エアコンクリーニング後の保証期間はどれくらい?気になる真実を解説

保証期間アイキャッチ知っておきたい基礎知識

エアコンクリーニングをした後の保証期間ってどれくらいなんだろう?とふと疑問に思ったことあるのではないでしょうか?

エアコンが万が一、故障した時にはちゃんと補償してくれるかなどはエアコンクリーニングを依頼する前に知っておきたい所だと思います。

この記事では、エアコン掃除を依頼する前に知っておきたい保証期間などの対応を解説していきます。

人気のエアコンクリーニング業者
くらしのマーケット人気No.1おそうじ本舗ベアーズ
家事代行のベアーズ【エアコンクリーニング】
\ キャンペーン中 /

エアコンクリーニング業者の保証期間について

チェックシート

保証期間はどれくらいなの?

エアコンクリーニングの保証期間は、どの業者も基本的に作業終了後の三日以内が目安で、保証期間が長い業者でも一週間以内となっています。

エアコンクリーニングをしてもらって、ある程度時間が経った時に故障したケースもあるかと思いますが、エアコンクリーニングが原因の故障であれば、作業が終わってからすぐに症状が出ます。

3日以上経過した後の故障ですと、エアコンクリーニングが原因かどうか定かではありませんので保証を受けるのは難しいと考えた方が良いです。

ほとんどのエアコンクリーニング業者は損害賠償保険に加入している

エアコンクリーニング業者は、大手や小規模など関係なく、必ずと言っていいほど損害賠償保険に加入しています。

万が一、家具や床や壁に破損などの損害が出た場合は、両者話し合いの元で最終的に業者に100%責任があると判断された場合は損害賠償保険が適用されますので、弁償をしてもらうことができます。

ですが、中には稀に損害賠償保険に加入していない業者もいますのでエアコン掃除を依頼する際は念の為に保険への加入の有無があるのか確認するのが良いでしょう。

古いエアコンは保証対象外になる場合がある

10年以上の古いエアコンとなると、エアコンクリーニング自体を断られるケースがあります。

10年以上使ってるエアコンは経年劣化で部品の破損や故障が起こりやすいので、エアコンクリーニングの依頼ができても保障されないと考えておく必要があるでしょう。

知名度のある大手エアコンクリーニング業者でも、10年以上のエアコン掃除は作業を断るケースが大半です。

仮にクリーニング中に破損したとしても経年劣化として見られ、修理をしてくれない場合もあります。

特に賃貸マンションなどにお住まいの場合は、エアコンが故障した場合は入居者が負担するケースなども契約書上でありますので注意した方が良いでしょう。

又、エアコンが古かったり故障を疑っている場合はエアコンの買い替え時はいつ?故障を疑う前に知っておきたいことをチェックしてもらえたらと思います。

エアコンの買い替え時はいつ?故障を疑う前に知っておきたいこと
エアコンの買い替え時っていつなのか知っていますか?実は意外に知らない方も多いのではないかなと思います。エアコンの故障を疑う前に知っておきたいことやエアコンを買い替えた方がいい時の前兆などについて今回はお話していこうと思います。

エアコンクリーニング中に故障した場合は保証してもらえるの?

疑問

エアコンのパーツであれば補償してもらえる

作業中に破損などのトラブルが発生した場合は、使用年数が10年以下のものであれば破損したパーツを弁償してもらうことができます。

又、エアコン本体ではなく、近くに置いてある家具やエアコン周りの壁や床などが汚れたり破損したりするケースも少なからずあります。

その場合、基本的に依頼者側の不注意として弁償してもらえないので、破損や汚れを避けたい家具などは業者が来る前に違う部屋に移動しておくようにしましょう。

一人暮らしで他の部屋がない場合などは、エアコンからなるべく遠くに家具を移動するようにして下さい。

エアコン以外の物を破損してしまった場合

トラブルが起きる可能性があるのはエアコンだけではありません。

エアコンは壁に取り付けられている状態で掃除しますので、エアコンクリーニング中に壁を汚したり傷つけたりしてしまうことがあります。

又、床や絨毯に家具などを汚してしまう可能性もあります。

もちろんプロですので、最善の注意を払って作業をしますがは、もし事故が起こった場合は双方で確認をして協議をした上で業者に非がある場合は保証をしてもらえます。

地震などの自然災害中の破損は保険対象外

クリーニング中に地震などの自然災害が起こった場合、その際に破損したものについては保険が適用されないようなので注意して下さい。

その他、エアコンが作業後に出火して壊れてしまったなどのケースも補償の対象外となりますので予め注意しておく必要があるでしょう。

エアコンの故障確認方法はどうしたらいい?

エアコンの故障確認方法はどうしたらいい?

大体の業者はエアコンクリーニングの前後に動作確認を行いますので、故障が発覚した場合はこの時点で分かることが多いです。

もし、業者が帰った後にエアコンの調子が悪くなった場合はすぐに業者に連絡しましょう。

エアコン本体が動かない場合

エアコン本体が動かない場合は、電装部を濡らしてしまったことが原因でしたらエアコンクリーニングの失敗と言えますので、業者に対応をお願いしましょう。

ブレーカーやリモコンの調子が悪い場合は、エアコンクリーニングとは別の原因が考えられます。

室外機が動かない場合

室外機が動かないと送風や冷気が室内に送られなくなりますので、まずはエアコンの電源が入っているかを確かめて下さい。

室外機をクリーニングしていない場合は、エアコンクリーニングが直接的な原因であることはほとんどないようです。

リモコンの反応がない場合

リモコンの反応がない時は、エアコン本体がコンセントに繋がれているかブレーカーが落ちていないかなど確認して下さい。

確認しても問題ない場合は、リモコンに原因があるかもしれません。

電池が切れていたり、リモコンからエアコンへ電波を飛ばすLED部分が故障したりしていないかを確かめる必要があります。

エアコンのメンテナンスにかかる費用はいくら?メーカーで違うの?
エアコンはもはや生活に不可欠なものですがメンテナンスをしているでしょうか?エアコンのメンテナンスにかかる費用から費用を抑える方法。自分でメンテする場合できる箇所、やってはいけない箇所などをわかりやすく掲載します。

エアコンクリーニングは保証が充実してる大手業者が安心

エアコンクリーニングは保証が充実してる大手業者が安心

エアコンクリーニングの保証や期間などが気になる場合は、保証が充実してる大手ハウスクリーニング業者に依頼するのが安心です。

特におそうじ本舗は、全国に約1400店舗の業界NO.1の店舗数や実績を誇っており、損害賠償保険にもしっかり加入していますから万が一の時もきちんと保証してくれて対応してくれます。

他業者で断られがちなおそうじ機能付エアコンも対応可能で、女性スタッフも指定できる所が業界トップのおそうじ本舗ならではのサービスと言えます。

どこの業者に依頼しようか迷っている時は、おそうじ本舗をおすすめします!

\ 迷ったらココがおすすめ! /

2020年 人気No.1「おそうじ本舗」

おそうじ本舗は他社と比較してもサービスの質・料金・安心感で最もコストパフォーマンスが高いエアコン掃除業者です。

口コミの評価も高く、良いサービスを安く受けたい人にピッタリな業者。

各都道府県に必ず店舗があり、150万人もの人に利用されています。

現在、エアコンクリーニングキャンペーンが開催されており、この期間中にエアコンクリーニングを申し込むと料金が1,000円安くなるという大変お得なキャンペーンが行われています!

更に30,000円以上注文すると、プロ仕様の除菌消臭スプレーがもれなくプレゼントと言った大変嬉しい特典も有り。

エアコン掃除を業者に依頼するなら最もおすすめしたい業者です!

夏前の今、お得な期間に1日でも早めに申し込んで、エアコン掃除を終わらせましょう!

おそうじ本舗公式サイト:
https://www.osoujihonpo.com/

おそうじ本舗
割引キャンペーン情報
  • エアコンクリーニングキャンペーン開催中!5/1(金)~6/30(火)までの申込で料金が1,000円OFF!
  • 更に30,000円以上のご注文でプロ仕様の除菌消臭スプレーがもれなくプレゼント!
  • キャンペーン終了の6/30(火)まで、あと33日!お見逃しなく!

下記でキャンペーン詳細やクーポンの使い方について詳しくまとめています。

おそうじ本舗のお得な割引クーポンやキャンペーン情報
【2020年5月更新】おそうじ本舗は2020/5/1(金)~2020/6/30(火)までエアコンクリーニングが1,000円割引になるエアコンクリーニングキャンペーンが開催中!その他お得なクーポンコードや店舗チラシの情報についても更新中です。

↑【人気No.1】エアコン掃除業者↑

エアコンクリーニング後の保証期間内に故障した場合は業者に相談を

エアコンクリーニング後の保証期間内に故障した場合は業者に相談を

エアコンクリーニングの保証期間については上記の通り作業終了後の三日以内が目安となっていて、保証期間が長い業者でも一週間以内ですが、期間内にエアコンの調子が悪いなと感じたらすぐにエアコン掃除業者に相談して下さい。

但し、10年以上の古いエアコンは保証の対象外となっている事がほとんどですからそれを踏まえた上でエアコンクリーニングを検討するようにしましょう。

大手や個人経営など関係なく、ほとんどのエアコンクリーニング業者は損害保険に加入していますが、心配な場合は保険への加入の有無を一度確認してエアコン掃除を依頼するのが賢明と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました