エアコンクリーニングでアトピー対策?かゆみの原因はまさかのアレ!

エアコンクリーニングでアトピー対策コラム

エアコンをつけると、皮膚がかゆくなることはないでしょうか?

この症状はアトピー性皮膚炎と呼ばれていて、ひどく搔いてしまうと肌がボロボロになったり、夜の睡眠が浅くなったりと、生活に大きな支障が出てきます。

本記事では、エアコンをつけると痒くなる原因や、エアコンクリーニングがアトピー対策になるのか?を紹介したいと思います。

人気のエアコンクリーニング業者
くらしのマーケット人気No.1おそうじ本舗おまかせマイスター
\ キャンペーン中 /

エアコンをつけるとかゆい!アトピー症状の原因とは

それでは早速、エアコンをつけるかゆくなる、アトピー症状の原因を見ていくことにしましょう。

アトピー性皮膚炎の原因はエアコン内部のカビやハウスダスト

エアコンをつけたとき、アトピー性皮膚炎が発症する原因として考えられるのは、エアコン内部のカビやハウスダストが考えられます。

まずカビに関してですが、「エアコンクリーニングは必要?1年掃除してないエアコンで検証!」の記事でも詳しく解説しているとおり、1年以上エアコンクリーニングをしていないエアコンの内部には、カビがびっしり生えています。

おそうじ革命体験談:エアコン内部の汚れ

この状態でエアコンを使ってしまうと、部屋中にカビの胞子がばらまかれるのは容易に想像がつきますよね。

通常アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚のバリア機能が低下していますが、エアコン内部から飛び出すカビの胞子が皮膚に付着することで炎症を起こし、結果として痒みが出てしまうことがあります。

また、衣類などから出る繊維のクズ、ペットの毛、ダニの死骸やフンなどのハウスダストが、かゆみの原因になる場合もあります。エアコン内部や部屋の中にあるハウスダストが、エアコンの風にのって皮膚に付着することでアレルギー反応が出て、アトピー性皮膚炎が発症してしまうのです。

つまり、エアコンをつけたときのかゆみの原因の一つは、エアコン内部のカビやハウスダストということになります。

エアコンクリーニングは必要?1年掃除してないエアコンで検証!
エアコンを1年掃除してないと、どの位汚れやホコリ、カビが溜まっているか、プロに依頼して内部の汚れを検証!「1年ぶりにエアコンをつけるけど、エアコンクリーニングは必要なの?」とエアコン洗浄の必要性に疑問を感じている方は是非参考にして下さい。

エアコンによる乾燥でも痒みが出ることがある

また、カビやハウスダスト以外に、エアコンによる乾燥でも痒みが出てしまうことがあります。

エアコンは乾燥しやすい暖房器具だった!加湿による対策は必須!?」の記事でも紹介していますが、とくに冬場のエアコンは非常に乾燥しやすい器具です。(もちろん夏場であっても、乾燥する場合はあります)

部屋の空気が乾燥すると、皮膚の水分量が失われ、皮膚を守るプロテクト機能が低下します。皮膚は適度な湿度があることで守られているのですが、そのバリアがなくなってしまうのです。

その結果として最近から皮膚を守ることができなくなり、アトピー性皮膚炎が発症しやすい状態になることから、収まらない痒みが生じることになるのです。

つまり、エアコンをつけたときのかゆみの原因のもうひとつは、エアコンによる乾燥ということになります。

エアコンは乾燥しやすい暖房器具だった!加湿による対策は必須!?
実は暖房器具の中でも乾燥しやすいエアコン。物を燃やしている訳でもないのに部屋が乾燥してしまう理由とは?乾燥が原因で起こる気を付けたいトラブル、乾燥対策におすすめの加湿方法や湿度はどの位にすれば良いか目安も一緒に解説していきます。

エアコンクリーニングはアトピー対策になるのか

それでは実際のところ、エアコンクリーニングはアトピー対策になるのでしょうか。

エアコンクリーニングでカビやハウスダストを取り除ける

エアコンクリーニングというのは、プロの技術力をもった専門家がエアコンを分解し、特殊な洗剤や高圧洗浄機を使って汚れを落としてくれる行為のことをいいます。

エアコンクリーニング体験談:高圧洗浄

実際にカジメモ編集部では「エアコンクリーニングの体験談」にまとめているとおり、多くのエアコンクリーニングを実際に体験してきました。

エアコンクリーニングの体験談
エアコンクリーニングを業者に実際に頼んでみた体験談や取材でわかったレビューをまとめています。

そのときに目にしたのは、素人では絶対に落とせない量の汚れをしっかり落としてくれるということです。以下の写真は、実際にエアコンクリーニングを業者にしてもらったときに出た、真っ黒な水です。

おそうじ革命体験談:バケツに溜まる黒い水

こんなに真っ黒な黒い水が出てくるのは、驚きますよね。

ちなみに、この黒い水の正体こそがアトピー性皮膚炎の原因の一つであるカビやハウスダストです。

エアコンクリーニングはアトピー対策になる

黒い水を見てご理解いただけたかと思いますが、エアコンクリーニングはアトピー対策になるのか?の結論は、「十分アトピー対策になる」となります。

なぜかというと、エアコンクリーニングによってアトピー要因となっているカビやハウスダストをキレイに取り除くことができることからです。とくに長年に渡ってエアコンクリーニングを行っていない場合は、思いのほか汚れが溜まっていますので、より効果を感じられることでしょう。

もちろんアトピー性皮膚炎の原因はエアコン内部の汚れ以外の可能性もあることから、完治とはまではいかないかもしれません。ただ、エアコンクリーニングによってアトピー性皮膚炎の要因の一つが取り除けることから、症状緩和が期待できます。

そういったことから、このままエアコンのカビやハウスダストを部屋中に撒き散らし、アトピー性皮膚炎に悩み続けるのであれば、少し腰をあげてエアコンクリーニングを行うのが賢明といえるでしょう。

なお、エアコンクリーニングをしたいけど、どこの業者がいいの?という疑問も出てくることでしょう。業者の正しい選び方は「はじめての方必見!エアコンクリーニング業者の選び方」にまとめていますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

はじめての方必見!エアコンクリーニング業者の選び方
エアコン掃除を業者に依頼したいけど「どうやって選んでいいかわからない」方も多いかと思います。この記事では初心者でも失敗しないエアコンクリーニング業者の選び方のコツやどこに頼むのがいいか、はじめて依頼する方にもわかりやすいように業者を比較しながら徹底解説します。

アトピー予防!エアコンによる乾燥を防ぐ加湿方法

エアコンでアトピーが発症する原因は、内部の汚れと、もう1つはエアコンによる乾燥です。内部の汚れはエアコンクリーニングをすれば解決しますが、乾燥はどのように予防していけばいいのでしょうか。アトピーの原因となるエアコンによる乾燥を防ぐ加湿方法をいくつか紹介します。

加湿器を使ってエアコンの乾燥を防ぐ

まずエアコンによる部屋の乾燥を防ぐ手段として利用したいのは、加湿器です。とくに冬の間は部屋の乾燥が促進されてしまうので、加湿器を活用することで部屋の乾燥を防ぎましょう。

ちなみに加湿器を利用するときのポイントとしては、窓際を避けることと、エアコンの風が直接当たらない場所におくことです。窓際に置いてしまうと部屋全体に加湿が行き渡らないのと、エアコンの風が直接当たると誤作動してしまう可能性があるためです。

加湿器を使うと部屋の湿度が低くなりすぎるのを防ぐことができ、結果としてひどいアトピー性皮膚炎の症状に悩みづらくなりますので、ぜひ活用したいところです。

部屋の中で洗濯物を干す

部屋の中で洗濯物を干すのも、部屋の中の湿度を高く保つために有効です。

洗濯物にはたくさんの水分が含まれていますので、乾燥する過程で部屋の湿度を高くすることができアトピー対策になります。

実際にエアコンをつけると部屋の空気が循環されやすくなっていて洗濯物も乾きやすいので、いいことづくめですね。

鍋物や煮物などの料理をする

キッチンで鍋物や煮物などの料理をするのも、部屋の中の湿度を高めることができるので、効果的です。焼き肉、焼き魚などにプラスして、湯気が出るものも意識して、献立に取り入れてみるといいでしょう。

なお、料理するときに換気扇を全力でつけてしまうと湿度がすべて吸い取られてしまい、湿度が高い状態を作ることができませんので、換気扇の強弱はうまく調整したいところです。

お風呂場と部屋の扉をあける

お風呂場と部屋が扉でつながっている場合は、扉をあけることで、お風呂場の湿度を部屋の中に運ぶことも可能です。

お風呂場のいい香りが部屋の中に運ばれるので、アロマ効果もあります。ただこちらは長時間やってしまうと、湿度が高くなりすぎてカビの原因になってしまうこともありますので、数分だけにしましょう。

以上が部屋の中の湿度を高めてエアコンによる乾燥を防ぎ、アトピー症状を予防する方法でした。ちょっとした心がけでできるものばかりですので、もしも部屋の乾燥が原因でアトピー症状が出てしまっていた場合には、エアコンクリーニングとあわせてぜひ実践してみていただけたらと思います。

\ エアコン掃除はおそうじ本舗 /

公式サイト:
https://www.osoujihonpo.com/

エアコンクリーニングと部屋の加湿でアトピー対策を

エアコンクリーニングの体験画像

本記事では、エアコンをつけたときにアトピー症状が出る原因は、エアコン内部のカビやハウスダストであるということ、また部屋の乾燥であることをお伝えしました。

そしてエアコンクリーニングを行うことでアトピーの要因となっているカビやハウスダストを取り除けるのでアトピー対策になること、またエアコンによる乾燥を防ぐ方法として加湿器を利用したり、部屋の中で洗濯物を干すといった方法を紹介しました。

実際にアトピー性皮膚炎の痒みは、強いかゆみのある湿疹が出来る症状で、本当に嫌なものかと思います。強いかゆみは日々の生活にも支障が出てきますし、ときには夜も眠れないほどの症状が出てしまうこともあります。

ぜひ本記事で紹介した方法を実践して、エアコンをつけたときの嫌なアトピー性皮膚炎の症状を、少しでも緩和していただけたらと思います。

なお、アトピー性皮膚炎の要因をエアコンクリーニングで解消したい場合、おすすめ業者は「エアコンクリーニング業者比較!おすすめランキング&割引情報」にまとめています。30社以上の有名業者を比較した上でのランキングですので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

【2021年9月】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報
エアコン掃除業者比較サイト【カジメモ】は、あえて“エアコンクリーニングに特化”したからこそわかった、本当におすすめな業者ランキング・最新の割引情報など、エアコンに関する総合情報をお届けするサイトです。 エアコン掃除を業...

コメント

タイトルとURLをコピーしました