当サイトは一部プロモーションが含まれています

寝起きがだるい原因はエアコン?クーラー病を解消する方法を解説!

エアコンをつけて寝ると朝だるい。解消する方法を解説! コラム

自宅や職場でエアコンの冷房に当たっていると、体の冷えや頭痛、だるさなどを感じたことはありませんか?

実は、その症状はエアコンのクーラー病で、クーラー病は冷房病とも言われており、エアコンが原因で引き起こす体の不調です。

クーラー病は、自宅でエアコンを使っていれば誰もがかかる可能性のある病で決して他人事ではありません。

この記事では、エアコンのクーラー病についての症状や原因、クーラー病の予防法、クーラー病になってしまったときの対策などを紹介していきますので最後まで読んでもらえたらと思います。

※お知らせ※

当サイト【カジメモ】では全国のエアコンクリーニング業者を独自に徹底調査し、実際に様々な業者でサービスを体験、運営会社に取材を行い、プロの意見を聞いた上で記事を作成しています。

エアコンクリーニング取材協力画像

エアコンの汚れやカビが気になる・ニオイが臭い・電気代が高いならエアコンのつけ始めの今!クリーニングがお得!

\ 【2024年7月19日更新】 /

人気のエアコンクリーニング業者
カジタク 人気No.1おそうじ本舗 おまかせマイスター
イオンのカジタク おそうじ本舗まとめ割り・夏得プレゼントキャンペーン おまかせマイスター
\ キャンペーン中 /

寝起きがだるい原因はエアコンによるクーラー病の可能性がある

冒頭でもお話しましたが、エアコンをつけたまま寝た時に、「寝起きがだるい」と感じる場合はクーラー病(冷房病)の可能性があります。

エアコンのクーラー病はどんな症状が出るの?

そこで、まずはエアコンのクーラー病になってしまう原因や、どんな症状があるのかについてお話していきたいと思います。

エアコンでクーラー病になってしまう原因は?

私たちの体は周囲の気温に応じて変化します。

夏の暑い日は血管を拡張させて体の熱を外に逃がし、逆に冬の寒い日は血管を収縮させて熱を逃がさないようにして一定の体温を保っています。

この体温調節の役割を担っているのが自律神経です。

クーラー病は自律神経に関係があり、人間の体温調節をつかさどる自律神経は5度以上の急激な気温変化に対応することができません。

冷房の効いた室内では体内の熱が逃げすぎて冷え、外出時との激しい温度差によって自律神経のバランスが崩れ、冷えに対する抵抗力が弱くなってしまいます。足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、下痢、神経痛、不眠など、冷えによって起こるさまざまな症状を冷房病とよんでいます。

引用元:中野区医師会

そのため、大きな気温変化が繰り返されると、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたしてしまうのです。

自律神経は体温調節や発汗などをコントロールし、そのバランスが崩れると足腰の冷え、だるさ、頭痛などの体の変調をきたし、その総称がクーラー病と呼ばれています。

冬も夏と同じように屋内と屋外の気温差は大きいですが、冬場は厚着により体温調節機能がカバーできるため、クーラー病のような症状が起こることはほとんどないと言われています。

クーラー病はだるい以外にどんな症状がある?

エアコンが原因でかかってしまうクーラー病ですが、クーラー病の主な症状は以下の通りです。

クーラー病(冷房病)の主な症状

だるさ、足腰の冷え、疲労感、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、腰痛、下痢、便秘、腹痛、不眠、むくみ、頻尿、鼻炎、月経不順

エアコンを使うと咳が出る場合はこちら

エアコンにより身体が冷えすぎてしまうと、血行が悪くなりクーラー病の代表的な症状とも言える冷えなどの症状が出てしまいます。

血行が悪くなると、疲労物質を対外に排出できなくなり体内に溜めることになってしまいます。

それが全身のだるさや肩こりに頭痛などを引き起こしてしまう大きな要因の一つになります。

また、冷房病は重症化してしまうと上半身にも冷えを感じ、ふらつき、めまい、イライラなどの症状が現れますので体を冷やさないように注意しましょう。

女性や高齢者はクーラー病に特に注意

冷房病で特に注意して欲しいのが、女性や高齢者です。

女性の場合は、クーラー病によって生理不順や重い生理痛に更年期障害のような症状などさまざまな体調不良に繋がる可能性があります。

エアコンで体調不良の女性

夏は暑さで薄着になりがちですが、冷房病の予防のためにエアコンの下ではなるべく肌をさらさない様に心がけましょう。

また、高齢者は自律神経の働きが不安定なので体温調節が苦手です。

皮膚感覚が鈍くなっているため、エアコンの冷気に気付かず長時間過ごしてしまい、知らない間にクーラー病になってしまうことがあります。

エアコンが原因のだるさを改善する方法は?

エアコンが原因で体がだるい時や寝起きが悪い時は、日常でのエアコンの使い方を見直す事が効果的です。

エアコンが原因のクーラー病になった時の対策はどんなことをすればいい?

エアコンによるだるさの原因はクーラー病の可能性が高いですが、それ以外にもエアコンに溜まった汚れがだるさを引き起こしている場合もあります。

ここでは、クーラー病予防に効果的なエアコンの使い方や、工夫する事で体のだるさを改善できる方法を紹介していきます。

エアコンの使い方を工夫する

エアコンの設定温度は室内と屋外の温度差が5度以内であることが理想と言われています。

エアコンの温度は、外との気温差が5度以内、大きくても7度以内に収めるように設定しましょう。

エアコンの標準的な設定温度は、25~28℃が良いと言われており、ドライ機能も有効的です。

冷房設定温度 28度

エアコンの除湿(ドライ)機能に関する詳しい記事はこちら

直接、体に冷風が当たると体温が急速に奪われる原因にもなってしまいますので、吹き出し口の向きに注意し、扇風機を上手く活用して風向きをコントロールしましょう。

また、エアコンの温度を控えめにする以外にも、寝る前などにタイマーを利用するなど工夫してクーラー病になるリスクを減らす事も効果的です。

体を冷やさないようにする

自宅のエアコンは温度調節などでクーラー病の対策はできますが、オフィスや外出先となると個人の都合で温度設定が難しい場合があります。

そんな時は服装で体温調節するなどして冷気から体を守りましょう。

特にお腹や足元などをしっかり保温してあげる事で体は温まりやすくなりますので、腹巻や靴下などを履くなどして対策をする事でクーラー病予防ができます。

また、クーラー病の予防には、温かいものを摂取する事も有効的です。

夏は暑さのせいで冷たいものが食べたくなりますが、エアコンの効いた室内で冷たいものを食べると体が急速に冷えてしまう原因になるので、スープなどの温かい料理で体を芯から温めましょう。

エアコンで冷えた体を暖める

また、温性の食材で体を温めるのも効果的で、温性の食材は一例ですが、「タマネギ、ニンジン、ニラ、シソ、ネギ、ショウガ、ニンニク、もち米、ソラマメ、カボチャ、チーズ、鶏肉、アジ、サバ、イワシ、エビ、桃」などがあります。

唐辛子やこしょうなどの香辛料も体を温める効果があるので、うまく摂取して体を温めましょう。

運動をして血行を良くする

運動で体を動かして血行を良くする事もクーラー病対策として欠かせません。

日頃から仕事で忙しくても、仕事中に一時間に一度くらいは席を立って少し歩いたり、軽く屈伸をするなどして足先の血液の流れを改善しましょう。

席を立てないなら、つま先とかかとを交互に上げ下げするだけでも血流が良くなります。

また、日頃から歩くことも大切です。

ウォーキングを続けていると足の筋肉が適度に強化されて血流がよくなり体が冷えにくい体質になります。

入浴をして冷え性の予防・改善をする

入浴は冷房病だけでなく慢性的な冷え性の予防にも効果があります。

湯舟にゆっくり浸かったり、寝る前に体をマッサージするなどして血行を良くすることを意識しましょう。

お風呂場 浴室

湯船に浸かると足が温まるだけでなく、水圧によって血流も良くなります。

お湯の中でふくらはぎを軽くマッサージすると、クーラー病対策が一層高まります。

また、お湯の温度は低めにしてゆっくり浸かると湯冷めによる体温の低下を防ぐこともできます。

だるいのはカビやほこりが原因の可能性もあるのでエアコンを綺麗にする

クーラー病によるだるさの他にも、エアコンに汚れが溜まっている場合は、カビやほこりなどが体調不良の原因となってだるさを引き起こしている可能性があります。

そんな時は業者にエアコンクリーニングを依頼してエアコン内部を綺麗にしてもらいましょう。

おそうじ本舗 高圧洗浄

エアコンに発生するカビやほこりなどの汚れは放置していてもどんどんアレルギー性の鼻炎や頭痛などを悪化させるだけです。

臭いなどが気になり始めたらすぐにエアコンクリーニングをしましょう。常にエアコンを綺麗にする事を心がけてエアコンは清潔に保っていきましょう。

【2024年7月】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報【カジメモ】
今、エアコンクリーニング業者で最もおすすめなのはどこなのかランキング!全国30社以上のエアコン掃除業者を料金の安さ・評判や口コミ・技術力の信頼度・予約の取りやすさ・割引キャンペーンやクーポン情報を比較しました!

だるい寝起きを解消する為にもエアコンは適切な使い方が重要

今回の記事では、エアコンの冷房によるクーラー病の原因や症状についてや、エアコンが原因の寝起きのだるさなどを改善する方法について解説してきましたがご参考になりましたでしょうか。

クーラー病対策にはエアコンを適切に使う事が大切

エアコンの冷房で自律神経が崩れるとクーラー病が発生しやすくなりますが、クーラー病はエアコンの使い方や日頃の生活の中でしっかりと対策する事で防ぐ事ができます。

暑い夏の外の気温と涼しい部屋の中で気温差が発生しやすいですが、自宅のエアコンの設定温度を今一度見直して使うだけでも予防に繋がりますし、効果が違ってくるかと思います。

近年は夏の残暑も厳しくなってきており、エアコンを使う時間が長くなってきていますのでしっかりとクーラー病の予防を心掛けていきましょう。

また、クーラー病ではなくても体の不調を感じる場合は、エアコン内部のホコリやカビが原因の可能性があります。定期的にエアコンクリーニングをしてエアコンを清潔に保つようにしましょう。

\ 迷ったらココがおすすめ! /

おそうじ本舗まとめ割り・夏得プレゼントキャンペーン

\ 信頼度が高く料金が安い!おそうじ本舗 /

↑【人気No.1】エアコンクリーニング業者↑

▼エアコンクリーニング以外の、その他ハウスクリーニング(浴室、換気扇など)はこちら

おそうじ本舗のハウスクリーニングメニュー一覧

タイトルとURLをコピーしました