エアコンの内部クリーンとは?効果やどんな機能なのか紹介します

女性が驚いてる様子コラム
この記事は約6分で読めます。

エアコンの内部クリーンってどんな効果があってどんな機能なのかご存知でしょうか?

クリーンと聞くと真っ先に掃除してくれる機能なのかなと連想したりしますよね?

最近のエアコンには内部クリーンがついてる物も多いですが、イマイチ効果や機能をわかってなかったりで使いこなせてないって事もあると思います。今回は内部クリーンについてお話しします。

人気のエアコンクリーニング業者
イオンのカジタク人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

エアコンの内部クリーンってどんな機能?

運転中のエアコン

エアコンの内部クリーン機能とは、エアコンの内部を乾燥させる機能です。

エアコンの冷房、除湿機能では、室内機の熱交換器で空気が冷やされます。ここで発生するのが水滴で発生した水は屋外に排出されていますが、すべての水を排出することはできません。

エアコンの運転を停止すると、結露水を外部に排出する機能も止まるので、その時点でエアコン内部に残っていた水は、そのまま内部に残るのです。この水分を放置しておくと、空気中のホコリが付着したり、カビ発生の原因になったりするのです。

内部クリーン機能がついているエアコンは運転停止後、自動運転が設定されている場合、すぐに内部クリーン運転モードに切り替わります。送風運転や暖房運転を行うことでエアコン内部が乾燥し、カビ発生を防ぐのです。又、エアコンを清潔に保つだけでなく、故障も防げます。

自動的に切り替わらない場合には手動で作動させる必要があるので、リモコンの内部クリーンボタンを押してください。

電気代は所有時間はどれくらい?

内部クリーンにかかる所有時間は平均で約90分です。

メーカーによってはもう少し時間がかかる機種もありますが、最大でも2時間以内には運転が終了します。

又、内部クリーンの所有時間によっても電気代は変動するそうで、1回あたり1円〜5円かかるそうです。

エアコン運転終了後に、毎回内部クリーンを使用したとしても電気代は微々たるものです。

たった少しの電気代でカビ予防ができると考えるとお得な気がしますし、使わずにはいられませんよね。

内部クリーン機能を使うにあたって

内部クリーン機能を使うにあたって

次は内部クリーンを使うにあたって知っておくべき事やメリット、デメリットをお話しようと思います。

お掃除モードとの違い

エアコンに搭載されているお掃除機能と内部クリーンとを混同して覚えている方を多く見かけます。ですが、内部クリーンは、エアコンに搭載されているお掃除機能とは別のものなんです。

内部クリーン機能は、お掃除機能で得られる効果はありません。内部クリーンとは、上記でお話したようにエアコンを運転停止させた後で、エアコン内部を乾燥させるために使われる機能です。その為、エアコンを運転しながらエアコン内部のカビを取り除いたり、殺菌消毒するといった機能はありません。

お掃除機能付きエアコンは本当に掃除不要?本当の真実を大公開!
お掃除機能付きエアコンは「お掃除機能がついてるから全部掃除してくれるし、自分でしなくてもいいんでしょ?」と思われているかもしれません。ただそこには大きな落とし穴があります。今回は本当にお掃除機能付きエアコンは掃除が不要なのか?を解説します。

内部クリーンのメリット、デメリット

メリットはカビ予防や健康の為になる

エアコンの内部クリーン機能を使う事でカビ予防になる事は上記でお話した通りですが、カビ発生を防ぐ事と同時に健康の為にもなるんです。

カビの発生したエアコンをつけた部屋にいると、たくさんのカビを吸い込むことになります。これが健康に悪影響なのです。アレルギー性鼻炎や皮膚炎、アトピーといったものに加えて、感染症や癌に繋がることさえあります。

又、室内の食べ物にカビが付着して食虫毒を起こす危険もあるのです。そうしたことを防ぐためにもカビの発生を抑えることは非常に大切です。

デメリットは生暖かい風が出ること

内部クリーンはエアコンを清潔に保ってくれる機能ですが、活用する事でのデメリットは、湿度の高い生暖かい風が室内機から放出される事です。

機能としては、送風運転と暖房運転を組み合わせて運転する機種がほとんどですので、クリーン後は室温が2~3度程度上がってしまうことが多く、湿度も高くなるため、内部クリーンを行っている最中や直後は不快に感じてしまう事もあります。

なので、内部クリーンは就寝時や外出時に行うのがおすすめです。人がいないときに使用することを推奨しているメーカーもあります。

使用する上での注意点

中には内部クリーンをしてるのに臭いが気になるっていう事例もあります。

臭いにつきましては、エアコン内部にこびりついたカビが原因なんです。

エアコン内部は湿度が高くカビが発生しやすい環境でして、一度発生したカビはホコリや汚れを栄養にして繁殖し続けます。

内部クリーンにつきましては、エアコン内部を乾燥させてカビを予防する機能ですが、一度発生してしまったカビ除去することはできませんし、殺菌する効果もありません。

ですので、一度発生してしまったカビにつきましては、エアコンクリーニングをするしかありません。

業者にクリーニングを依頼する事によってエアコンの中が綺麗になるのはもちろんですし、冷暖房の効果に内部クリーン機能の効果も高まります。

エアコンのクリーニングは最低でも1年に1度行う事によって清潔なエアコン状態を保つ事ができます。

エアコンクリーニング業者比較!利用者が語るおすすめランキング!
2019年「最もおすすめなエアコンクリーニング業者」はどこなのか?みんなに選ばれる人気のエアコン掃除の会社を比較してランキング!最安値の料金比較だけではなく、おすすめポイントも説明します。

内部クリーンの効果的な使い方

エアコンがある家庭

内部クリーンはどれくらいの頻度で使えばいいの?

冷房または除湿運転をしたあと、エアコン内に水分がある状態でそのまま放置するとカビやニオイの原因になります。

内部クリーン運転はエアコンの内部を乾燥させて、カビや雑菌の繁殖を抑えますのでエアコンの使用後は毎回内部クリーンを行った方が良いでしょう。

毎回、内部クリーンを使用するのに抵抗あるって場合は最低でも2週間に1度のペースで内部クリーンを行うようにして下さい。

又、エアコンを長く使用しないシーズンの終わりにも、内部クリーンでしっかり乾燥させて下さい。次のシーズンまでエアコン内が清潔に保てます。

使用タイミングを工夫

内部クリーンを使い終わった後は部屋の温度と湿度が上がってしまう事は上記でお話したと思います。

こういった事もありますので、内部クリーン機能を使う際は自宅にいない時や夜間など使用するタイミングを工夫すると良いでしょう。

内部クリーンはエアコンを使わない季節でも月に1回、少なくてもシーズンに1回は使用する事で久しぶりにエアコンを使った時の嫌な臭いを防ぐ事ができます。

蒸し暑さを解消するのであれば、内部クリーンスタートと同時に換気をすることがポイントです。

窓を開けて空気を入れ替えて湿気がこもるのを防ぎましょう。

ただ、外出中に窓を開けたまま出かけるのは抵抗があるかと思います。

そういった時は換気扇をまわしておくだけでも十分に効果がありますので、換気扇を活用されてみて下さい。

エアコンの臭いを一発解消!窓全開、16度1時間でニオイが消える?
エアコンのカビ臭さを消すには、「窓全開、冷房16度1時間でニオイを消す」という方法があります。実際にこの方法は効果があるのか?をまとめました。ぜひ参考にしてみて下さいね。

内部クリーン機能は積極的に有効的に使うべき

要チェック

内部クリーン機能はあくまでもカビの発生を予防するための機能です。

完全にエアコン内のカビの発生を防ぐものではありませんので、その辺をしっかり理解した上で機能を活用していきましょう。

エアコンの中にはカビだけではなくホコリも溜まります。ホコリもカビと同様に健康やエアコンの機能に悪影響を及ぼします。普段は内部クリーン機能でエアコンを清潔に保ちつつ、年に1度はエアコン内部のクリーニングも必要だということを理解した上でエアコンを使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました