エアコンを使わない季節でも運転するべき!?春や秋にやっておくこと

エアコンを使わない季節でも運転するべき!?春や秋にやっておくことコラム

春や秋はあまりエアコンを使わない季節ですが、エアコンを使わないからと言ってそのまま放置していたりしませんか?

実は春や秋のエアコンを使わない時期でも、色々と対策をしておく事で、電気代の節約が出来たりエアコンの内部を清潔に保つ事が出来たりと、様々なメリットがあるのです!

今回の記事では春や秋だからこそ出来る対策や、その理由について紹介していきます!

人気のエアコンクリーニング業者
カジタク人気No.1おまかせマイスターおそうじ本舗
\ キャンペーン中 /
※お知らせ※

エアコンクリーニング取材協力画像

【カジメモ】では全国のエアコンクリーニング業者を独自に徹底調査し、実際に様々な業者でサービスを申込んで、クリーニングを体験したり、運営会社に取材を行い、プロの意見を聞いた上で記事を作成しました。

\ 【2022年10月1日更新】 /

エアコンを使わない春や秋は電源プラグを抜いた方がいい?

エアコンを使わない春や秋などの季節は、エアコンの電源プラグをコンセントに入れたままにしている事もあるのではないでしょうか?

まずは、エアコンを長期間使わない季節は電源プラグを抜いた方がいいのかどうかについて解説していきます。

エアコンを長期間使用しない時期は電源プラグを抜く

エアコンは季節によって定期的に使う時期もあれば、全然使わない時期もあると思います。

夏や冬は毎日のように冷暖房を使うと思いますが、春や秋などの長期間使ってない時期に、コンセントに電源プラグをさしたままでいると、電源を入れていなくても待機電力によって電気を使っている状態になってしまいます。

そういった観点から、エアコンを長時間使用しない時は電気代節約のためにも、電源プラグを抜くようにしましょう。

コンセントを抜く

また、長期間エアコンを使わない事で、エアコンの内部にほこりが溜まりやすい状況になります。

これを防ぐには、エアコンカバーをかけることでほこりの侵入を防ぐことが出来るので、ほこり防止の為にエアコンカバーを活用するのがおすすめです!

なお、夏や冬などにエアコンを頻繁に使う時期は、毎回電源プラグを抜く必要はありません。

最近のエアコンの待機電力は僅かで、頻繁にエアコンを使う時期なら待機電力によって増える電気代は微々たるものなので、そこまで気にする必要はないでしょう。

月々にかかるエアコンの電気代に関しては「エアコン掃除で電気代が安くなる?驚異の節約術!」で詳しくまとめているので、ぜひこちらも参考にしてみて下さい!

エアコン掃除で電気代が安くなる?驚異の節約術!
この記事ではエアコン掃除や自分で出来る節電方法で電気代が安くなる方法を紹介しています。エアコンが汚れてると無駄な電気代がかかってしまい、その損失分をなくすことで電気代の節約に繋がります。この記事を参考にエアコン掃除をして頂ければと思います。

使っていなかったエアコンを再度使いたい場合

長期間使ってないエアコンを再度使いたいと思った時、確認したいのは通電状態で放置していたのか、それとも電源プラグを抜いて無通電状態だったのか次第で対応が変わるので、そちらについても解説していきます。

電源プラグを入れて放置していた場合

コンセントに電源プラグをさしたままでも、ブレーカーを切っていれば電源プラグを抜いている状態と同じです。

電源プラグをさしたままにしていれば、スイッチを入れるとすぐにエアコンが使えるように待機電力がかかった状態になっています。その為、電源を入れても室外機のガスは待機電力に合わせて調整されているので、通常通り運転出来ます。

電源プラグを抜いて放置していた場合

電源プラグを抜いている場合は、冷媒ガスが調整されていないので、電源プラグを繋いでからすぐにスイッチを入れてしまうと、コンプレッサーに大きな負荷がかかってしまいます。

長時間電源プラグをを抜いていたエアコンを起動させる時には、電源プラグをさして通電した後にしばらく待機させることが大切です。

目安としては、約5時間以上待機させたほうがいいと言われています。

なお、電気代が節約できる設定温度については「エアコンの電気代節約になる温度!料金の高い温度と安い温度を比較!」で紹介しています。

エアコンの電気代節約になる温度!料金の高い温度と安い温度を比較!
エアコンの電気代って何度だと節約になるんだろう?って疑問に思ったことありませんか?エアコンを使うなら少しでも料金が安い方がいいですよね。この記事では、設定温度に関する疑問と料金の高い温度と安い温度を比較すると同時に節電方法などを解説します。

エアコンの内部を清潔に保つ為に春や秋に行う事

それでは次に、春や秋になる季節の変わり目の時期に行っておく事で、エアコンを清潔に保ち、エアコンを長持ちさせる秘訣を紹介します。

冷房時期の終わりに

冷房を使用していた夏が終わり、そろそろ冷房も必要ないかなと思ったら、エアコンの送風運転を3~4時間行って、エアコンの内部を乾燥させて下さい。

エアコン送風運転

送風運転の機能が無い機種だった場合は、室温が30度以下の時に冷房運転でエアコンの設定温度を31度以上にして3~4時間運転するといいでしょう。

室温がリモコンの設定温度以下の場合は室外機が作動しないため、送風運転と同じ効果を得られます。

内部乾燥のある機種に関しては、約10分間の冷房運転をした後に内部乾燥を行って下さい。

送風に関しての詳しい解説は「エアコンの送風って?使い道や上手な使い方を紹介します!!」の記事をチェックして頂けると、より詳しく使い方やメリットが分かりますよ!

エアコンの送風って?使い道や上手な使い方を紹介します!!
エアコンの送風とはどういう時に使うのか知らない方は多いのではないでしょうか?送風は電気代の節約やカビ予防や換気など、色々な効果を得る事が出来る機能です。また、送風機能が無い場合の対処法や、利用する時の注意点などについても解説しています。

暖房時期の終わりに

暖房の使用時に関しては、夏の時期ほどカビが生えやすい環境ではないので、約10分程の暖房運転を行うだけで構いません。

エアコンの内部を乾燥させた後は、運転停止後に電源プラグを抜くか、ブレーカーを切りましょう。それにより電気代の節約にも繋がります。

また、こまめにフィルター掃除を行う事もおすすめです!

フィルター洗浄

フィルターはエアコンを使用しない時期でも汚れが溜まってしまい、内部にカビも生えやすくなっているので、2週間に1回のペースで定期的にフィルター掃除をする事で、エアコンも清潔に保つ事が出来て長持ちさせる事が出来ます。

エアコンのフィルター掃除の方法は「エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説」で詳しく説明しているので、ぜひこちらを参考にしてみて下さい!

エアコンのフィルター掃除を自分でやる方法を詳しく解説
エアコンのフィルター掃除は意外と簡単に自分でできるものです。ここではエアコンフィルターの掃除を自分でやる方法を分かりやすく解説していきます。フィルター掃除でエアコンの効きが驚くほど改善しますので、掃除が苦手という方も是非挑戦してみて下さい。

春や秋でもエアコン内にカビや汚れが発生してる可能性も

春や秋のように、エアコンを使わない季節でもエアコンの内部にカビや汚れが発生している可能性があります。

カジタク体験談:吹き出し口カビ

春は花粉が汚れの原因になってしまったり、秋には夏の間にエアコン内部に発生した水分が原因で、エアコンの中にカビが発生してしまいます。

エアコンに入り込んだ花粉を放置していると、花粉症が悪化する原因にもなりますし、カビを放置しているとアレルギー性鼻炎、喘息、肺炎などの原因にもなってしまいます。

また、エアコンで花粉症が悪化するという事に関する具体的な情報は、「エアコンは花粉症の原因になる!?真相や対策方法など徹底解説」に記載していますので、特に花粉症に悩んでいる方はこちらをチェックしてみて下さい!

エアコンは花粉症の原因になる!?真相や対策方法など徹底解説
春になると悩まされる花粉症。外出の際の対策もですが、同時に室内のエアコンも花粉対策が必要になってきます。この記事では、エアコンが花粉症悪化の原因になるという噂の真相や、エアコンが吸収した花粉のお手入れ方法などを記事の中で紹介しています。

エアコンクリーニングは春や秋にするのがおすすめ

エアコンを綺麗な状態で保つには、定期的にプロのエアコンクリーニング業者に依頼をしてエアコン掃除を行うのが1番いい方法ですが、春や秋はエアコンクリーニングを行うのに最もおすすめの時期でもあるので、その理由についても解説していきます。

春や秋がエアコンクリーニングに最適な理由

春や秋にエアコンクリーニングを依頼するメリットは、料金が他の季節に比べて安いという事と、閑散期なので予約が取りやすいという事でしょう。

繁忙期の季節に比べて、割引やクーポンなどが使える業者も多く、夏や冬に比べて気候が安定しているというのも大きなメリットです。

また、閑散期の時期は業者によっては料金交渉がしやすかったりすることもああるので、春や秋にエアコンクリーニングを検討するのであれば一度交渉してみるのもおすすめです。

自宅近くのエアコン掃除業者を探したい時には、「【全国都道府県別】エアコンクリーニングでネット予約可能な最寄りの人気店舗を探す」を参考にして貰えれば、お住まいの地域で人気のエアコンクリーニング業者が分かるので、ぜひこちらの記事も参考にして下さい!

【全国都道府県別】エアコンクリーニングでネット予約可能な最寄りの人気店舗を探す
あなたが住んでいる都道府県でエアコンクリーニング業者をネット予約したい時に、「最寄りの店舗でどこがおすすめなのか」「近所で対応しているエアコン掃除業者で人気なのはどこか」を利用者の評判や料金で比較!全国都道府県別に人気店舗が簡単に探せます。

繁忙期にエアコンクリーニングをおすすめしない理由

エアコンクリーニングの依頼をする時は、夏は出来るだけ避けるようにしましょう。

理由としては、夏はエアコンを使う家庭が多く、エアコンクリーニングの予約も増えて繁忙期になるので、予約を取る事が難しく成ったり、閑散期に比べて料金が高くなる事もあります。

そして、エアコンクリーニングを行っている最中はエアコンを使う事が出来ないという事も、夏にエアコンクリーニングをおすすめしない理由です。

ハートクリーニング体験談:エアコン高圧洗浄②

冬であれば毛布や衣類で寒さをしのぐ事が出来ますが、夏は最悪の場合熱中症になって倒れてしまう可能性もあります。

なので、本格的に暑くなったり寒くなる前の春や秋にエアコンクリーニングを行うのが最もおすすめです。

エアコンクリーニングをせずに放置するとどうなる?

エアコンクリーニングをしないままでいると、エアコンの内部にホコリが溜まり、そのホコリを栄養にしてカビがどんどんと増殖して、エアコン内部にこびりついてしまいます。

エアコン掃除を放置しているうちに、カビが増殖して菌によるアレルギーやアトピーを発症する恐れあるのです。

下記の写真の黒い汚水は、カジメモ編集部がエアコンクリーニングを体験した際に出た汚れですが、約1年でもこれだけの汚れが溜まってしまうのです。

エアコンクリーニング体験談:高圧洗浄後の汚れ

もちろん部屋の状況や、エアコンの使用頻度によっても汚れ具合は変わりますが、「エアコン汚れを放置するデメリットは?こんな時はすぐエアコン掃除を」の記事でも紹介している通り、エアコンのカビの汚れを放置する事でいい事は何もありません。

また、エアコンの汚れは暖房や冷房機能の低下や、故障の原因にもなります。

エアコンのカビ臭さが気になる場合や、風の強さが弱まっていると感じた時は、早めにエアコンクリーニングを依頼するようにしましょう。

エアコン汚れを放置するデメリットは?こんな時はすぐエアコン掃除を
エアコンクリーニングをせずに汚れを放置するデメリットを解説しています。特に大きなデメリットは、カビ菌を放置すると人体に影響を与えてしまうことです。ですので1年に1回は業者に頼んでエアコンクリーニングを行いたいところです。
\ 迷ったらココがおすすめ! /

2022年 実績No.1「おそうじ本舗」

おそうじ本舗公式サイト:
https://www.osoujihonpo.com/

おそうじ本舗は他社と比較してもサービスの質・料金・安心感で最もコストパフォーマンスが高いエアコン掃除業者です。

口コミの評価も高く、良いサービスを安く受けたい人にピッタリな業者。

各都道府県に必ず店舗があり、190万人もの人に利用されています。

エアコン洗浄後、菌に効果がありカビを発生しにくくする効果のある他店で数千円することもある「オリジナル防カビ剤仕上げ」無料サービスで他社よりもかなりお得!

エアコン掃除を業者に依頼するなら最もおすすめしたい業者です!

10月は、夏の間に酷使したエアコンのメンテナンスにおすすめの時期!エアコン内部の汚れをリセットする絶好の時期なのですぐにでも予約を行ってエアコンクリーニングを行いましょう!

おそうじ本舗
割引キャンペーン情報
    • エアコンクリーニング:約1年間汚れにくくなる「オリジナル防カビ剤仕上げ」無料サービス!
    • 2022年10月31日まで:縦型洗濯機クリーニング1,100円割引キャンペーン開催中!
    • キャンペーン終了まで、あと25日!お見逃しなく!

下記でキャンペーン詳細やクーポンの使い方について詳しくまとめています。

【2022年10月】おそうじ本舗のお得な割引クーポンやキャンペーン情報
【2022年10月更新】おそうじ本舗では、2022年9月1日~10月31日までの期間限定で縦型洗濯機クリーニングが1,100円割引になるキャンペーン開催中。その他、最新のお得なエアコンクリーニングクーポンコードや店舗チラシ情報も随時更新中!

↑【人気No.1】エアコン掃除業者↑

エアコンを使わない春や秋でもこまめな手入れを

エアコンを使わない季節でもこまめに手入れをすることで、節電や衛生面などのメリットだけではなく、エアコン本体の劣化や故障を防ぐことが出来ます。

長期間使わない場合は掃除の他にも、電源プラグを抜いたりカバーをするなど、しっかり対策する事をおすすめします。

春や秋はエアコンを使わないからと言って放置するのではなく、春や秋だからこそエアコンクリーニングなど手入れをしっかり行うことで、エアコンを本格的に使う季節を迎えた時に快適に過ごせるでしょう。

なお、エアコンクリーニングをどこの業者に依頼するか迷っている場合は、「エアコンクリーニング業者比較!おすすめランキング&割引情報」を参考にすると、厳選されたエアコン掃除業者の中からいい業者を見つけることができますよ!

【2022年10月】エアコン掃除業者比較!おすすめランキング&割引情報
今、エアコンクリーニング業者で最もおすすめなのはどこなのかランキング!全国30社以上のエアコン掃除業者を料金の安さ・評判や口コミ・技術力の信頼度・予約の取りやすさ・割引キャンペーンやクーポン情報を比較しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました