分、フィルター部分、エアコン内部の3か所に分けてみていくことにしましょう。

噴き出し口の部分は洗剤を使うとピカピカになる

噴き出し口カビ

エアコンの空気出口(噴き出し口)部分のカビは、洗剤を使ってキレイに落とすことが出来ます。なお流れとしては、

洗剤の準備▶カビに吹きかける▶磨き上げる

です。詳しく見ていきましょう。

まずは洗剤を準備しよう

まずはカビ汚れを落とすために、以下のいずれかの洗剤を準備します。

中性洗剤(手軽に利用できる)

中性洗剤

自宅の食器洗いで利用する中性洗剤でもカビを落とすことが出来ます。

50℃くらいのお湯に薄めて利用すると効果が高いです。中性なので手に優しいのも特徴です。

重曹(ちょっとした汚れに)

重曹

重曹は中性洗剤よりも、ちょっと強めの洗剤になります。

利用するときには、50℃くらいのお湯に溶かして利用します。

もしも中性洗剤でカビが落ちなかったときには利用してみるといいと思います。

セスキ炭酸ソーダ(ガンコな汚れに)

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダはかなり強めの洗剤になります。ガンコな汚れを根こそぎ落としてくれます。

水に薄めて利用します。なおかなり強いアルカリ性の洗剤になりますので、直接肌に触れることがないように注意しましょう。

漂白剤(黒ずんでる場合)

漂白剤

もしもカビの黒ずみが付着している場合は漂白剤を利用するのもいい方法です。

ただ刺激が強めとなるので、利用の際は必ず水で薄めつつ、換気して利用するようにしましょう。

洗剤をカビに吹きかける

霧吹き

洗剤が準備出来たら、霧吹きを使ってカビの部分に吹きかけます。

なおこのときの注意点としては、霧吹きが内部に入り込まないようにすることです。

もしもエアコン内部に霧吹きの液体が入り込んでしまうと、カビが繁殖する要因になったり、故障の原因になってしまいます。

また感電などの危険がありますので、必ず電源のプラグを抜いてから行うようにしましょう。

磨き上げる

磨く

最後にブラシやタオル、箸の先にティッシュをつけたものなどを使ってゴシゴシと磨き上げましょう。

もしもカビの黒ずみが落ちたら、大成功です。

なお汚れが落ちなかった場合は、濃度を高くしたり薄めるお湯の温度を高めにするなどして対処していくといいと思います。

ただ安全に利用するのが大前提となりますので、取り扱い説明書の範囲を超えて利用することがないようにしましょう。

フィルターも掃除をして綺麗にしよう

エアコンの噴き出し口の部分の掃除が終わったらフィルターの掃除もしてしっかりキレイにしていきましょう。

フィルターの掃除方法につきましては、「エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説」に記載していますので参考にしてもらえたらと思います。

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説
エアコンのフィルター掃除は意外と簡単に自分でできるものです。ここではエアコンフィルターの掃除を自分でやる方法を分かりやすく解説していきます。フィルター掃除でエアコンの効きが驚くほど改善しますので、掃除が苦手という方も是非挑戦してみて下さい。

内部の汚れはプロに依頼して洗浄してもらう

メリット

最後にエアコン内部の汚れの対処です。ちなみにエアコン内部はカビや汚れが一番多い場所になりますが、自分で掃除をするのは大変危険です。

自分でエアコン掃除をすると、感電の危険があったり、漏電により火災や故障の原因に繋がってしまうこともあります。

これらのことからエアコン内部の洗浄は、プロの業者に依頼して行ってもらうようにしましょう。

ちなみにエアコンの吹き出し口にカビが生えている場合、ほぼ確実にエアコン内部にもカビが生えているので、油断しないことが大切です。

ちなみに業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

細部のカビまで根こそぎ取り除いてくれる

業者に依頼すると、素人では手が届かない細部のカビまで根こそぎ取り除いてくれます。

素人では分解が難しい訳ですが、エアコン掃除のプロフェッショナルが分解したのち、エアコン内部を高圧洗浄機でキレイにしてくれます。

防カビ抗菌コートあるので安心

エアコン業者によっては、オプションで防カビ抗菌コートを準備してくれています。

掃除をしてもまたカビが生えてしまうのは嫌なものですが、防カビ抗菌コートを施してもらうことで、その後のカビの繁殖を防ぐことが出来ます。

火災や漏電の心配をしなくても大丈夫

何より安全が保障されているのが大きいです。素人がエアコン掃除をする場合、最悪火災や漏電に繋がることがあります。

プロであるエアコンクリーニング業者に任せれば、そういった心配をする必要もなくエアコン掃除を安心して任せる事が出来ます。

夏本番を迎える前にエアコン内を綺麗にクリーニングしよう

部屋がキレイ

カジパパ
カジパパ
エアコンに生えたカビは放置してると危ないんだよね?人体に影響を与えるって聞いたことあるけど…。
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
エアコンに生えたカビを放置するのは危険よ!エアコンの風に乗ってカビの胞子がばら撒かれる訳だから危ないわ。人体にも被害を与えるものだからエアコンにカビが発生してる場合はすぐにエアコン掃除をするようにしてね!

エアコン内部に発生したカビや汚れは生活面に色々な影響を与える

カビ菌は猛毒

人や動物に対して有害な作用をもたらすカビは、カビ毒と呼ばれます。エアコンに生えるカビはカビ毒も含まれますので、注意が必要です。

とくに1年以上エアコン掃除をしていない場合はカビ毒が繁殖している可能性が高いので、すぐにでもエアコン掃除をした方がいいでしょう。

内部のカビは部屋中に待ち散らされる

エアコン内部のカビは、空気に乗って部屋中にまき散らされてしまいます。

毒素をもったカビ菌は、空気に乗って食べ物に付着することで、体内に入ってしまうこともあります。

ですので、もしもエアコンにカビが生えたときにはすぐに対処するようにしましょう。

人体に与える影響は悲惨なもの

エアコン内部のカビ菌が人体に与える影響は本当に大きいです。

例えば、くしゃみが止まらなくなるアレルギー性鼻炎であったり、喘息などの症状です。

さらにそれだけではなく、食中毒やガンに繋がってしまうこともあります。

症状がひどくなり、命に関わることになっては本当に遅いです。

エアコン内部にカビが生えているときには、業者に依頼してカビ除去は必ず行ってもらうようにしましょう。

エアコンの汚れはプロに任せる事で綺麗にできる

上記でお話したカビや汚れが人体に与える影響は、プロのエアコンクリーニング業者にエアコン掃除を任せる事で解決する事ができます。

エアコン内部の洗浄は専門的な知識が必要になってきますので、素人がやるのは難しくほぼ不可能です。

エアコン内部の掃除は2年に1度は必要とされていますから定期的にエアコンクリーニングをする事で、綺麗な状態を保つことができます。

少しでもエアコンが汚れてるんじゃないかと感じた時は、エアコンクリーニングをするように心がけましょう。

▼地域別でエアコン掃除業者を探すなら▼

【全国都道府県別】エアコンクリーニングでネット予約可能な最寄りの人気店舗を探す
あなたが住んでいる都道府県でエアコンクリーニング業者をネット予約したい時に、「最寄りの店舗でどこがおすすめなのか」「近所で対応しているエアコン掃除業者で人気なのはどこか」を利用者の評判や料金で比較!全国都道府県別に人気店舗が簡単に探せます。

エアコンの使い方を工夫する事で梅雨も快適に過ごせる

家族笑顔

如何でしたか?梅雨の時期のエアコンの上手な使い方と対処法を理解して頂けたのではないでしょうか?

本章で解説したとおり、梅雨の時期というのはどうしてもエアコンにカビなどで汚れやすい状態となってしまいます。

その汚れを放置すると、人体にも大きな影響を与えることになってしまいます。

命に関わることになってからでは遅いので、もしも1年以上エアコン掃除を行っていなかったりカビの黒ずみが噴き出し口の部分にある場合には、すぐに業者に依頼して必ずエアコン掃除を行ってもらうようにしましょう。

業者の選び方は「はじめての方必見!エアコンクリーニング業者の選び方」にまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

はじめての方必見!エアコンクリーニング業者の選び方
エアコン掃除を業者に依頼したいけど「どうやって選んでいいかわからない」自分に最適なエアコンクリーニング業者の選び方のコツやどこに頼むのがいいか、はじめて依頼する方にもわかりやすいように業者を比較しながら徹底解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました