エアコンクリーニングの頻度はどのくらい?即掃除が必要なサインも!

頻度アイキャッチ知っておきたい基礎知識

今や生活に欠かせない家電製品となったエアコンですが、夏や冬は家庭で最も活躍する家電とも言っても過言ではありませんよね。

そんなエアコンの掃除ですが、1年~2年以内に行いましたか?

もし、エアコンのお手入れをしていないのならエアコン内部は大変なことになっているかもしれません。

エアコンクリーニングはどれくらいの頻度でやればいいかわからない人も多いかと思うので、この記事ではエアコン内部、フィルター、室外機のエアコン掃除の頻度の目安やエアコンクリーニングした方がいいタイミングをまとめました。

実際にハウスクリーニングのプロに聞いた情報や私自身のエアコンの汚れや体験談を交えてわかりやすく掲載しますので是非最後までご覧下さい。

人気のエアコンクリーニング業者
くらしのマーケット人気No.1おそうじ本舗おまかせマイスター
\ キャンペーン中 /

エアコンクリーニングの頻度の目安

エアコンのクリーニングと一言に言っても、大きく分けて「エアコン内部」「エアコンのフィルター」「室外機」の3種類の掃除箇所があります。

それぞれどれくらいの頻度で掃除すればいいのか、わかりやすくまとめました。

エアコンクリーニングの頻度
  • エアコン内部洗浄の頻度は1~2年に1回
  • エアコンのフィルター掃除の頻度は1ヶ月に1~2回
  • 室外機清掃の頻度は3年に1回

それぞれエアコンクリーニングした方がいい理由やプロに聞いた頻度に関するアドバイスを紹介していきます。

エアコンクリーニングの頻度は1~2年に1回が理想

エアコンクリーニングの頻度は1~2年に1回が目安となっています。

エアコン内部の汚れは、エアコンの効きが悪くなるだけでなく悪臭やカビやハウスダストをまき散らす原因となります。

ちなみにハウスクリーニングのプロでエアコンクリーニング業界でNO.1の実績を持つおそうじ本舗に意見を伺いましたので参考にして下さい。

エアコンクリーニング体験談:高圧洗浄

カジメモ編集部
エアコンクリーニングはどの位の頻度で行えばいいですか?
エアコンクリーニング業者
プロの意見
プロによるエアコンクリーニングは1年に1回の掃除をおすすめしています。エアコンはどうしても汚れやホコリ、カビが蓄積していくため、最低でも2年に1回は行いたい所です。

掃除のプロの意見ではエアコンクリーニングの頻度は1年に1回をおすすめしています。

もちろん専門の業者の言う通り、健康面なども考慮してエアコンクリーニングのペースは1年に1回が理想的ですが、経済面を考慮すると最低でも2年に1回はエアコン内部をクリーニングするのが適切です。

例えば、1日の中で使用頻度の高いリビングのエアコンは1年に1回のエアコンクリーニングがおすすめですが、稼働時間の短い寝室や子供部屋などのエアコンは2年に1回でも問題ないかと思います。

いずれにしても、エアコンクリーニングを2年以上していない、何年もしていないという場合はすぐにでもプロにエアコンクリーニングを依頼しましょう!

ちなみに1年間でどのくらいエアコン内部の汚れが溜まるのか「エアコンクリーニングは必要?1年掃除してないエアコンで検証!」の記事で解説しています。

エアコンクリーニングは必要?1年掃除してないエアコンで検証!
エアコンを1年掃除してないと、どの位汚れやホコリ、カビが溜まっているか、プロに依頼して内部の汚れを検証!「1年ぶりにエアコンをつけるけど、エアコンクリーニングは必要なの?」とエアコン洗浄の必要性に疑問を感じている方は是非参考にして下さい。

お掃除機能付きエアコンでもエアコンクリーニングは必要?

お掃除機能付きエアコンとは、自動お掃除/自動洗浄/お掃除ロボット(メーカーや機種により呼び方は様々)と呼ばれるお掃除機能の付いたエアコンです。

お掃除機能付きエアコン

お掃除機能付きだからエアコンクリーニングする必要ないと勘違いしている方もいますが、自動で掃除してくれるのはフィルター部分のみでエアコン内部は対象外なんです。

つまり、エアコン内部は掃除する機能がないため、エアコン内部は掃除する必要があります。

お掃除機能付きエアコンに関してもエアコンクリーニングの頻度は、通常タイプエアコンと同じように1~2年に1回が目安です。

フィルターのお手入れが必要ないのは楽ではありますが、一切掃除をしなくていい訳ではありませんので気を付けましょう。

なお、通常タイプのエアコンとお掃除機能付きの見分け方については「お掃除機能付き(自動洗浄)エアコンの見分け方とは?掃除は不要なの?」で解説していますので参考にして下さい。

お掃除機能付き(自動洗浄)エアコンの見分け方とは?掃除は不要なの?
お掃除機能付き(自動洗浄)エアコンの見分け方を紹介しています。自宅のエアコンはお掃除機能付きなのか?を知るキッカケにして下さい。またお掃除機能付きとはいえ、数年利用を続けている場合は内部にカビが生えている可能性が高いので注意が必要です。

エアコンのフィルター掃除の頻度は2週間に1回が目安

おそうじ革命体験談:フィルター汚れをブラシで磨く

フィルター掃除は自分で簡単に行えるので、実際に私が行っている手順を紹介しますので是非やってみましょう。

エアコンフィルターの掃除方法
  1. エアコンのカバーを開けフィルターを取り外す
  2. 掃除機でほこりを外側から吸い取る
  3. 内側からシャワーなどで水洗いをする
  4. 水気を拭き取り陰干しする
  5. 完全に乾いたらエアコンに取り付ける

エアコンのフィルター掃除の頻度は1ヶ月に2回。つまり2週間に1回が理想です。

フィルターは、エアコンの効き目や電気代に直結する部分でフィルターが汚れてほこりなどで詰まってしまうと、エアコンが空気を吸い込みにくくなり余計な電力を消費したり、うるさい音が発生してしまうこともあります。

エアコンクリーニング業者
プロの意見
毎日エアコンを使うような時期には、2週間に1回はフィルター掃除をした方がいいです。フィルター掃除はこまめに自分でやる事をおすすめしますよ。

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく知りたい方はコチラ

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説
エアコンのフィルター掃除は意外と簡単に自分でできるものです。ここではエアコンフィルターの掃除を自分でやる方法を分かりやすく解説していきます。フィルター掃除でエアコンの効きが驚くほど改善しますので、掃除が苦手という方も是非挑戦してみて下さい。

室外機クリーニングの頻度は汚れ具合によるが3年に1回が目安

室外機

エアコン本体の掃除の頻度の目安は1年~2年に1度と通りお伝えしましたが、室外機は何年に1回掃除すればいいのかと疑問もあるかと思います。

室外機クリーニングの頻度に関しても業界最大手のおそうじ本舗に問い合わせを行ったところ、下記のような回答を頂きました。

エアコンクリーニング業者
プロの意見
汚れ具合によるので一概には言えません。ほとんどの場合、室外機は掃除の必要はありませんが、3年に1度点検する程度でいいと思います。

そもそも室外機は室外に置くため、雨風や汚れに強いので異音やほこりが詰まっている場合を除き、掃除の必要がない場合が多いため、室外機クリーニングは3年に1回の周期で汚れが目立ってきたら行うと良いでしょう。

なお、室外機はどんな時に掃除するべきなのかは「エアコンクリーニングで室外機掃除も必要?どんな時掃除すべきなのか」で紹介していますので参考にして下さい。

エアコンクリーニングで室外機掃除も必要?どんな時掃除すべきなのか
エアコンを稼働させるのに欠かせない室外機ですが、どんな時に掃除が必要なのかなど疑問に思ったことはありませんか?この記事では室外機はどんな時に掃除をすればいいかや自分で出来る室外機のお手入れ方法を紹介しています。

こんな症状が出たら頻度関係なく即エアコンクリーニングを

エアコンクリーニング頻度の目安を紹介しましたが、ここでは頻度関係なく、すぐにエアコンクリーニングした方がいい症状を説明します。

こんなエアコンは即クリーニング!
  • 2年以上エアコンのプロによる内部クリーニングをしていない
  • エアコンの吹き出し口から黒い斑点(カビ)が見える
  • エアコンをつけると異臭がする

様々なエアコンクリーニング業者から話を伺い、色々なエアコンを見てきましたが、上記の症状があるエアコンは要注意です。

私の経験談を元に、なぜすぐにエアコンクリーニングをした方がいいのかなどを説明していきます。

2年以上プロによるエアコンクリーニングをしていない

エアコンクリーニングの頻度は1~2年に1回が目安だとお伝えしましたが、2年以上放置するとエアコン内部には確実に汚れやホコリ、カビが発生しています。

これから紹介する画像はカジメモ編集部のエアコンで、約2年間掃除していないエアコンですが、フィルターを見てもわかる通り、ほこりまみれで汚れていますよね。

エアコン掃除前

このようにホコリだらけで汚れている場合、エアコンの性能が下がって効きも悪い、嫌な臭いがする、電気代が高くなる、更に汚れを部屋中にまき散らしているため、鼻水やくしゃみ、咳など健康被害が出る可能性もあるため、早めにクリーニングした方が良いです。

実際にこの汚れたエアコンからは嫌な臭いもあり、効きも悪いと言う自覚はありました。

目に見える部分はほこりの汚れですが、これだけの汚れを吸っている場合、目に見えないエアコン内部はほこりやカビだらけになっている可能性があります。

エアコンの吹き出し口からカビ(黒い斑点)が見える

エアコンの吹き出し口から黒い斑点のような汚れが見える場合、黒い斑点の正体はカビです。

吹き出し口カビ

上記の画像のようなカビ汚れがエアコンの吹き出し口から見えてきたら要注意!

この吹き出し口のカビ汚れも約2年間エアコンクリーニングをしていないカジメモ編集部のエアコンです。

この状態だと知らず知らずの内にエアコン内部でカビが大量発生している可能性が高いと言えるでしょう。

エアコン内部が汚れていると黒い塊が落ちてくることもあります。

エアコンから落ちてくる黒い塊の正体や原因については「エアコンから出る黒い塊はなに!?原因、掃除方法など徹底追及!!」で解説しています。

エアコンから出る黒い塊はなに!?原因、掃除方法など徹底追及!!
エアコンをつけていると、急にエアコンから黒い塊が落ちてきてびっくりしたことはありませんか?この黒い塊の正体は、黒カビなど他にもいくつか原因が考えられます。この記事では、エアコンから出る黒い塊の正体や原因、解決方法などを詳しく解説しています。

エアコンをつけると異臭がする

エアコンが臭いと言ってもカビ臭い、酸っぱい臭い、タバコ臭いなど家庭によって様々だと思いますが、エアコンが臭い原因の多くはエアコン内部で発生したカビが原因です。

エアコン内部に溜まった汚れやほこりが、冷房を付けた時に発生する結露により、カビが発生して異臭や悪臭の原因になります。

ここで、嫌な臭いが発生したエアコンをプロの手でエアコンクリーニングしてもらった時に出た汚れを紹介します。

真っ黒な水

びっくりするくらい真っ黒で汚れていますよね…。

この真っ黒な水の正体はエアコン内部に溜まったカビやほこりなどの汚れなんです。

小さなお子様や高齢者、アレルギーを持つ家族がいるなら、本当に自分自身や大切な家族を守るためにもエアコンクリーニングする事をおすすめします。

\ 迷ったらココがおすすめ! /

2021年 人気No.1「おそうじ本舗」

おそうじ本舗は他社と比較してもサービスの質・料金・安心感で最もコストパフォーマンスが高いエアコン掃除業者です。

口コミの評価も高く、良いサービスを安く受けたい人にピッタリな業者。

各都道府県に必ず店舗があり、190万人もの人に利用されています。

エアコン洗浄後、菌に効果がありカビを発生しにくくする効果のある他店で数千円することもある「オリジナル防カビ剤仕上げ」が無料で他社よりもかなりお得!

9月は冷房の使用も後半で「エアコンのアフターケア」には絶好のタイミング!夏に溜まった汚れやカビを一気にキレイにするチャンスなので、今の時期を見逃さずに申し込んで、お得にエアコン掃除しましょう!

おそうじ本舗公式サイト:
https://www.osoujihonpo.com/

おそうじ本舗
割引キャンペーン情報
  • 浴室・キッチン・トイレ・洗面台の水まわりクリーニングが1か所あたり1,100円OFFになる割引キャンペーン開催中!※10月31日まで※
  • キャンペーン終了まで、あと39日!お見逃しなく!
  • エアコンクリーニング:約1年間汚れにくくなる「オリジナル防カビ剤仕上げ」無料サービス!

下記でキャンペーン詳細やクーポンの使い方について詳しくまとめています。

【2021年9月】おそうじ本舗のお得な割引クーポンやキャンペーン情報
【2021年9月更新】おそうじ本舗では、2021年9月1日~10月31日まで浴室・キッチン・トイレ・洗面台の水まわりクリーニングが1か所1,100円OFFになるキャンペーン開催中!今使えるお得なクーポンコードや店舗チラシの情報を随時更新!

↑【人気No.1】エアコン掃除業者↑

掃除の頻度を上げた方がいいエアコンの環境

エアコンクリーニングは1年~2年に1度が目安とお話しましたが、一方でエアコンクリーニングの頻度を上げた方がいいケースやエアコンが汚れやすい環境についても説明します。

ペットを飼ってたり子供がいる家庭の場合

ペットを飼っている部屋や子供がいる家庭はエアコンクリーニングの頻度を上げた方がいいと言えるでしょう。

その理由はペットの場合、毛やダニ、ペットが巻き上げるハウスダスト、子供がいる場合は大人だけの家と比べるとほこりが舞う量が多いためエアコンが汚れやすい環境にあります。

エアコンは部屋の空気を取り入れて空気を戻すため、その部屋の空気中のほこりごとエアコンに取り込んでしまうのです。

また、エアコンクリーニングを依頼してる最中のペットの対処については「エアコンクリーニング中はペットはどうしたらいい?犬猫の飼い主必見」で詳しく解説していますので参考にして下さい。

エアコンクリーニング中はペットはどうしたらいい?犬猫の飼い主必見
ペットがいる家庭は、エアコンクリーニング中は犬や猫はどうしたらいいんだろう?と疑問に思うこともあるかと思います。エアコン掃除の妨げにならないかと気になりますよね?この記事ではエアコンクリーニング中のペットとの過ごし方や対策を紹介しています。

部屋を閉め切ってあまり換気をしない場合

あまり窓を開けなかったり、加湿器をよく使う家庭の場合、どうしても部屋に湿気がこもりやすくなってエアコンにカビが生える原因になります。

上記でも説明した通り、エアコンは部屋の空気をエアコン内に取り込むため、換気しないことで溜まった部屋のホコリも吸い込んでしまいます。

エアコンは使用頻度が低いから大丈夫だと油断していると、知らない間にカビが大量発生していることがあるので注意が必要です。

ちなみにエアコンを使った後に送風運転をするように心がけると、エアコン内部を乾燥させることができるため、カビ発生の頻度を抑えることができます。

キッチンの近くにエアコンがある場合

キッチン付近に設置してあるエアコンの場合、調理の時に飛び散った油を吸い込んでしまうため、エアコンが汚れやすい環境と言えるでしょう。

調理の際に換気扇を回していても空気中に飛び散った細かい油は取りきれず、エアコンが吸い込んでしまいますからキッチンという空間上、どうしても汚れやすく、換気扇クリーニングを行っていない場合、エアコンは更に汚れやすくなってしまいます。

なお、換気扇クリーニングを検討しているなら「換気扇(レンジフード)掃除業者おすすめベスト3」を参考にして、業者を選ぶことをおすすめします!

【2021年版】換気扇(レンジフード)掃除業者おすすめベスト3
換気扇(レンジフード)掃除業者のおすすめベスト3を紹介しています。おすすめ業者それぞれの、プロペラタイプ・レンジフードタイプの料金であったり、メリットも紹介しています。また口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

何年もエアコンクリーニングをしないとどうなる?

もし、エアコンクリーニングを何年もせずに使い続けていたらどうなるのか気になる所ではないでしょうか?

エアコン汚れを放置するデメリットは?こんな時はすぐエアコン掃除を」でも紹介していますが、汚れを放置するリスクを簡単にまとめていきます。

エアコンを掃除せずに使っていると…
  • 部屋中にカビやハウスダストをまき散らす
  • エアコンの効きが悪くなり電気代が上がる
  • エアコンの寿命を縮めてしまう

部屋中にカビやハウスダストをまき散らす

ずっとエアコンクリーニングをせずに使っていると、エアコン内部にどんどんほこりが溜まっていき、カビも繁殖してしまいます。

その汚れをエアコン稼働時に部屋へまき散らしてしまうので、部屋で過ごしている家族にアレルギーや感染症のリスクが生じてしまいます。

エアコンの効きが悪くなり電気代が上がる

エアコンにほこりや汚れが溜まると稼働効率が下がってしまい、エアコンの効きが悪くなってしまいます。

効きが悪い中でもエアコンは設定温度を保とうとするので余計に電力を消費してしまって電気代が上がります。

また、エアコンの電気代が高くなる温度などについては「エアコンの電気代節約になる温度!料金の高い温度と安い温度を比較!」で解説していますのでこちらも参考にして下さい。

エアコンの電気代節約になる温度!料金の高い温度と安い温度を比較!
エアコンの電気代って何度だと節約になるんだろう?って疑問に思ったことありませんか?エアコンを使うなら少しでも料金が安い方がいいですよね。この記事では、設定温度に関する疑問と料金の高い温度と安い温度を比較すると同時に節電方法などを解説します。

エアコンの寿命を縮めてしまう

エアコンを効きの悪い状態で使い続けるということは、エアコンに無理を強いていることになり、負担をかけてることになります。

エアコンも他の家電製品と同じく、長期にわたって無理を続けているとガタが来やすくなり、寿命を縮めてしまいます。>

カジメモ編集部
定期的な頻度でエアコンクリーニングすることでエアコンの寿命が長持ちするって本当ですか?
エアコンクリーニング業者
プロの意見
本当です。業者によるエアコンクリーニングもですが、フィルター掃除など日頃からも自分で手入れすることでエアコンが汚れるのを遅らせることができますし、エアコンが長持ちする環境を作ることができます。

長期間エアコンクリーニングをしないで使い続けると以上のようなリスクが発生してしまいますので、必ず定期的にエアコンクリーニングを行うようにしましょう。

エアコン汚れを放置するデメリットは?こんな時はすぐエアコン掃除を
エアコンクリーニングをせずに汚れを放置するデメリットを解説しています。特に大きなデメリットは、カビ菌を放置すると人体に影響を与えてしまうことです。ですので1年に1回は業者に頼んでエアコンクリーニングを行いたいところです。

エアコン掃除は1年~2年に1回プロに任せよう

ベアーズ体験談:清掃技術が高い

今回、エアコンクリーニングの頻度はどれ位なのかに関してプロの意見や独自の体験談を踏まえて説明してきました。

要点をまとめると以下の通りです。

エアコンクリーニング頻度の目安まとめ
  • エアコン内部の掃除頻度は1~2年に1回が目安
  • エアコンフィルターの掃除頻度は2週間に1回が目安
  • 室外機の掃除頻度は3年に1回が目安
  • 2年以上エアコン掃除していない場合はエアコンクリーニングしよう
  • フィルターの掃除のみ自分でクリーニングがおすすめ
  • エアコン内部の掃除は無理に自分でやらずエアコンクリーニング業者に

エアコンのフィルター掃除は自分で簡単にできますが、エアコン内部の掃除は自分ですることはおすすめしません。

何故なら内部を綺麗にするにはエアコンを分解する必要があり、エアコンの構造などに関する専門的な知識と技術が必要になるので素人が自分でするには危険だからです。

また、市販のエアコン洗浄スプレーは汚れが落ちにくく、薬剤がエアコン内部に残ると返ってカビや汚れの原因になったり、最悪の場合は火災事故などの原因にもなる可能性があります。

エアコンクリーニングの頻度は、1年~2年に1回と頻度も高くないため、必ず信頼できるプロのエアコンクリーニング業者に依頼しましょう!

なお、カジメモでは30社以上のエアコンクリーニング業者を比較しておすすめの業者を紹介しています。

カビなどで汚れたエアコンを綺麗にしてもらうなら「【最新】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報」を参考にして業者を選ぶと良いでしょう!

【2021年9月】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報
エアコン掃除業者比較サイト【カジメモ】は、あえて“エアコンクリーニングに特化”したからこそわかった、本当におすすめな業者ランキング・最新の割引情報など、エアコンに関する総合情報をお届けするサイトです。 エアコン掃除を業...

コメント

タイトルとURLをコピーしました