エアコンの風量が弱い・不安定な原因と今すぐできる改善方法

エアコンの風量が弱い・不安定な原因と今すぐできる改善方法コラム

エアコンの風量を最大にしてつけているのに、「なんだか風量が弱い…」「風が強くなったり弱くなったりする…」など、全然エアコンが効かないなと感じた事はありませんか?

風量を強くしても変わらない時はエアコンの故障を疑ってしまうと思いますが、故障の他にもいくつかエアコンの風力が弱くなってしまう原因があり、その部分を改善すれば風量も元に戻り快適に使えるようになるかもしれません。

そこで今回は、エアコンの風量が弱くて不安定になってしまう原因と、風量が弱いと感じた時に今すぐ出来る改善方法について紹介していきます!

人気のエアコンクリーニング業者
カジタク人気No.1おまかせマイスターおそうじ本舗
\ キャンペーン中 /
※お知らせ※

エアコンクリーニング取材協力画像

【カジメモ】では全国のエアコンクリーニング業者を独自に徹底調査し、実際に様々な業者でサービスを申込んで、クリーニングを体験したり、運営会社に取材を行い、プロの意見を聞いた上で記事を作成しました。

\ 【2023年1月27日更新】 /

エアコンの風量が弱い主な原因

エアコンの風は、フィルター⇒熱交換器⇒ファン⇒吹き出し口の順番で風が通っていきます。

エアコンの構造

この風が循環される過程のどこかに問題があると、風量が弱くなったり、最大にしても吹き出される風の量が変わらないなどといった不具合が生じる場合があるのです。

そこでまず初めに、エアコンの風量が弱い時に考えられる主な原因について紹介します。

風力が弱い・不安定な時の最も多い原因はエアコン内部の汚れ

エアコンの風力低下の原因の中でも、最も多い原因は「エアコンの汚れ」です。

エアコンをずっと使用していると、月日の経過と共にエアコン内部にはどんどんほこりやカビなどの汚れが溜まっていってしまいます。

エアコン内部の汚れが溜まると、上記でも説明した風の循環に問題が生じてしまい、それにより吹き出される風量が弱くなったり不安定になってしまうのです。

おそうじ革命体験談:掃除前のエアコン

汚れを放置しすぎて風量が弱くなったエアコン

さらに、エアコン内部に汚れが溜まっていると、風量が弱くなってしまうだけではなく、アレルギー性鼻炎や気管支喘息など体に悪影響を与えてしまったり、風が弱くて全然部屋が冷えないのに電気代だけは高くなってしまったりと、多くのデメリットしかありません。

エアコンの汚れが原因で起こる可能性のあるさまざまなデメリットについては、「エアコン汚れを放置するデメリットは?こんな時はすぐエアコン掃除を」の記事で詳しく紹介しているので、ぜひこちらもあわせてチェックしてみて下さい。

エアコン汚れを放置するデメリットは?こんな時はすぐエアコン掃除を
エアコンクリーニングをせずに汚れを放置するデメリットを解説しています。特に大きなデメリットは、カビ菌を放置すると人体に影響を与えてしまうことです。ですので1年に1回は業者に頼んでエアコンクリーニングを行いたいところです。

室外機が原因で風量低下の可能性も

エアコン掃除をしたばかりで汚れは溜まっていないはずなのに風量が弱いという時は、室外機も確認してみましょう。

カジタク 室外機

室外機は元々屋外に設置するものなので、雨風や汚れには強いように作られていますが、想像以上に汚れてしまっているとエアコンの効き具合にも影響が出てしまうのです。

さらに、室外機の周りに何か物が置かれていたり、直射日光が当たっていると室外機が上手く機能せずに、エアコンの効きが低下してしまう事があります。

エアコンの部品の機能悪化と故障による風力低下

エアコン本体や室外機が汚れている訳でもないのに、風量を強にしても強くならない場合は、エアコンの部品の劣化や故障の原因が考えられ、主に故障している可能性が高い部分は「ファン」「センサー」です。

エアコンのファンとセンサー部分

エアコンのファンは風を作り出すエンジンの役割をしているので、ファンの機能が低下したり故障していると強い風を作り出せなくなり、風量が低下する原因になります。

また、センサー機能が不具合を起こしている場合でも、正しい情報をエアコン本体が検知しなくなってしまうので、場合によっては風量を上げる事が出来なくなってしまう事もあるのです。

エアコンの汚れや室外機の周りに異常はないのに風量を上げられない時は、エアコンの部品が故障してしまっている可能性が高いので、修理業者やメーカーに問い合わせをして新しい部品に交換してもらいましょう。

エアコンの風量が弱いと感じた時の改善方法

エアコンの風が弱い原因が故障だとしたら、修理を依頼するかエアコンを新しく買い替える必要がありますが、故障ではなくエアコンの汚れなどが原因だった場合は、ここで紹介する改善策が参考になると思いますので、順番に紹介していきます。

フィルター掃除で不安定な風量を改善

風量が強くならないほとんどの原因は、フィルターに汚れが詰まっていて空気の吸い込みが悪くなっている事が原因なので、フィルター掃除をするだけで不安定だった風力が回復する場合が多いです。

フィルター シャワー

エアコンのフィルター掃除はとても簡単なので、頻度としては2週間に1度くらいで行うと効果的です。

さらに、フィルター掃除をすると風量が改善するだけではなく、約5%の節電効果もあります。

その為、もしもずっとフィルター掃除をしていなくて風量が不安定で困っている場合は、「エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説」の記事を参考にして、ぜひフィルター掃除をしてみて下さい!

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説
エアコンのフィルター掃除は意外と簡単に自分でできるものです。ここではエアコンフィルターの掃除を自分でやる方法を分かりやすく解説していきます。フィルター掃除でエアコンの効きが驚くほど改善しますので、掃除が苦手という方も是非挑戦してみて下さい。

室外機の周りを見直して風量改善

風量が変わらない原因が室外機にあった場合は、室外機を綺麗にしたり、周りにある物を移動させてスペースを空け、出来るだけ風通しを良くしてスムーズに空気が循環できるようにする事をおすすめします。

また、室外機が直射日光に当てられていた場合もエアコンの効きが悪くなってしまうので、その場合は日よけシートなどを使って室外機に直射日光が当たらないように工夫しましょう。

室外機日よけカバー

室外機を掃除する際の方法や、汚れたまま放置する悪影響などについては「エアコンクリーニングで室外機掃除も必要?どんな時掃除すべきなのか」の記事でまとめているので、こちらもぜひチェックしてみて下さい!

エアコンクリーニングで室外機掃除も必要?どんな時掃除すべきなのか
エアコンを稼働させるのに欠かせない室外機ですが、どんな時に掃除が必要なのかなど疑問に思ったことはありませんか?この記事では室外機はどんな時に掃除をすればいいかや自分で出来る室外機のお手入れ方法を紹介しています。

風量の弱いエアコンをプロの業者に掃除して貰った体験談

カジメモ編集部では、以前エアコン掃除を5年以上放置していたせいで、風量を強にしても全く風の強さが変わらないエアコンの掃除を、プロのエアコンクリーニング業者に依頼してみました。

こちらがそのエアコンですが、フィルターにもエアコンの内部にも大量のほこりが溜まり、所有者は部屋でもタバコを吸う為、エアコン全体にヤニ汚れがびっしりと付着しています。

フィルターやファンに溜まった汚れ

カジメモ編集部
この汚れがどれだけ綺麗になって、風量の弱さも改善されるのかどうか、実際に私が体験したリアルな感想を紹介していきます!

風量が低下している原因の汚れをしっかり洗い流してくれた

エアコンクリーニング業者のスタッフが到着したら、まずは内部の汚れもしっかり落とす為にエアコンを分解していきます。

アールクリーニング体験 分解

エアコンのカバーを外してみると、フィルターやファンだけではなく、熱交換器の部分にもヤニ汚れがびっしりと溜まっていました!

アールクリーニング体験 熱交換器のヤニ汚れ

カジメモ編集部
これだけ大量の汚れが溜まってたらエアコンの風量を最大にしても弱いままで変わらないのは当然です…。

5年間溜まりに溜まった汚れの量は凄まじく、洗剤を吹きかけただけで汚れが雫になってポタポタと垂れていくのが分かりました。

アールクリーニング体験 ヤニ汚れ混じりの洗剤

洗剤を汚れに浸透させている間に、風力低下の一番の原因であるフィルターの汚れもしっかり洗浄してくれて、洗剤が浸透したのを確認したら、高圧洗浄機で内部の汚れを一気に洗い流していきます!

風量低下の原因だった汚れを洗い流す

高圧洗浄作業中に水が流れ落ちるバケツを確認すると、高圧洗浄を始めたばかりなのにすでに大量のほこりやヤニ汚れが汚水となって溜まっていました!

アールクリーニング体験 汚水

カジメモ編集部
フィルターや熱交換器に溜まった大量の汚れで、風量が弱い原因は絶対に汚れのせいだと改めて分かったので、高圧洗浄で洗い流された大量の汚水を見た時点で、これなら弱かった風量も絶対に回復してくれるという確信を感じました!

エアコンクリーニングで低下していた風力が回復

エアコンクリーニングの全ての作業が終わり、作業前と作業後のビフォーアフターを見比べると、フィルターや熱交換器に溜まっていた汚れは綺麗さっぱり無くなっています!

アールクリーニング体験 フィルターのビフォーアフター

アールクリーニング体験 アルミフィンのビフォーアフター

カジメモ編集部
5年分の大量の汚れがあったとしても、エアコンクリーニング業者なら強力な洗剤や高圧洗浄機を使ってわずか1時間程度で完璧に綺麗にしてくれるという事が分かりました!では汚れが落ちた事により、低下していた風力はどうなったのでしょうか?

今まで風量を強にしても弱いまま変わらなかったエアコンでしたが、エアコンクリーニング後に運転させたところ、掃除前とは比べ物にならない強い風力でエアコンが動き出しました!

弱い風量が回復したエアコン

カジメモ編集部
エアコンクリーニング後に風力が回復した事で、改めて汚れが溜まっていると風力低下に繋がるという事が分かりましたし、今回プロに依頼したおかげで風量も元に戻って大満足の結果です!

エアコン内部の掃除を市販のスプレーを使って自分で行ったり、今回のエアコンのように汚れを長年放置してしまうとエアコンの故障に繋がり、今度は故障が原因で風力が低下してしまう場合があります。

その為、自分で掃除をするのはフィルターの汚れだけにして、エアコン内部の掃除はプロのエアコンクリーニング業者に任せるようにしましょう!

2年に1度くらいの頻度でエアコンクリーニングを依頼しておく事で、風量も不安定にならず快適にエアコンを使う事が出来ますよ!

\ 迷ったらココがおすすめ! /

2023年 実績No.1「おそうじ本舗」

おそうじ本舗公式サイト:
https://www.osoujihonpo.com/

おそうじ本舗は他社と比較してもサービスの質・料金・安心感で最もコストパフォーマンスが高いエアコン掃除業者です。

口コミの評価も高く、良いサービスを安く受けたい人にピッタリな業者。

各都道府県に必ず店舗があり、190万人もの人に利用されています。

エアコン洗浄後、菌に効果がありカビを発生しにくくする効果のある他店で数千円することもある「オリジナル防カビ剤仕上げ」無料サービスで他社よりもかなりお得!

エアコン掃除を業者に依頼するなら最もおすすめしたい業者です!

1月は暖房の利用を本格的に利用する時期で、エアコンのメンテナンスに非常におすすめの時期!エアコン内部の汚れをリセットする絶好のタイミングなのですぐにでも予約を行ってエアコンクリーニングを行いましょう!

おそうじ本舗
割引キャンペーン情報
  • エアコンクリーニング:約1年間汚れにくくなる「オリジナル防カビ剤仕上げ」無料サービス!
  • 2023年1月31日まで:映画「かがみの孤城」の公開記念でおそうじレスコーティング抽選で5名様にかがみの缶ミラープレゼント
  • キャンペーン終了まで、あと4日!お見逃しなく!

下記でキャンペーン詳細やクーポンの使い方について詳しくまとめています。

【2023年1月】おそうじ本舗のお得な割引クーポンやキャンペーン情報
【2023年1月更新】おそうじ本舗では2023年1月6日(金)~1月31日(火)を応募期間として、映画「かがみの孤城」の公開記念でプレゼントキャンペーン開催中!また最新のお得なエアコンクリーニングクーポンコードや店舗チラシ情報も随時更新!

↑【人気No.1】エアコン掃除業者↑

エアコンの風量が不安定になる事を防ぐ予防方法

エアコンの風量が弱い時の原因は、主にフィルターやエアコン内部の汚れが原因です。

おそうじ革命体験談:フィルターの汚れ

そこで次に、風力低下の原因となる汚れが、エアコンに溜まりにくくなる使い方について説明していきます。

部屋の換気をする

エアコンの内部やフィルターに汚れが溜まりにくい環境にするには、エアコンをつける前に部屋の換気を行うようにしましょう。

部屋の換気

エアコン稼働前に部屋の換気をしておく事によって、部屋の空気中に舞っているほこりが外に排出されるので、エアコン内部にほこりやカビが溜まりにくくなるのです。

換気の必要性については「エアコンで換気はできないって本当?エアコンの換気の必要性を解説!」で更に詳しくお話しているので、こちらもチェックしてみて下さい。

エアコンで換気はできないって本当?エアコンの換気の必要性を解説!
エアコンを頻繁に利用する夏や冬などの季節は、つい換気を疎かにしてしまいがちではないですか?換気しないと、室内の空気が汚れて病気のリスクやエアコンにも影響が出てしまいます。この記事では、換気の必要性について解説しますので参考にしてみて下さい。

エアコンは必要な時間だけ運転させる

長時間外出する時や、就寝時などは、エアコンの電源を切っておくかタイマー機能を活用して必要な時間だけエアコンの運転をさせましょう。

エアコン タイマー点滅

エアコンを稼働させていると、空気を吸い込む際にどんどん部屋中に漂っているほこりを吸い込んで、フィルターに汚れが溜まっていってしまいますが、エアコンの稼働時間が減ればその分空気中のほこりをエアコンが吸い込む事もありません。

ただし、数分程度の外出や、少し自室から離れる時までこまめにエアコンの電源を切っていると、次にエアコンをつけた時に電気代も多くかかってしまうので注意が必要です。

エアコンにかかる電気代については「エアコン掃除で電気代が安くなる?驚異の節約術!」の記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にして下さい。

エアコン掃除で電気代が安くなる?驚異の節約術!
この記事ではエアコン掃除や自分で出来る節電方法で電気代が安くなる方法を紹介しています。エアコンが汚れてると無駄な電気代がかかってしまい、その損失分をなくすことで電気代の節約に繋がります。この記事を参考にエアコン掃除をして頂ければと思います。

風量が弱いと感じたら故障を疑う前にエアコン掃除をしよう

エアコンの風が全然出なかったり、風力が強くなったり弱くなったりで不安定だなと感じたら、エアコンが故障している可能性もありますが、まずはエアコンの汚れや室外機の状況を確認してみて下さい。

エアコンの内部やフィルターが汚れていた場合は、その汚れが原因で風量が弱くなっている可能性が高いです。

フィルター掃除は自分でも簡単に行う事が出来ますが、エアコン内部まで自分で掃除しようとすると故障やさまざまな危険があるので、エアコン内部の掃除はプロのエアコンクリーニング業者に依頼する事で、風量が弱くなっている原因のカビやほこりを完璧に取り除いてくれます!

エアコンクリーニングの体験画像

エアコンクリーニングは2年に1回の間隔で定期的に行う事で、節電効果やエアコンが長持ちする秘訣にも繋がる為、ぜひ日頃から心掛けてみましょう。

エアコンクリーニングおすすめ業者
【安さNO.1】おまかせマイスター【実績NO.1】おそうじ本舗

コメント

タイトルとURLをコピーしました