エアコンの暖房はいつから使う?目安の室温や節電方法などを紹介!

暖房いつから使う?コラム

エアコンの暖房はいつから使うべきなんだろう?とふと思うことはないでしょうか?

少し肌寒いと思っても、まだ暖房をつけるには早いんじゃないか?など疑問に思うこともあるかと思います。

この記事では、エアコンの暖房はいつから使うべきかなどの疑問や目安となる室温、冬に高くなりがちな電気代の節電方法などを紹介していきます。

カジメモ編集部
エアコンクリーニングのプロフェッショナルカジメモが、暖房はいつから使うべきなんだろう?などの疑問や節電方法などを紹介していきます。参考になること間違いなしの内容なので、最後までご覧下さい☆
人気のエアコンクリーニング業者
カジタク人気No.1おまかせマイスターおそうじ本舗
\ キャンペーン中 /
※お知らせ※

エアコンクリーニング取材協力画像

【カジメモ】では全国のエアコンクリーニング業者を独自に徹底調査し、実際に様々な業者でサービスを申込んで、クリーニングを体験したり、運営会社に取材を行い、プロの意見を聞いた上で記事を作成しました。

\ 【2022年12月7日更新】 /

エアコンの暖房はいつから使うべき?

まずは、エアコンの暖房はいつから使うべきなのか?疑問を解消していきます。

想像つくかと思いますが、暖房を使うかどうかは、外の気温や部屋の室温も密接に関係してきます。

暖房を使い始めは10月から11月が多い

エアコンの暖房の使い始めは、地域によって差はあるものの、主に10月下旬から11月中頃~下旬で暖房を使い始めるがほとんどです。

暖房を使い始める時期に差があるのは、日本は南北に長いという地域性もあり、南と北では寒さを感じ始める時期に大きな差があることが挙げられます。

ダスキン体験談:掃除後のエアコン

比較的に北海道や東北などの寒い地域では、10月には暖房を使い始める地域が多く、11月に入ると南に行くに連れて、暖房を使い始める傾向があります。

また、11月は全国的に平均気温は15度前後の地域が多くなり、気温が15度を下回ると寒さも厳しくなりますので、暖房を使い始めるのは15度が境目になると思ってもいいかもしれません。

なお、暖房を使い始める秋はエアコンクリーニングがおすすめな季節でもあります。

詳しい理由については、「エアコンクリーニングは秋がおすすめ!?春にはない利点とは!」で説明してますので参考にしてみて下さい。

エアコンクリーニングは秋がおすすめ!?春にはない利点とは!
エアコンクリーニングにおすすめの時期として春がおすすめされる事が多いですが、9月から10月にかけた秋の季節も春にはないおすすめの理由があります。

暖房は室温が何度で使うべき?

エアコンの暖房は、室温が20度以下になったら使用を検討した方がいいでしょう。

上でも話したように、暖房を使い始める時期は地域によって違いは出てくるものの、11月には全国的にも気温が下がる日が増えてきます。

室温が20度以下にもなると、肌寒さを感じる状態なので、寒がりの人は暖房をつけるのを検討し始めるのではないでしょうか。

結論としては、暖房をつけるのは室温が19度くらいからを目安にすると良いでしょう。

もっと寒さが厳しくなる真冬に暖房をつけないでいると、体調を崩す原因にもなりますので、積極的に暖房を付けた方が賢明です。

カジメモ編集部
エアコンの暖房は11月から、部屋の室温が20度以下になると使うのが一般的みたいですね!寒さを我慢しても体調を崩す原因になってしまうので、寒いと感じたら暖房を使うようにして下さい。

暖房の電気代はいつから高くなる?

エアコンの暖房はいつから使うべきなのか?などの疑問については上でお話した通りですが、暖房を活用する冬に気になるのが電気代です。

次は、暖房の電気代はいつから高くなるのかについて解説します。

電気代は12月から高くなる傾向がある

冬の方が夏より電気代が高くなりがちな理由の一つに、冬は屋外と屋内の温度差が大きいからと言うものがあります。

この温度差が大きければ大きいほど、消費電力は増えると言われているのが一般的。

電気代は日照時間と気候に左右され、12月から本格的な寒さが訪れて日照時間も短くなりますが、冬は電気をつける時間が長くなるため、その分電気代がかかります。

過ごしやすい気候で日照時間が長ければ電気代は安くなり、冬などの日照時間が短い季節には電気代は高くなると考えられるでしょう。

また、暖房を使う前にエアコンクリーニングをすることで、寒さの厳しい冬でも快適に暖房を使うことができます。

詳しいことは「冬でもエアコンクリーニングすべき?暖房前に掃除するメリットとは」で解説していますので、こちらも一読下さい。

冬でもエアコンクリーニングすべき?暖房前に掃除するメリットとは
エアコンは夏場だけでなく、暖房として冬にも大活躍します。本記事では、冬でもエアコンクリーニングすべきなのかを見ていくとともに、暖房前に掃除するメリットや冬にプロ業者にエアコン掃除を予約するポイントも併せて紹介したいと思います。

電気代は時間帯や料金プランで変わる

電気代は時間帯や料金プランによって変わるというのを聞いたことはありませんか?

電力自由化が数年前から始まりましたが、電力会社の料金プランによっては、特定の時間帯の料金を割安に設定した料金プランを提供していることがあります。

タイマー

また、一般的に契約されている電力会社の通常の料金プランは、電力使用量に応じて料金の単価が変わります。

時間帯による料金の変更はありませんので、電気を多く使う時間帯が決まっているなら、こうした電気料金プランを選ぶことで電気代の節約に繋げることができますよ。

冬の電気代を見直したいなら使う時間帯や電力プランを見直そう

いつでも始められる!エアコンの暖房の節電方法

暖房の設定温度を見直す

エアコンの暖房の設定温度を見直すのも、節電に効果的。

暖房の適正温度ですが、暖房使用時の温度は20度を推奨されています。

20度よりも大幅に高く設定している場合は、もう少し暖房の設定温度を下げることを検討してもいいかもしれません。

エアコンのリモコン

ですが、あくまでも目安となる温度なので、20度に設定しても寒いと感じるなら温度高く調整しましょう。

身体に無理がない程度に温度設定を見直してみて下さいね。

ちなみに暖房の設定温度を一度低くするだけでも、消費電力が約10%も節約になると言われています。

また、エアコンの電気代節約になる温度については、「エアコンの電気代節約になる温度!料金の高い温度と安い温度を比較!」で詳しく解説していますので、こちらも併せてご覧下さい。

エアコンの電気代節約になる温度!料金の高い温度と安い温度を比較!
エアコンの電気代って何度だと節約になるんだろう?って疑問に思ったことありませんか?エアコンを使うなら少しでも料金が安い方がいいですよね。この記事では、設定温度に関する疑問と料金の高い温度と安い温度を比較すると同時に節電方法などを解説します。

エアコンの使い方を見直す

暖房を使っている場合は、エアコンの使い方を見直すことで節電に繋がるケースもあります。

その例の一つとして、暖房を短時間だけ使うなら付けたままがおすすめ。

エアコン 複数台

エアコンは、電源を入れて運転し始めた時が一番電力を使うため、何度も付けたり消したりを繰り返すなら暖房を付けたままにした方が消費電力が少なくなります。

長時間留守にする場合は消し、短時間の外出であれば、エアコンを消さずに付けたままにした方が節電効果として大。

また、エアコンの風量は弱運転にするよりも、自動運転の方が消費電力が抑えられます。

自動運転は、無駄な電気代がかからないように、室内の温度に合わせて風量を自動で調節してくれる機能なので、節電しながら暖房を使いたいなら自動運転に設定してみて下さい。

なお、エアコンを暖房運転に切り替える前にやっておくべきことなどに関しては「秋冬必見!エアコンを暖房運転に切り替える際に気をつけること!」で紹介しています。

秋冬必見!エアコンを暖房運転に切り替える際に気をつけること!
夏場は冷房として冬は暖房として大活躍するエアコンですが冷房から暖房への切り替えはいつどんなタイミングでした方がいいのか迷う場合ありますよね。本記事では冷房から暖房への切り替えのタイミングや暖房利用時に利用したい加湿器の利用方法も解説します。

サーキュレーターや扇風機を活用する

暖かい空気は上の方に溜まってしまう性質があります。

その為、いくら暖房をつけて部屋を暖めても足元が寒いという現象が起こってしまいます。

その対策として、効果的なのがサーキュレーターや扇風機などを使って天井に溜まってしまう暖気を部屋全体に循環させる方法。

サーキュレーター

サーキュレーターで部屋全体に暖かい空気を循環させることで、室内の温度が一定になり、部屋全体がポカポカに。

そうすることで、暖房の設定温度を上げることなく、部屋全体を暖めることができるため、節電効果へ繋がります。

サーキュレーターが自宅にない場合は、扇風機を代用しても同様の効果があるので、是非試してみて下さいね。

エアコンクリーニングは節電に繋がる

私が最もおすすめしたい暖房の節電対策が、プロにエアコンクリーニングをお願いすることです。

ハートクリーニング体験談:エアコン高圧洗浄①

エアコン内部が汚れていると、節電になるどころかエアコンが余計に電力を消耗してしまい、返って電気代が高くなる原因になってしまうので、二年以上エアコンクリーニングをしていない場合は今すぐにでも業者に依頼しましょう!

下の写真は、約一年エアコン内部に潜んでいたカビ汚れですが、一年エアコンクリーニングをしていなかっただけでもこれだけの汚れが溜まります。

ハートクリーニング体験談:バケツに溜まった汚水

真っ黒でびっくりですよね…。

業者にエアコンを綺麗にしてもらうと、節電効果だけじゃなく、カビやほこりなどの汚れが綺麗になってエアコンの効き目も改善するから一石二鳥。

ハートクリーニング体験談:防カビ剤を吹きかける様子

私がエアコンクリーニングをお願いした業者は仕上げに、エアコン内部にカビが発生しにくくなる防カビ抗菌コートが無料でした。

プロにエアコンクリーニングをしてもらうと、節電効果だけじゃなく、たくさんのメリットがありますからおすすめですよ!

カジメモ編集部
プロにエアコンクリーニングをお願いすることで、エアコンの節電効果だけじゃなく、暖房の効き目の改善やエアコン内部の汚れまで綺麗になるますからメリットばかりですよ!エアコンが汚れているなと感じたらすぐにでも依頼してみて下さいね☆
\ 迷ったらココがおすすめ! /

2022年 実績No.1「おそうじ本舗」

おそうじ本舗公式サイト:
https://www.osoujihonpo.com/

おそうじ本舗は他社と比較してもサービスの質・料金・安心感で最もコストパフォーマンスが高いエアコン掃除業者です。

口コミの評価も高く、良いサービスを安く受けたい人にピッタリな業者。

各都道府県に必ず店舗があり、190万人もの人に利用されています。

エアコン洗浄後、菌に効果がありカビを発生しにくくする効果のある他店で数千円することもある「オリジナル防カビ剤仕上げ」無料サービスで他社よりもかなりお得!

エアコン掃除を業者に依頼するなら最もおすすめしたい業者です!

12月は暖房の利用を本格的にスタートするため、エアコンのメンテナンスに非常におすすめの時期!エアコン内部の汚れをリセットする絶好のタイミングなのですぐにでも予約を行ってエアコンクリーニングを行いましょう!

おそうじ本舗
割引キャンペーン情報
  • 2023年1月5日まで:プロも利用するお掃除グッズ1,760円相当もれなく無料プレゼント中!
  • 2023年1月5日まで:おそうじレスコーティング1,100円割引/1ヵ所
  • キャンペーン終了まで、あと28日!お見逃しなく!

下記でキャンペーン詳細やクーポンの使い方について詳しくまとめています。

【2022年12月】おそうじ本舗のお得な割引クーポンやキャンペーン情報
【2022年12月更新】おそうじ本舗では11/1~2023.1/5まで年末大掃除キャンペーンでおそうじグッズプレゼント中!またおそうじレスコーティング1,100円オフ。最新のお得なエアコンクリーニングクーポンコードや店舗チラシ情報も随時更新!

↑【人気No.1】エアコン掃除業者↑

いつからなど関係なく暖房は寒いと思ったら使おう

今回、エアコンの暖房はいつから使うべきなのかについて解説しました。

結論を申しますと、エアコンの暖房は寒さを感じる機会が多くなる11月頃から使い始めるのが良いでしょう。

11月は全国的にも気温が下がり、日が暮れると肌寒くなる日も増えてきますので、そんな日には暖房を使う機会も多くなります。

冬は電気代が気になるかと思いますが、体調のことも考えながら上手く節電対策をした上で、暖房を使い始めるといいかもしれません!

エアコンクリーニングの体験画像

また、本格的に暖房を使い始める前にエアコンクリーニングをして、冬場も快適に暖房を使うようにして下さいね。

なお、カジメモでは賢くお得にエアコンクリーニング業者を選べるように、30社以上の業者を比較しておすすめランキングとして紹介しています!

詳しくは「エアコンクリーニング業者比較!おすすめランキング&割引情報 」で公開していますので、こちらも参考にしてみて下さい。

【2022年12月】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報
今、エアコンクリーニング業者で最もおすすめなのはどこなのかランキング!全国30社以上のエアコン掃除業者を料金の安さ・評判や口コミ・技術力の信頼度・予約の取りやすさ・割引キャンペーンやクーポン情報を比較しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました