エアコンを使わない季節でも運転するべき!?春や秋にやっておくこと

紅葉コラム
この記事は約7分で読めます。

エアコンを使わない季節である春や秋はつい、エアコンをそのままにしがちではありませんか?実は春や秋にもいくつか対策をしておくことで電気代の節約やメリットがあるんです。春や秋だからこそできる対策を行ってエアコンを長持ちさせていきましょう。

人気のエアコンクリーニング業者
おそうじ革命人気No.1おそうじ本舗くらしのマーケット
\ キャンペーン中 /

エアコンを使わない春や秋は電源プラグを抜いた方がいい?

コンセント

カジパパ
カジパパ
エアコンを使わない春と秋って電源プラグを抜いてた方がいいのかな?抜いてた方が節電効果あるって聞いたことあるけど…。
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
エアコンを長期間使わない場合は電源プラグを抜いて問題ないわ!ただ、エアコンを使いたくなったら電源プラグを抜いたか抜いてないかで対応が変わってくるから気をつけてね。

エアコンを長期間使用しない時期は電源プラグを抜く

エアコンは季節によって使う時期と使わない時期があります。

エアコンを使用しない時期でも、電化製品は電源プラグにコンセントをさしたままにしていると、電源を入れてなくても待機電力といって電気を使っている状態になってしまいます。

長時間使用しない時は電気代節約の為にも電源プラグを抜くようにしましょう。

エアコンを使う時期に関しましては、電源プラグを抜く必要はありません。

理由としましては、最近のエアコンは待機電力が僅かな量となっている為、エアコンを頻繁に使う時期には電源プラグはさしたままでも大丈夫です。

又、長期間エアコンを使わない事でほこりが内部に溜まりやすい状況になります。

エアコンカバーをかけることでほこりの侵入を防ぐ事もできますので、エアコンカバーを活用しましょう。

使ってなかったエアコンを再度使いたい場合

長期間使用してなかったエアコンを再度使いたいなと思った場合、確認したいのは通電状態で放置しておいたのか、それとも電源プラグを抜いて無通電状態だったのかということです。

どちらなのかで対応が変わってきます。

電源プラグを入れて放置していた場合

電源プラグにさしたままでもブレーカーを切っていれば、電源プラグを抜いている状態と同じです。

電源プラグをさしたままにしていれば、スイッチを入れるとすぐにエアコンが使えるように待機電力がかかった状態になっています。

そのため電源を入れても室外機のガスは待機電力に合わせて調整されていますので通常通り運転できます。

電源プラグを抜いて放置していた場合

電源プラグを抜いていると、冷媒ガスが調整されていませんので電源プラグを繋ぎすぐにスイッチを入れてしまうと、コンプレッサーに大きな負荷がかかってしまいます。

長期間電源プラグを抜いていたエアコンを起動させる時には、電源プラグをさして通電した後にしばらく待機させることが大切です。

目安としては5時間以上待機させたほうがいいと言われています。

▼お掃除機能付きエアコンの真実を大公開▼

お掃除機能付きエアコンは本当に掃除不要?本当の真実を大公開!
お掃除機能付きエアコンは「お掃除機能がついてるから全部掃除してくれるし、自分でしなくてもいいんでしょ?」と思われているかもしれません。ただそこには大きな落とし穴があります。今回は本当にお掃除機能付きエアコンは掃除が不要なのか?を解説します。

エアコンの内部を清潔に保つ

壁掛け通常エアコン

カジパパ
カジパパ
電源プラグを抜く以外にも春と秋の間に何かしておいた方がいいことってあるのかな?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
エアコン内部にカビを発生させないように、内部を乾燥させることが大切よ!他にはフィルター掃除をこまめにすることが大切ね。エアコンを使わない季節でもこまめに掃除はしてあげてね!

エアコンの内部を清潔に保つ事でエアコンを長く使用できます。

エアコンを使用しない時期でも以下の事を実施すると良いでしょう。

冷房時期の終わりに

送風運転を3~4時間行ってエアコン内部を乾燥させて下さい。

送風運転がない機種は室温が30度以下の時に冷房運転でエアコンの設定温度を31度以上にして3~4時間運転して下さい。室温がリモコンの設定温度以下の場合は、室外機が作動しないため送風運転になりますので送風運転がないエアコンに関してはこちらの方法で実施してみて下さい。

内部乾燥のある機種に関しては、約10分間の冷房運転をしたあと、内部乾燥を行って下さい。

暖房時期の終わりに

暖房使用時に関しては、夏の時期ほどカビが生えやすい環境ではないので、約10分間の暖房運転を行うだけで大丈夫です。

エアコン内部を乾燥させた後は?

エアコン内部を乾燥させた後は、運転停止後に電源プラグを抜くかブレーカーを切りましょう。

但し、これはあくまで上記でもお話したように必ずしもやる必要はありませんので、気になった場合に電源プラグを抜くかブレーカーを切るようにして下さい。

又、こまめにフィルターの掃除なども行うようにしましょう。

フィルターの掃除はエアコンを使用する時期、しない時期に関わらず月に2回(2週間に1回)掃除するのが理想的です。

実はエアコンを使用しない時期でもエアコンのフィルターは汚れてしまいますし、内部にもカビが生えやすいんです。

エアコンの中は風通りが良くないので、年1回程度のエアコン内部を除菌洗浄にするクリーニング洗浄を継続することで清潔で快適な状態が維持できます。

なので、エアコンを使わない季節でもフィルターや内部をきちんと掃除する事が大切です。

▼エアコンの汚れを放置するデメリット▼

【注意】エアコンの汚れを放置するデメリットとは?
エアコンクリーニングを行わずに汚れを放置するデメリットを解説しています。とくに大きなデメリットは、カビ菌を放置すると人体に影響を与えてしまうことです。ですので1年に1回は業者に頼んでエアコンクリーニングを行いたいところです。

春や秋はエアコンクリーニングにおすすめ

景色

カジパパ
カジパパ
エアコンの事は季節問わずに気にかけた方がいいんだね!春や秋にエアコンクリーニングをするのはどうなんだろう?
カジメモママ
カジメモ
(ママ)
春と秋にエアコンクリーニングをするのは大賛成よ!繁忙期より春や秋のような閑散期にエアコンクリーニングをした方が予約も取りやすくて割引も効いてメリットが多いのよ。

春や秋はエアコンを夏や冬の間ほど使わないので、エアコンクリーニングをするのにも最適な季節だと言えます。春や秋にエアコンクリーニングをするメリットをお話していきます。

春や秋がエアコンクリーニングに最適な理由

春や秋(閑散期)にエアコンクリーニングするメリットは、やはりクリーニング料金が他の季節に比べて安いのと予約が取りやすいという事でしょう。

繁忙期の季節に比べて割引やクーポンなどが使える業者も多いですし、夏や冬に比べて気候が安定してると言うのも大きなメリットです。

又、業者によって料金交渉がしやすかったりすることもありますので、春や秋にエアコンクリーニングを検討するのであれば一度交渉するのも有りかもしれません。

繁忙期にエアコンクリーニングをオススメしない理由

エアコンクリーニングの依頼をする時は夏は避けるようにしましょう。理由は、繁忙期のため予約が取りづらいことや、閑散期に比べて依頼費用が高くなる事からです。

予約が取りづらいことや費用が高いのももちろんですが、何より最大の理由はクリーニングしている最中にエアコンを使うことができないからです。

冬であれば、毛布にくるまったり衣類を多く羽織ったりなど寒さをしのぐことができますが、近年の夏は、気温が30度以上の真夏日や35度以上の猛暑日が続くことがあります。このような気温の時は、室内であっても熱中症で倒れる人が続出しています。

こういった中でのエアコンクリーニングは大変危険な状況ですから、気候が比較的に安定してる春や秋に必ずエアコンクリーニングをしましょう。

エアコンクリーニングをせずに放置するとどうなる?

エアコンクリーニングを劣ると内部にホコリが溜まり、カビはホコリを栄養としている為、エアコン内部にこびりついてしまいます。放置しているうちにカビが増殖してカビの菌によるアレルギーやアトピーを発症する恐れがあるのです。

又、暖房・冷房機能の低下や故障の原因にもなりますので、エアコンのカビ臭さが気になる場合や、風の強さが弱まっていると感じた時は、早めにエアコンクリーニングを依頼するようにしましょう。

▼地域別でエアコン掃除業者を探すなら▼

【都道府県別】対応エリアで探すエアコンクリーニング業者
全国各都道府県でエアコンクリーニング業者を探す際に、「どこがおすすめなのか」「対応しているエアコンクリーニング業者はどこか」などがわかりやすいように都道府県別で対応しているエアコンクリーニング業者を一覧にしました。

エアコンを使わない季節でもこまめな手入れを

エアコン本体

エアコンは使わない季節でもこまめに手入れをする事でエアコン本体の劣化や故障を防ぐ事が出来ます。

長期間使わない場合は掃除はもちろん、電源プラグを抜いたりカバーするなどしてしっかり対策をする事をオススメします。

春や秋はエアコンを使わないからと言って放置するのではなくて、春や秋だからこそエアコンクリーニングなど行って手入れをする事になってエアコンを本格的に使う季節は快適に過ごせるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました