エアコンクリーニングにベストな時期はいつなのか?

エアコン前でくつろぐ猫知っておきたい基礎知識
この記事は約7分で読めます。
人気のエアコンクリーニング業者
イオンのカジタク人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

エアコンクリーニングは春がオススメ!秋や年始もあり!

エアコンクリーニングの依頼は、夏場にピークを迎えます。6月の梅雨の時期にエアコンのスイッチを入れて「なんかニオうな~」とカビ臭さを感じるところからはじまり、夏の暑さが残る9月くらいまでコンスタントに依頼が集中します。

ただ夏のエアコンクリーニングの依頼が集中しているときに行うのは、予約が取りづらいこともあり、あまりオススメ出来ません。かといって部屋の空気がカビで犯されてしまう事態は避ける必要があります。

じゃあエアコンクリーニングはいつ依頼するのがベストなの?ということですが、一番のオススメは「春」になります。なぜかというと、以下の3つの理由があるからです。

夏にかけてのカビ繁殖を防げるため

エアコンのカビは冷房を利用しているときに繁殖します。春のうちにエアコンクリーニングを行っておくと、梅雨から夏にかけてカビの繁殖を防ぐことが出来て、快適な空気で夏を過ごすことが出来ます。

繁忙期に比べて予約が取りやすいため

エアコンクリーニングの予約は夏場と年末に集中します。とくに夏場はかなり混み合ってしまい、エアコンクリーニングを行ってもらえるのが1カ月以降も先になってしまうこともあるくらいです。その半面で春は比較的空いていて、予約を取りやすいことが多いです。

割引キャンペーンを利用出来るため

夏場の予約殺到を分散させるため、春はエアコンクリーニング会社で割引キャンペーンをやっていることが多いです。なお割引は1,000円~2,000円単位で実施している業者もありますので、頻繁にチェックしてみるといいと思います。

春

上記3つの理由から春が一番のオススメになります。

ただ春を逃してしまった場合には、夏場の繁忙期が一段落する「秋」や年末の大掃除シーズンの後の「年始」も比較的予約を取りやすいため、エアコンクリーニングを利用するタイミングとしてはオススメです。

また、どうしても!という場合は繁忙期の夏場や年末に依頼するのもありですが、値段が割り増しされていたりすぐに予約を取れない、という事態は覚悟しておく必要があります。

そもそもどんなときエアコンクリーニングを頼む必要あり?

タイミング

ちなみにどんなとき、エアコンクリーニングを依頼した方がいいのでしょうか?きっかけとなるタイミングをみていくことにしましょう。

エアコンクリーニングの頻度の目安!このサインが掃除のタイミング
エアコンクリーニングの適切な頻度や必要性、こうなったらすぐにでもお掃除した方がいいタイミングなどをまとめました。また、ご家庭でも簡単に可能なエアコンフィルターの掃除方法などをご紹介します。

1~2年掃除をしてないとき

フィルター掃除をするなどのセルフケアを全くしていなかったり、長時間のエアコン利用がある場合には、1年に1回くらいはエアコンクリーニングをしたいところです。逆に2週間に1回くらいセルフケアを行っている場合には、2年に1回くらいの頻度が適切かと思います。

カビ臭さを感じたとき

冷房をつけたときカビ臭さを感じたときは、確実にエアコン内部にカビが繁殖していますので、すぐにエアコンクリーニングを依頼した方がいいでしょう。

くしゃみが多発したり、液状の鼻水が頻繁に出るようになったとき

カビの菌が部屋中に蔓延すると、体質によってはくしゃみが多発したり、液状の鼻水が出るようになります。エアコンをつけてるときにこのような症状が出た場合には、綺麗にしてもらう必要があります。

赤ちゃんが生まれるとき

赤ちゃん

もしもいま赤ちゃんがいたり今後生まれる予定があるなら、その前にエアコン掃除をしておくと良いです。なぜかというと、エアコン内部に増殖したカビは、「くしゃみ」「喘息」「アトピー」などの原因となるからです。

エアコンクリーニングを怠っているとエアコン内部にカビが増殖し、その状態でエアコンを利用すると菌や胞子を部屋全体にまき散らすことになってしまうので、免疫力の低い赤ちゃんはたちまち影響を受けてしまうので注意が必要です。

なお赤ちゃんが生まれるときにはエコ洗剤を利用している業者もおすすめなので、ぜひ以下の記事も参考にしてみて下さい。

エアコンクリーニングのエコ洗剤ってどうなのか?
エアコンクリーニングに利用される洗剤には、「合成洗剤」「エコ洗剤」の二種類があります。合成洗剤は危険でエコ洗剤は安心!というイメージを世間では持たれていますが、実際のところどうなのでしょうか?その辺りの疑問を紐解いていきます。

このままじゃ危険!カビを吸い続けると出る症状

エアコンカビ

ちなみにエアコン内部で増殖してしまったカビを吸い込み続けるとどうなってしまうのでしょうか?代表的な3つの症状を見ていきましょう。

喘息(ぜんそく)

カラダの免疫力が低下しているときには喘息(ぜんそく)の症状が出てしまうことがあります。特に梅雨のジメジメした季節に咳がひどく出てしまうようであれば、カビアレルギーの可能性があります。

アレルギー性鼻炎

くしゃみや鼻水、さらには鼻づまりといった症状が出るときは、エアコンのカビを原因としたアレルギー性鼻炎かもしれません。水のようなさらさらした鼻水が出るのが特徴です。アレルギー性鼻炎は一年を通して悩まされることが多いですが、特に真夏や真冬など、部屋の中を閉め切った状態のときに発症しやすいです。

アトピー性皮膚炎

主にかゆみを伴う皮膚疾患です。エアコンのカビが原因で蕁麻疹や湿疹などの症状が出てしまうことがあります。

上記のとおり、エアコンクリーニングを怠ると菌やカビを部屋中にまき散らしてしまい、カラダに不調をきたすことになってしまいます。

もしもカビ臭さを感じなかったとしても確実にカビは繁殖を続けていますので、ある日突然症状が出ることもあります。ですのでもしも上記のような症状が出なかったとしても、定期的にエアコンクリーニングを行っておいた方がいいかと思います。

エアコンクリーニングを行う3つのメリットとは

メリット

エアコンクリーニングを行うことで、様々なメリットがあります。代表的な3つのメリットを見ていくことにしましょう。

エアコンクリーニングのメリットは?実はこんなに多かった!
エアコンクリーニングは本当にやる意味があるのか?そう思っている人も居るかもしれませんが、実はエアコンクリーニングには非常に多くのメリットがあるんです。今回はエアコンクリーニングのメリットについて分かりやすく解説していきます。

アレルギー性鼻炎などの病気予防になる

エアコンをつけると咳が出たり、くしゃみが出たりすることがあります。そんな症状の原因はエアコンから吐き出されたカビの胞子です。エアコンクリーニングを行うことで、アレルギー性鼻炎などの病気予防になります。

電気代が安くなる

エアコンクリーニングを行うと電気代が安くなることがあります。一般的にエアコンは30%の風力が損なわれた状態だと、15%も電力を消費すると言われています。エアコンクリーニングを行うことで度合いによっては電気代を安く抑えることも出来ます。

エアコンの嫌な臭いがなくなる

エアコンの臭いで多い悩みは、カビ臭さです。これはエアコン内部のカギ菌が原因となりますが、プロのエアコンクリーニング業者は、パーツを一つ一つ分解して、それぞれ汚れを落としていきます。エアコンクリーニング専用の洗剤でそれぞれ汚れを落として、エアコン内部の黒カギやホコリも一層してくれるので、カビ臭さがなくなります。

メリット多い

このようにエアコンクリーニングを行うと大きなメリットもあります。

とくにフィルター掃除を一切せずに、夏や冬に長時間エアコンを使用していた場合はフィルターが汚れてしまいエアコン内部に汚れが溜まっている可能性があるため、しっかりと行う必要があります。

またアレルギー体質のときには怠らずにエアコンクリーニングをしたいところです。

こんなエアコンは買い替えも検討しよう

エアコンクリーニングNG

エアコンクリーニングをする以前に、以下のような症状があるときには、買い替えを検討した方がいいかもしれません。

エアコンをつけると変な音がする

エアコンから変な音がしたり、急に大きな音がするようになったときは、室内機の吹き出し口が故障していたり、室内機のコンプレッサーが故障している可能性があります。

全然冷えない(暖まらない)

冷風や温風が全く出ないときは、冷媒ガスが漏れてしまっている可能性が考えられ、漏れている場合は修理が必要です。

ただフィルターがホコリで詰まってしまっていて送風がスムーズにいっていないだけの可能性もあります。このような場合は買い替えせず掃除で対応出来ますが、放置してしまうと故障するリスクがあるので、早めに掃除をしておく必要があります。

室内機から水が漏れている

室外機

冷房をつけているとき室内機から水が漏れてしまう場合は、外にあるドレンホースに問題がある可能性があります。ドレンホース上に障害物が置かれていたり、折れ曲がっていないか確認して障害があった場合は取り除くようにします。

逆に水がちゃんと排水されているときは、室内機のフィルターの汚れで水が溜まっている場合があるので、フィルター掃除をすると改善される場合があります。それでも室内機の水漏れが解消しない場合は、故障している可能性があります。

プロに頼もう!業者を選ぶときの3つのポイント

クリーニングポイント

ちなみにエアコンクリーニングはフィルター清掃であれば自分で行うこともできますが、カビの生えた内部の清掃は業者に頼むのが無難です。それではエアコンクリーニングを業者に依頼するときのポイントを見ていくことにしましょう。

初心者必見!エアコンクリーニング業者の選び方
エアコン掃除を業者に依頼したいけど、「どうやって選んでいいかわからない」初心者が自分に最適なエアコンクリーニング業者の選び方のコツやどこに頼むのがおすすめか、業者を比較しながらわかりやすく徹底解説します。

明確な料金体系になっている

まず料金体系を確認します。安いだけの業者の場合、追加料金があったり各種オプションが必要になることがあります。あとで考えてもいない徴収がないように、事前に確認しておくといいでしょう。

賠償責任保険に入っている

エアコンクリーニング中の作業のミスなどで、エアコンが故障してしまったり不具合が生じてしまう場合があります。賠償責任保険に加入している業者であれば、安心して任せることが出来ます。

長年の実績があり信頼できる

長年の実績や知名度は、業者選びをするときの参考になります。たくさんの実績があるのであれば、サービスなどがすぐれていると推測出来るからです。年間どのくらいの件数のエアコンクリーニングを行っているか明示しているところもありますので、参考にしてみるといいと思います。

その他の知っておきたい基礎知識

コメント

タイトルとURLをコピーしました