エアコンクリーニングの頻度はどのくらい?即掃除が必要なサインも!

ベアーズ体験談:高圧洗浄知っておきたい基礎知識

今や生活に欠かせない家電製品となったエアコン。

もはや、夏や冬は家庭で最も活躍する家電とも言っても過言ではありませんよね。

そんなエアコンの掃除、1年~2年以内に行いましたか?

もし掃除していないなら大変な事になっている可能性も・・・。

エアコンクリーニングは何年ごとの頻度でやればいいかわからない人も多いかと思うのでエアコン内部、フィルター、室外機のエアコン掃除の頻度の目安エアコンクリーニングした方がいいタイミングをまとめました。

実際に掃除のプロに聞いた情報や私自身のエアコンの汚れや体験談を交えてわかりやすく掲載しますので是非最後までご覧ください。

人気のエアコンクリーニング業者
くらしのマーケット人気No.1おそうじ本舗ベアーズ
家事代行のベアーズ【エアコンクリーニング】
\ キャンペーン中 /

エアコンクリーニングの頻度の目安

エアコンのクリーニングと一言に言っても、大きく分けて「エアコン内部」「エアコンのフィルター」「室外機」の3種類の掃除があります。

それぞれ何年ごとの頻度で掃除すればいいか、わかりやすくまとめると…

エアコンクリーニングの頻度
  • エアコン内部洗浄の頻度は1~2年に1回
  • エアコンのフィルター掃除の頻度は1ヶ月に1~2回
  • 室外機清掃の頻度は3年に1回

それぞれエアコンクリーニングした方が良い理由やプロに聞いた頻度に関する意見を掲載していきます。

エアコン内部のクリーニングの頻度は1~2年に1回が目安

エアコン業者

エアコン本体の内部クリーニングの頻度は1~2年に1回が目安です。

エアコン内部の汚れは、エアコンの効きが悪くなるのに加えて悪臭やカビやハウスダストをまき散らす原因となります。

ちなみに掃除のプロでエアコンクリーニング業界でNO.1の実績を持つおそうじ本舗に意見を伺いましたので是非ご参考にしてください。

エアコンクリーニング体験談:高圧洗浄

カジメモ編集部
エアコン内部の掃除ってどの位の頻度で行えばいいですか?
エアコンクリーニング業者
プロの意見
プロによるエアコンクリーニングは1年に1回の掃除をおすすめしています。エアコンはどうしても汚れやホコリ、カビが蓄積していくため、最低でも2年に1回は行いたい所です。

掃除のプロの意見ではエアコンクリーニングの頻度は1年に1回。もちろん専門の業者の言う通り、健康面なども考慮して、エアコン掃除のペースは1年に1回が理想的ですが、経済面を考慮すると最低でも2年に1回はエアコン内部をクリーニングする事をおすすめします。

例えば、1日の中で使用頻度の高いリビングのエアコンは1年に1回のエアコンクリーニングがおすすめですが、稼働時間の短い寝室や子供部屋などのエアコンは2年に1回でも問題ないかと思います。

いずれにしても、エアコン掃除を2年以上掃除していない、何年もしていないという場合はすぐにでもエアコン掃除をしましょう。

ちなみに1年間でどのくらいエアコン内部の汚れが溜まるのか「エアコンクリーニングは必要?1年掃除してないエアコンで検証!」の記事で検証してみました。

エアコンクリーニングは必要?1年掃除してないエアコンで検証!
エアコンを1年掃除してないと、どの位汚れやホコリ、カビが溜まっているか、プロに依頼して内部の汚れを検証!「1年ぶりにエアコンをつけるけど、エアコンクリーニングは必要なの?」とエアコン洗浄の必要性に疑問を感じている方は是非参考にして下さい。

お掃除機能付きエアコンでもエアコンクリーニングは必要?

お掃除機能付きエアコンとは、自動お掃除/自動洗浄/お掃除ロボット(メーカーや機種により呼び方は様々)と呼ばれるお掃除機能の付いたエアコンです。

お掃除機能付きエアコン

お掃除機能付きだから人の手で掃除する必要はないと勘違いしている方もいますが、自動で掃除してくれるのはフィルター部分のみで、エアコン内部は対象外。つまり、エアコン内部は掃除する機能がないため、エアコン内部はクリーニングする必要があります

お掃除機能付きエアコンに関してもエアコンクリーニングの頻度は、通常タイプエアコンと同じように1~2年に1回が目安です。

フィルターのお手入れが必要ない分楽ではありますが、一切掃除をしなくていい訳ではありませんので気を付けましょう。

お掃除機能付き(自動洗浄)エアコンの見分け方とは?掃除は不要なの?
お掃除機能付き(自動洗浄)エアコンの見分け方を紹介しています。自宅のエアコンはお掃除機能付きなのか?を知るキッカケにして下さい。またお掃除機能付きとはいえ、数年利用を続けている場合は内部にカビが生えている可能性が高いので注意が必要です。

天井埋め込みタイプエアコンクリーニングの間隔はどのくらいがいい?

天井埋め込みタイプ(業務用エアコンも含む)のエアコンクリーニング頻度としては、通常タイプエアコンと同様に、1~2年に1回が目安になります。

結局、どのようなタイプのエアコンであっても汚れてしまうことに変わりはなく、定期的にエアコンクリーニングを行う必要があるという事ですね。

エアコンのフィルター掃除の頻度は2週間に1回が目安

フィルターのクリーニング頻度

エアコンのフィルターの掃除の頻度は1ヶ月に2回。つまり2週間に1回が目安です。

エアコンのフィルターは、エアコンの効きや電気代に直結する部分でフィルターが汚れて詰まってしまうと、エアコンが部屋の空気を吸い込みにくくなり余計な電力を消費したり、うるさい音が発生してしまうこともあります。

エアコンクリーニング業者
プロの意見
毎日エアコンを使うような時期には、2週間に1回はフィルター掃除をするのが理想的です。フィルター掃除はこまめに自分でやる事をおすすめしますよ。

エアコンフィルター掃除は自分で簡単に行えますし、実際に私が行っている手順を紹介しますので是非やってみましょう。

エアコンフィルターの掃除方法
  1. エアコンのカバーを開けフィルターを取り外す
  2. 掃除機でほこりを外側から吸い取る
  3. 内側からシャワーなどで水洗いをする
  4. 水気を拭き取り陰干しする
  5. 完全に乾いたらエアコンに取り付ける

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく知りたい方はコチラ

室外機クリーニングの頻度は汚れ具合によるが3年に1回が目安

室外機

エアコン本体の掃除の頻度の目安は1年~2年に1度と通りお伝えしましたが、室外機は何年に1回掃除すればいいのかと疑問もあるかと思います。

室外機のクリーニングの頻度に関しても業界最大手のおそうじ本舗に問い合わせを行ったところ、

エアコンクリーニング業者
プロの意見
汚れ具合によるので一概には言えません。ほとんどの場合、室外機は掃除の必要はありませんが、3年に1度位点検する程度でいいと思います。

上記のような回答を頂きました。

そもそも室外機は室外に置く為、雨風や汚れに強いので、異音やホコリが詰まっている場合を除き、掃除の必要がないケースが多い為、室外機クリーニングは3年に1回の周期で汚れが目立ってきたら行うと良いでしょう。

エアコンクリーニングで室外機掃除も必要?どんな時掃除すべきなのか
エアコンを稼働させるのに欠かせない室外機ですが、どんな時に掃除が必要なのかなど疑問に思ったことはありませんか?この記事では室外機はどんな時に掃除をすればいいかや自分で出来る室外機のお手入れ方法を紹介しています。

頻度関係なくこんな症状が出たエアコンは即クリーニングを

フィルター汚れ

エアコンクリーニング頻度の目安を紹介しましたが、頻度関係なく、すぐにエアコンクリーニングした方がいい症状を説明します。

こんなエアコンは即クリーニング!
  • 2年以上エアコンのプロによる内部クリーニングをしていない
  • エアコンの吹き出し口から黒い斑点(カビ)が見える
  • エアコンをつけると異臭がする

様々なエアコンクリーニング業者から話を伺い、様々なエアコンを見てきましたが、上記の症状の方は要注意。経験上、すぐにエアコンクリーニングした方がいいでしょう。

それぞれ、実際に私の経験談をもとに、なぜ即座にクリーニングした方がいいのかなどを説明していきます。

2年以上エアコンのプロによる内部クリーニングをしていない

エアコンクリーニングの頻度は1~2年に1回が目安だとお伝えしましたが、2年以上放置するとエアコン内部には確実に汚れやホコリ、カビが発生しています。

これから紹介する画像はカジメモ編集部宅のエアコンで約2年掃除していないエアコンですが、フィルターを見てもわかる通り、ほこりまみれで汚れていますよね。

エアコン掃除前

このようにホコリだらけで汚れている場合エアコンの性能が下がって効きも悪い、嫌な臭いがする、電気代が高くなる、さらに汚れを部屋中にまき散らしている為、鼻水やくしゃみ、咳など健康被害が出る可能性もあるため、早めにクリーニングした方が良いです。

実際にこの状態の時はエアコンから嫌な臭いもあり、エアコンの効きも悪いと言う自覚症状がありました。

目に見える部分はホコリ汚れですが、これだけ汚れを吸っている場合、目に見えないエアコン内部はホコリやカビだらけになっている可能性があります。

エアコンの吹き出し口から黒い斑点(カビ)が見える

エアコンの吹き出し口から黒い斑点のような汚れが見える場合、黒い斑点の正体はカビです。

吹き出し口カビ

上記のようなカビ汚れがエアコンの吹き出し口から見えてきたら要注意です。

なんと、この汚れも2年間エアコン掃除を行っていない編集部宅のエアコン。

この状態だと知らず知らずの内にエアコン内部でカビが大量発生している可能性が高いです。

その他、エアコンから黒い塊が落ちてきた場合も要注意。是非ご自宅のエアコンを見てみてください。

エアコンから出る黒い塊はなに!?原因、掃除方法など徹底追及!!
エアコンをつけていて急にエアコンから黒い塊が出てきてびっくりした経験ありませんか?この黒い塊の正体は黒カビなど他にもいくつか原因が考えられることがあります。エアコンから出る黒い塊の正体や原因、掃除方法などをお話していきます。

エアコンをつけると異臭がする

エアコンが臭いとひと言に言ってもカビ臭い、酸っぱい臭い、タバコ臭いなど家庭によって様々だと思いますが、エアコンが臭い原因の多くはエアコン内部で発生したカビが原因です。

エアコン内部に溜まった汚れやホコリや、冷房時にエアコン内部に発生する結露により、カビが発生して異臭や悪臭の原因になります。

ちなみに嫌な臭いが発生したエアコンをプロにエアコンクリーニングしてもらった時の汚れを紹介します。

真っ黒な水

びっくりするくらい真っ黒で汚れていますよね…。

この真っ黒な汚れの正体はエアコン内部に溜まったカビやホコリなどの汚れです。

これだけの汚れを自分だけではなく、大切な家族に吸わせていたとゾっとします。

家に体の弱い小さなお子様や高齢者、アレルギーを持つ家族がいるなら、本当にあなたやあなたの大切な家族を守る為にもエアコンクリーニングする事をおすすめします。

ちなみに「【最新】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報」ページにて、おすすめのエアコン掃除業者ランキングや割引情報の最新情報を随時更新していますので是非ご覧ください。

掃除の頻度を上げた方がいいエアコンの環境

ポイント

エアコンクリーニングは1年~2年に1度が目安とお話しましたが、一方でエアコンクリーニングの頻度を上げた方がいいケース、要するにエアコンが汚れやすい環境についても説明します。

ペットを飼ってたり子供がいる家庭の場合

ペットを飼っている部屋や子供がいる家庭はエアコンクリーニングの頻度を上げた方がいいです。

その理由はペットの場合、毛やダニ、ペットが巻き上げるハウスダスト、子供がいる場合は大人だけの家と比べるとほこりが舞う量が多い為エアコンが汚れやすい環境にあります。

エアコンは部屋の空気を取り入れて、部屋に空気戻す為、その部屋の空気中のホコリごとエアコンに取り込んでしまうんです。

部屋を閉め切ってあまり換気をしない場合

あまり窓を開けなかったり、加湿器をよく使う家庭の場合、どうしても部屋に湿気がこもりやすくなってエアコンにカビが生える原因になります。

また、先ほども説明した通り、エアコンは部屋の空気をエアコン内に取り込む為、換気しない事でたまった部屋のホコリも吸い込んでしまいます。

エアコンは使用頻度が低いから大丈夫だと油断していると、知らない間にカビが大量発生していることがあるので注意が必要です。

ちなみにエアコンを使った後に「送風運転」をするように心がけるとエアコン内部を乾燥させる事ができる為、カビの発生の頻度を抑える事ができます。是非覚えておきましょう。

キッチンの近くにエアコンがある場合

エアコンは部屋の空気を吸い込んで、空気を冷やしたり温めて、室内に風を戻す為、キッチン付近に設置してあるエアコンの場合、調理の時に飛び散った油を吸い込んでしまう為、エアコンが汚れやすい環境と言えます。

調理の時に換気扇を回していても空気中に飛び散った細かい油を取りきれず、エアコンが吸い込んでしまいますからキッチンという空間上、どうしても汚れやすく、換気扇クリーニングを行っていない場合、エアコンは更に汚れやすくなってしまいます。

ちなみに「換気扇(レンジフード)掃除業者おすすめベスト3」ページにて、おすすめの業者も紹介していますので是非ご覧ください。

エアコン掃除を何年もしないとどうなる?

もしエアコンを掃除を何年もせずに使い続けていたらどうなるんでしょうか?

エアコン汚れを放置するデメリットは?こんな時はすぐエアコン掃除を」の記事でも紹介していますが、汚れを放置するリスクを簡単にまとめていきます。

エアコンを掃除せずに使っていると…
  • 部屋中にカビやハウスダストをまき散らす
  • エアコンの効きが悪くなり電気代が上がる
  • エアコンの寿命を縮めてしまう

部屋中にカビやハウスダストをまき散らす

エアコンを掃除せずに使っているとエアコン内部にほこりが溜まっていき、カビも繁殖してしまいます。これをエアコン稼働時に部屋へまき散らしてしまい、部屋で過ごす人にアレルギーや感染症のリスクが生じます。

エアコンの効きが悪くなり電気代が上がる

エアコンにほこりが溜まると稼働効率が下がってしまい、効きが悪くなってしまいます。また、効きが悪い中でも設定温度を保とうとすることで電力を余計に消費してしまい電気代が上がります。

エアコンの寿命を縮めてしまう

エアコンを効きの悪い状態で使い続けるという事は、エアコンに無理を強いている事にほかなりません。エアコンも他の機械と同じく長い間無理を続けているとガタが来やすくなり、寿命を縮めてしまいます。

カジメモ編集部
定期的な頻度でエアコンクリーニングする事でエアコンの寿命が長持ちするって本当ですか?
エアコンクリーニング業者
プロの意見
本当です。業者によるエアコンクリーニングもですが、フィルター掃除など日頃からも自分で手入れする事でエアコンが汚れるのを遅らせる事ができますし、エアコンが長持ちする環境を作る事ができます。

エアコンを掃除しないで使い続けると以上のようなリスクが発生してしまいますので、必ず定期的にエアコンクリーニングを行うようにしましょう。

エアコンクリーニングのメリットは?実はこんなに多かった!
エアコンクリーニングは本当にやる意味があるのか?そう思うかもしれませんが、実はエアコン掃除には多くのメリットがあり、汚れやカビを落とすだけではなく電気代など様々な面でメリットがあります。今回はエアコンクリーニングのメリットを紹介します。

エアコン掃除は1年~2年に1回プロに任せよう

ベアーズ体験談:清掃技術が高い

今回、エアコンクリーニングの頻度はどれ位なのかに関してプロの意見や、独自の体験談を踏まえて説明してきました。

要点をまとめると、

エアコンクリーニング頻度の目安まとめ
  • エアコン内部の掃除頻度は1~2年に1回が目安
  • エアコンフィルターの掃除頻度は2週間に1回が目安
  • 室外機の掃除頻度は3年に1回が目安
  • 2年以上エアコン掃除していない場合はエアコンクリーニングしよう
  • フィルターの掃除のみ自分でクリーニングがおすすめ
  • エアコン内部の掃除は無理に自分でやらずエアコンクリーニング業者に

上記の通りです。

エアコンフィルターの掃除は家庭でも自分で簡単に行えますが、エアコン内部清掃は自分で掃除する事はおすすめできません。

何故ならエアコン内部を綺麗に掃除するには分解する必要があり、エアコンや電気に関する専門的な知識と技術が必要になってしまうからです。

市販のエアコン洗浄スプレーは汚れが落ちにくく、薬剤がエアコン内部に残り、かえってカビの原因になったり、火災事故も発生している為、エアコン内部清掃はプロのエアコンクリーニング業者に任せましょう。

特にお掃除機能付きエアコンは分解が難しく、素人が無理に掃除をしようとすると元に戻せなくなったりエアコンを壊してしまう事にもなりかねません。

自分で買ったエアコンであればそれでも自己責任で済みますが、賃貸住宅で備え付けのエアコンを壊してしまった場合は大変です。

汚れが落ちないだけならまだ良いですが、故障や火災に繋がる場合もある為、1年~2年に1回と頻度も高くない為、信頼できるプロのエアコンクリーニング業者に依頼しましょう。

エアコンクリーニングの料金相場や安い業者を詳しく知りたい方はコチラ

エアコンクリーニングを業者に依頼するタイミングはいつがいい?

エアコンクリーニングを業者に依頼するタイミングとしては、「夏に向けてエアコンを使い始める前」、または「夏にエアコンを使い終わったあと」が最も効果的です。

ただし、傾向として、真夏や年末年始はエアコンクリーニング業者の繁忙期の為、比較的予約が取りやすいのは春と秋がおすすめです。

春と秋はお得な割引キャンペーンを行っている業者もありますので料金もお得ですので是非注目してみてください。

現在開催中のエアコンクリーニングの割引クーポンやキャンペーン情報を詳しく知りたい方はコチラ

その他の知っておきたい基礎知識

コメント

タイトルとURLをコピーしました