エアコンの送風って?使い道や上手な使い方を紹介します!!

驚愕する女性コラム
この記事は約6分で読めます。

エアコンの送風機能についてはご存知かと思いますが、どういう時に使うのか使い道については知らない方は多いのではないでしょうか?今回は送風についての使い道や上手な使い方を紹介していきます。

人気のエアコンクリーニング業者
おそうじ革命人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

送風機能とは?

疑問を感じている女性

カジパパ
カジパパ
エアコンの送風機能ってどんな効果があるの?除湿との違いもイマイチよくわからないな~。
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
送風機能についてよくわからないって人は多いと思うわ。実は送風ってかなり使える機能なのよ!上手く活用する事でメリットが多い機能なの。送風と除湿の違いも踏まえた上で解説するわ!

送風と除湿の違い

まずは送風と除湿の違いをご説明したいと思います。

名前が違うので機能の違いは明確ですが、違いを知っておくと便利ですよ。

送風

温度や湿度の制御を行わずにファンを回して送風だけを行うモードです。

部屋の空気を循環させるという役割に特化した機能となってます。

送風を使ってる時は室外機は動いていません。何故かと言いますと、冷暖房のように熱を交換する必要がないからです。

除湿

除湿は部屋の空気の湿度を下げることを最優先にした機能です。

弱い冷房により湿度を下げる運転で、体に優しい冷房と言われています。

気温は高くないけど、湿度が高くてジメジメする梅雨時期などに活用する事が有効的です。

冷房と除湿の違い。より湿度を下げるのは、実は冷房だった!?
エアコンには冷房や暖房のほか、除湿(ドライ)機能というものがあります。しかし実は除湿より冷房の方が除湿効果が高いって知っていましたか?ここでは除湿と冷房の違いや使い分け方など、除湿機能に焦点を置いて解説していきます。

送風運転のメリット

送風運転を活用する事でのメリットは、電気代の節約、嫌な臭いを防ぐ、カビの発生を防ぐ、冷房の効果を高めるなどがあります。

暑いと自宅に帰ってすぐに冷房をつける事があるかと思いますが、締め切った部屋の温度は外の気温より高くなってる事があります。

そうなるとエアコンがフル稼働する時間が長くなり、電気代が高くなってしまいます。

その前に一旦、冷房を付ける前に窓を開けて送風運転をしましょう。

そうする事によって部屋の温度が下がり、送風の風が空気の流れを作ります。

その後に冷房に切り替えると空気の流れに沿って、冷風が効率よく部屋中に行き渡り、フル稼働する時間が短くてすみ、電気代の節約にもなります。

送風の電気代はどれくらい?

送風運転の電気代はたったの0.3円と言われてます。冷房は1時間に約3円程度の電気代がかかると言われてるのに対して、約10分の1の電気代しか掛からないのには驚きです。1日つけっぱなしでも約7.2円という安さです。上手く活用する事によって電気代の節約にも活用できる送風ですから、0.3円という電気代であれば気にせずに活用できますね。

送風運転の上手な使い方

壁掛け通常エアコン

カジパパ
カジパパ
なるほど!送風と除湿の違いもわかったし、送風って縁の下の力持ちみたいな存在なんだね。上手な使い方も教えて欲しいな~。
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
もちろん説明するわ。送風を上手く使うコツはエアコン使用前後に使う事よ!エアコンを使わない季節にも送風を使う事で防カビ効果もあるのよ!

送風は扇風機と同じ!?

送風機能につきましてはほぼ扇風機と同じだと思っていいでしょう。

先ほどお話しました送風の電気代は、扇風機を弱から中程度の強さで運転させた時の電気代と変わりがありません。

ご自宅に扇風機がなくて、エアコンをつけるほどではない暑さの時には冷房ではなく送風を使うといいかもしれませんね。

ただ、扇風機のように場所を変えたり風量の面を考えると扇風機の方が使い勝手は良いです。

エアコンの使用前後に送風を使う

エアコンの使用前後に送風機能を使うとそれぞれの面でメリットがあります。

エアコン使用前

エアコン使用前に送風を使うと冷房効果がアップして節電にも繋がります。

夏の暑い日は帰宅してすぐに冷房をつけていませんか?その前にまずは送風を使ってみて下さい。

冷房をつける前に送風する事で室内の空気が循環され、空気の流れが発生します。

その後に冷房を使うとこの空気の流れに沿って冷たい空気が部屋全体に回ってきます。

室内隅々まで一定の温度に下げるには、いきなり冷房よりも送風から冷房の方が早いです。

それは冬場の暖房の時も同じですが、夏場の冷房の方が効果を感じやすいです。

電気代節約にも活かせますし、一度この方法を試してみては如何でしょうか?

エアコン使用後

エアコンの使用後に送風を使用した方がいい理由につきましては、送風することでフィルターを乾かす役目があるからです。

現在のエアコンは、大半の機種に自動送風機能が設けられてます。機種によって差はありますが、冷暖房の利用後に約2時間前後自動で送風を行ってくれる機能なので、通常はONにしておきましょう。

言い方を変えればフィルターを乾燥させるには2時間ほどの送風運転が必要となる訳です。

自動送風機能がついていない場合は、エアコン使用後は約2時間送風機能を使うと良いでしょう。

エアコンを使わない季節に活用も!?

秋の風景

送風機能はエアコンを使わない季節にも活用した方がいいと言われています。

エアコンは運転をしてなくても知らないうちに湿気がこもっている事があります。

それは日々の生活から発生する蒸気湿気がエアコン内部にこもり、知らずのうちに内部のカビの原因になるのです。

日常生活の中で湿気や蒸気を発生させないなんて不可能ですよね?そういう時にエアコンの送風を活用させましょう。

エアコンを使用しない期間は、一週間に一度のペースで構いませんので、送風機能を使ってエアコン内部を乾燥させて下さい。

エアコンを使わない季節でも上手く送風機能を使う事によってカビの発生を抑える事が出来ます。

送風を使う他には、フィルター掃除や部屋の換気をこまめに行うのが良いでしょう。

日々の生活の中で湿気が部屋の中にこもらないように気をつける事が大切ですね。

エアコンクリーニングは秋がおすすめ!?春にはない利点とは!
エアコンクリーニングにおすすめの時期として春がおすすめされる事が多いですが、9月から10月にかけた秋の季節も春にはないおすすめの理由があります。

送風機能がない場合

バツマーク

カジパパ
カジパパ
エアコンの効率をよくしたり、節電効果もあるなんて送風を使わずにはいられないね。でも、機種によっては送風機能がないエアコンもあるんじゃないのかな?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
送風機能がないエアコンはもちろんあるわ。でも、送風機能がないエアコンも一工夫するだけで送風と同じ効果を期待できるのよ!

温度を上げて冷房機能を使う

中にはエアコンに送風機能がついてないエアコンもあるかと思います。

送風機能がついてないエアコンは冷房でエアコンの温度を31度以上に設定する事で送風と同等の効果を得られると言われています。

冷房を31度以上に設定してそのまま20分~30分運転させましょう。

冷房なので31度以上でも冷たい風が出てくるのではないかと思いますが、31度以上に設定するとただの風です。

ですのでこれならカビ予防にも使えますし、送風と同じ効果を得られます。

カビ予防をしたいけど、エアコンに送風がついてないという場合は是非、こちらの方法を活用されてみて下さい。

暖房を使わない方がいい理由

上記でエアコンに送風機能がない場合の対処方法を説明しましたが、冷房の温度を上げて使用しても、暖房では絶対に使用しないで下さい。

理由としましては、暖房は冬場の気温が低い状態で使用する事が前提ですし、エアコンには室内の温度を感知して適切な温度の風を送り込む機能があるのです。

冷房を使った後の30度以下の部屋に、冷房31度以上で運転すると送風に切り替わるのがいい例です。

夏場の暑い時期での暖房の使用は、エアコンに負担がかかって故障の原因にも繋がりますので夏場の暖房使用は絶対にやめて冷房31度以上が適切です。

エアコンの暖房が臭い原因!簡単に臭いを消す方法も!?
エアコンの暖房を付けた時に出るカビ臭さや酸っぱい臭い。夏は大丈夫だったのにいつの間にか臭くなっている事もありますよね。ここではエアコンの暖房が臭くなる原因や予防法、臭いを消す方法などをご紹介します。

送風は使い道次第では賢く使える

ガッツポーズで喜ぶ女性

エアコンの送風機能は使い方次第で電気代の節約カビ予防もできる凄く使い勝手良いの機能だという事がわかってもらえたと思います。

エアコンを使わない季節でも送風を使う事によってカビ予防できますし、清潔な状態を保つ事ができます。

又、送風機能がないエアコンでも冷房機能を工夫して使う事によって送風と同じ効果を得る事ができます。

今すぐにでもこの送風機能を有意義に使ってみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました