エアコンをつけると鼻水やくしゃみが止まらなくなる原因と対策

エアコンをつけると鼻水やくしゃみが止まらない原因コラム

エアコンをつけると鼻水やくしゃみが止まらなくなることはないでしょうか?鼻がずっとむずむずした状態だと、本当に不快な気持ちになりますよね。

実は鼻水やくしゃみが止まらなくなるのは、しっかりとした原因があります。

本記事では、鼻水やくしゃみが止まらなくなる根本的な原因を紹介するとともに、解決策もしっかりと紹介します。

人気のエアコンクリーニング業者
カジタク人気No.1おまかせマイスターおそうじ本舗
\ キャンペーン中 /
※お知らせ※

エアコンクリーニング取材協力画像

【カジメモ】では全国のエアコンクリーニング業者を独自に徹底調査し、実際に様々な業者でサービスを申込んで、クリーニングを体験したり、運営会社に取材を行い、プロの意見を聞いた上で記事を作成しています。

\ 【2022年5月20日更新】 /

30社以上比較した決定版として『【2022年5月】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報』を作成しました。

エアコンクリーニングを失敗したくない方・1円でもお得に利用したい方最新情報を随時更新しているのでお役立ていただければ幸いです。

エアコンをつけると鼻水やくしゃみが止まらなくなる原因

それではまず、エアコンをつけたときに「鼻水が止まらない」「くしゃみが連続で出る」「鼻の奥がむずむずが続く」といった症状が出る根本的な原因を見ていくことにしましょう。

原因1、エアコン本体のほこりやカビ

まず原因として一番手に考えられるのは、エアコン本体のほこりやカビです。

もしもエアコンを長年掃除していない場合、想像以上にエアコン内部にはほこりやカビが溜まっています。6年以上に渡ってエアコンの掃除をしていない写真をご覧ください。

おそうじ革命体験談:掃除前のエアコン

エアコン本体にはかなりのほこりやカビが溜まっているのが目に見えてわかると思います。

この状態でエアコンをつけると、風に乗ってほこりやカビが部屋中にまき散らされます。

そしてほこりやカビが鼻の粘膜に付着してアレルギー症状が発症し、鼻水やくしゃみが止まらなくなってしまうのです。

エアコンをつけると鼻水やくしゃみが出る原因→エアコン内部のカビやホコリが発端となって、アレルギーが発症している

詳しくは「エアコンでアレルギーに?冷房時に咳が止まらない人の対処法!」でも紹介しています。

エアコンでアレルギーに?冷房時に咳が止まらない人の対処法!
エアコンを付けると咳や鼻水、目の痒みなどが止まらないなどそんなエアコンによるアレルギー症状に悩まされた経験はありませんか?この記事ではエアコンのアレルギー症状の予防やエアコンクリーニングなどの対処法をご紹介しますので参考にして下さい。

原因2、部屋の中のほこりやカビ

エアコンをつけたときに鼻水やくしゃみが止まらなくなる原因の2つ目として考えられるのは、部屋の中のほこりやカビです。

長年に渡って部屋の掃除をしていない場合、部屋の中にある床や家具にもほこりやカビが付着しています。エアコンをつけると、床や家具のほこりやカビが舞い上がり、それを吸い込むことで鼻水やくしゃみが止まらなくなってしまうのです。

ちなみに床であれば、ほこりやカビに気付きやすいですが、タンスなどの家具の上はどうしてもほこりやカビを放置してしまう傾向があるので注意が必要です。

原因3、寒暖差アレルギー

3つ目の原因として考えられるのは、寒暖差アレルギーです。

人は気温の寒暖差があると、血管が伸縮して、コンディションを安定させようとします。ただ寒暖差が大きすぎると身体が対応しきれずに自律神経が乱れ、結果としてアレルギー症状が出てしまうと考えられています。

ちなみに寒暖差アレルギーは、急激に7度以上の気温の変化があった場合に出やすいため、設定温度にはしっかり気を配る必要があります。

その他の考えられる原因

エアコンをつけたときの鼻水やくしゃみですが、その他考えられる原因をまとめて紹介します。

風邪をひいている場合

鼻水やくしゃみが出るのは、エアコンでカラダが冷え風邪を引いてしまっていることもあります。

鼻水やくしゃみが出るのは、風邪をひいてしまっていることもある

もし風邪をひいている場合は「膿のようなネバネバした鼻水が出る」「37~38度の微熱が出る」「下痢になる」などの症状が出ます。

住まいが都会

住まいが都会の場合もホコリなどの不純物が舞いやすく、鼻水やくしゃみが出やすくなってしまうことがあります。

ただ田舎だとしても砂ぼこりが舞うことで、鼻水やくしゃみがたくさん出るようになることもありますので、一概にどちらがいえません。

疲れやすかったりストレスが多い

お仕事や人間関係で疲れやすかったりストレスが多い生活をしている場合も、免疫能力が下がり、鼻水やくしゃみが多発してしまうことがあります。

睡眠不足の場合も免疫能力が低下しやすいので注意が必要です。

栄養が足りていない

食生活が乱れていて栄養が不足している場合も、鼻水やくしゃみが出やすくなることがあります。

栄養不足は風邪をひきやすくなりますので注意したいところです。

エアコンの鼻水やくしゃみの解決方法

エアコンをつけたときの鼻水やくしゃみの主な原因として「エアコン本体のほこりやカビ」「部屋の中のほこりやカビ」「寒暖差アレルギー」の3つが考えられることをここまでお伝えしました。

ここからはそれぞれの解決方法を紹介したいと思います。

解決法1、エアコン本体のほこりやカビが原因の場合

もしもエアコンをつけたときの鼻水やくしゃみの原因がエアコン本体のほこりやカビの場合、エアコンをキレイにするのが何より大切です。

エアコン内部をキレイにすることで、鼻水やくしゃみの症状をかなり軽減されるはずです。

鼻水やくしゃみに悩んでいたら、エアコン内部の掃除を早急に行おう!

手順としては、まずはフィルター掃除を行いましょう。定期的にフィルター掃除を行っていない場合、かなりほこりやカビが溜まっているはずです。

カジタク体験談:フィルター汚れ

フィルター掃除はできれば2週間に1回は行いたいところですので、しっかりと行うようにしましょう。

なお、フィルター掃除のやり方は「エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説」の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説
エアコンのフィルター掃除は意外と簡単に自分でできるものです。ここではエアコンフィルターの掃除を自分でやる方法を分かりやすく解説していきます。フィルター掃除でエアコンの効きが驚くほど改善しますので、掃除が苦手という方も是非挑戦してみて下さい。

またエアコン内部の掃除はカビが落ちなかったり故障の原因となるため、絶対に自分で行わないようにしましょう。

エアコン掃除を自分で行うデメリット

自分で行わないのであれば、どうすれば内部をきれいにできるのか?ですが、エアコンクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

エアコンクリーニング業者であれば、プロの道具や洗剤、そして技術力を使って、エアコン内部をしっかりキレイにしてくれます。カジメモ編集部でも「エアコンクリーニングの体験談」で紹介しているとおり、数多くのエアコンクリーニングを実際に体験しています。

エアコンクリーニングの体験談
エアコンクリーニングを業者に実際に頼んでみた体験談や取材でわかったレビューをまとめています。

わずか60分程度の作業で、鼻水やくしゃみの原因となるエアコン内部のほこりやカビをキレイにしてくれるので、非常におすすめです。

エアコンクリーニング体験談:高圧洗浄

上記はカジメモ編集部でプロのエアコン掃除業者であるおそうじ本舗にクリーニングを行ってもらったときの写真で、体験の詳細は「おそうじ本舗の評判を徹底解剖!実際にエアコン掃除を体験した口コミ」に詳しくまとめています。

おそうじ本舗の評判を徹底解剖!実際にエアコン掃除を体験した口コミ
おそうじ本舗はエアコンクリーニングが人気の大手ハウスクリーニング業者ですが評判や料金を他社と比較して徹底解剖!実際にエアコン掃除を依頼した体験談をリアルな口コミとしてお届け!更にキャンペーンを利用してお得に申し込みする方法をまとめます。

エアコン内部のほこりやカビが見事に取り除かれて、本当にキレイな空気が出るようになりますので、おそうじ本舗は非常におすすめな業者です。

解決法2、部屋の中のほこりやカビが原因の場合

もしも部屋の中のほこりやカビが原因の場合には、しっかりと掃除を行うようにしましょう。

ほこりが溜まりやすい部屋の床やタンスなどの家具などは、濡れ雑巾で拭くなどして、一気にきれいにしてしまいましょう。またカーペットや布団もほこりが溜まりやすいので、天日干しをするなどして、この機会にしっかりと掃除を行いましょう。

部屋の掃除

なお、掃除は定期的に行うことで、キレイを保つことができます。そのため、キレイにしたあとも、1日5分程度は部屋の掃除をする習慣をつけるといいでしょう。

また毎日2回、それぞれ5分程度部屋の換気をするのも有効です。

解決法3、寒暖差アレルギーが原因の場合

実は寒暖差アレルギーが原因の場合の解決法に関して、明確な方法はわかっていません。

ただ自律神経が乱れている場合に発症しやすいと、現段階での研究では示唆されています。

そのため自律神経を整えるために、定期的に運動をしたり、しっかりと栄養のあるものを食べたり、ストレスをためない生活をしたり、充実した睡眠をとることを心がけるといいでしょう。

また前途したとおり、7度以上の寒暖差があると寒暖差アレルギーを発症しやすいと言われているので、急激な設定温度の変更は避けるようにしましょう。

エアコンをつけて鼻水やくしゃみが止まらなくなったときの応急処置

最後に、エアコンをつけて鼻水やくしゃみが止まらなくなったときの応急処置方法についても紹介しておきたいと思います。

蒸しタオルで鼻を温める

蒸しタオルを準備して、鼻全体をそっと覆って温めるようにします。

鼻の温度と湿度を高くすることで、鼻水やくしゃみの症状が和らぐことが期待できます。

なお、蒸しタオルは熱すぎるとヤケドの原因となってしまうので注意が必要です。

番茶や塩で鼻うがいをする

番茶に塩を少々いれて、鼻うがいをするのも殺菌作用があり、有効です。

ちなみに鼻うがいをするときのポイントは、「ゆっくり吸い込むこと」です。

勢いよく吸い込むと鼻の奥まで液体が入りとても危険ですので、片方ずつ時間をかけて行います。

マスクをつける

マスクをつけるのも応急処置には有効です。

鼻の粘膜の湿度が保たれて、症状が軽減されることがあります。

もしも鼻水やくしゃみが止まらない場合は有効です。

薬を服用する

鼻水やくしゃみが止まらなくて辛いときは、薬局に売っている薬を服用するのもありです。

症状によりさまざまな種類の薬がありますので、自己判断ではなく、薬局の先生に相談して薬を選ぶようにしましょう。

なお鼻水やくしゃみの症状があまりにも酷い場合には、上記の応急処置だけに頼らず、病院で見てもらうようにしましょう。

「これくらいは大丈夫だろう」と安易に考えていると、長期に渡って症状が続いてしまうことがあるので注意が必要です。

エアコンのほこりやカビを取り除き鼻水やくしゃみを対処しよう

いかがでしたか。今回はエアコンをつけて鼻水やくしゃみが止まらなくなる原因と対策を紹介しました。

鼻水やくしゃみが続くのは本当に不快なものですし、ずっと続くとボーっとしてきて集中力もなくなってしまいます。そんな不快感から抜け出すためにも、もしも鼻水やくしゃみが止まらなくなったときはしっかりと原因と突き止めて、対策するようにしましょう。

なお、本章で紹介したとおり、鼻水やくしゃみの原因として一番の原因として考えられるのはエアコン内部のほこりやカビです。

カジタク体験談:吹き出し口カビ

もしも1年以上に渡ってエアコン掃除をしていない場合は、思いの外、エアコン内部が汚れています。どのくらい汚れているかは、「エアコンクリーニングは必要?1年掃除してないエアコンで検証!」の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

エアコンクリーニングは必要?1年掃除してないエアコンで検証!
エアコンを1年掃除してないと、どの位汚れやホコリ、カビが溜まっているか、プロに依頼して内部の汚れを検証!「1年ぶりにエアコンをつけるけど、エアコンクリーニングは必要なの?」とエアコン洗浄の必要性に疑問を感じている方は是非参考にして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました